Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

¥ 637の割引 (100%)

(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[奥浩哉]のいぬやしき(1) (イブニングコミックス)
Kindle App Ad

いぬやしき(1) (イブニングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.2 89件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] いぬやしき(イブニングコミックス)の8の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1

紙の本の長さ: 204ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

その男には誰にも言えない秘密がある! 58歳サラリーマン2児の父。希望もなければ人望もない冴えない男。しかしある日を境に男のすべては一変する――。『GANTZ』で漫画表現の極地を切り拓いた奥浩哉がおくる、全く新しい世界がここに!

著者について

奥 浩哉
福岡県出身。1992年より「変 ~鈴木くんと佐藤くん~」を週刊ヤングジャンプにて連載スタート。1996年にはTVドラマ化されるヒットを記録。2000年より同誌にてSFアクション「GANTZ」を連載。マンガの背景にコンピューターを使ったCGを取り入れたりするなど緻密な作画とスリルある壮大な展開で好評を博し、アニメ、ゲーム、実写映画化などさまざまなメディアミックスがなされた。 2014年よりイブニング(講談社)にて「いぬやしき」の連載を開始する。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 65755 KB
  • 紙の本の長さ: 204 ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/5/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00KCL6Y2U
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 89件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
現時点での最新刊の四巻まで買いましたが、自信を持って言えますこれめっちゃ面白いです。
一巻出てスグに買って、すっげー、でもここがピークだろぉ?、と思い続けて気がつけばあっという間の四巻。
最後どうなるのか気になるってのはありますが、現在進行形でこの物語を楽しめないのは、人生損してます!
とか言っちゃいますけど、まあガンツが楽しめた系の方々にはオススメ間違いなしかと。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ガンで死んだ小説家が書いていた人間戦艦と同じような設定だったので一寸新鮮味が無かったのが残念
絵は綺麗です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
スゴイ世界観の作品だ。
主人公の壱郎は会社や家庭から見放され、あらゆるものに怯え、諦めている58歳。
さらに余命三ヶ月の末期がんに冒され絶望するも、地球外生物により機械のカラダとなるが・・・って感じ。

この58歳の壱郎、他人事じゃない。
普通に働いていれば大抵の人はこの壱郎のようになる。
要は、20代・30代半ばは尖っていたが(これすらあんまりいないけど)、会社員として飼いならされいくうちに勘違いして、特段のとりえも無い(組織にいると自分では「ある」と勘違いしている)まま、いつしか50代になってハッとするもフェイドアウトせざるを得ない・・・ってね。

マンガではミラクルが起こるけど、現実はミラクルは無い。
心して人生を歩まなければ!
あ、こういったことはこの作品の序盤に描かれているけど、第1巻の後半からはそれらは描かれないけどね。

話の本筋は巻が進むにつれてすごい方向にいくけど、上に書いていることを感じられただけで満足な一冊だったね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
なかなか面白い。
続きが読みたくなり、まんまと初巻無料にやられました(^_^;)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
寄生獣や亜人みたいな話 展開を想像して、、、、 が想像と少し違った 決して気持ちのいい読み物では無かった。。。。。。
表紙の彼が同行動していくかが 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とある事故をきっかけに冴えない老け顔のおっさんが正義のロボットになってしまう話です。ロボットの絵がうまいなあと思いましたし、悪を冴えないおっさんが倒していく爽快感もなかなか良いですね

前作のガンツに文句をいう自虐ネタがありましたが、もっとやるならとことん自虐しろよと思いました

二巻は多分買わないかな、さほど先が気にならないので。AmazonKindleで半額セールとかやってたら買うかもしれませんが

ちなみに私はガンツ読んだことないです
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読んで真っ先に思った事 → 58歳にもなると、こんな感じなのかなぁ。

俺も似たような年齢に差し掛かってるんだけど、奥さんや子供から相手にされず、
毎日、つまんない人生を生きてるところは、痛く身にしみました。
特に、一人で牛丼食ってるところを、若い人から「何が楽しくて生きてるんだろう」と
言われるあたりは聞いててつらいですわ。(ほっといてやれよ。)
血糖値とか気にして、挙句のはてにガンになるって、一昔前ならこんな主人公
ありえねーって感じ。

この作者、なんでこんなところでリアリティを出すかなーw
このあたりの描写は秀逸すぎて、読んでてつらいっす。

そんな、なんのとりえもない、社会のお荷物みたいな要領の悪い主人公ですが、
圧倒的な力を得ても、いまいちしゃんとしないあたりは、人柄ですね。
ついつい、身の回りの人を助けて奉仕活動に専念してしまうあたりは、ニヤリ。
中年の人のよさがでちゃったんでしょうかね。
それとも、ヒーローにあこがれるお年頃なんでしょうか。

今後、予想される、もう一人との対決は見ものですね。
なにせ、善と悪、若さと老い、攻めの人生と守りの人生、みたいな対照的な2人
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 You and Me 投稿日 2016/1/16
形式: Kindle版
とにかく大人気。とにかく借りられない。
待ちに待ち続けてようやく手にしました。
果たしてその内容は、とても驚きでした。

どこにでもいるような、お父ちゃん。
家族に頭が上がらない。仕事で頭が上がらない。それでも
家族のために仕事して、家族のために我慢している。
そんな親父。とても58歳とは思えない親父。ある日胃がんの
宣告を受けて、犬にすがるしかない親父が、夜中。とある青年が
立つところ。たどり着いて、目にして、そして起こったことは?

勧善懲悪?それとも単なる?
という何となく単純なテーマみたいで、これから結構深遠な
テーマになっていくのかな。
とにかく絵が細かくて、大友さんを思い起こさせるというか
大友さんの親戚かしら?というくらいの書き込み。そしてお話。

100点。
これからもっともっと隠された謎の力が出てくるのかな。
期待です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover