中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いとしのヒナゴン 単行本 – 2004/10/27

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

黒い影、獣のにおい、夜の闇に光る二つの目。謎の類人猿「ヒナゴン」の存在を信じる、元ヤン町長イッちゃんが燃えた。市町村合併問題、町長選をめぐって、ヒナゴン騒動はヒートアップ。一年ぶり、待望の長篇小説。

内容(「MARC」データベースより)

30年ぶりに現れた謎の生物ヒナゴン。役場の類人猿課に配属された信子は、その存在を次第に信じるように…。市町村合併問題、町長選をめぐって、ヒナゴン騒動はヒートアップ!『オール読物』掲載を単行本化。


登録情報

  • 単行本: 461ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2004/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163234004
  • ISBN-13: 978-4163234007
  • 発売日: 2004/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 764,375位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 “ヒナゴン”とは、30年前、広島県の架空の町、比奈町に現れた謎の類人猿のことで、町興しにも利用されるほど地元民に愛されている伝説の珍獣。そのヒナゴンが30年ぶりに現れたという目撃証言で、元ヤンキーの町長イッちゃんが、「類人猿課」を設置。ところがこのヒナゴン伝説をめぐり、市町村合併問題を背景に町長選は泥沼化……。果たして、ヒナゴンは存在するのか?
 物語は、故郷を愛する人達の涙と笑いに溢れた長編人情小説。重松清の長編作品は久々でしたが、期待を裏切らない面白い作品でした。これまでの作品とはやや異質の内容ではあるものの、笑いあり、涙あり、そして人情ありと、田舎町を舞台に素敵な作品に仕上がっています。すでに映画化も決定しているようですが、映画もぜひとも見てみたいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
少年時代に感じていたワクワク感やドキドキ感。そして、大人になって失われていく、そんな感情の揺れをもう一度呼び起こしてくれる一冊でした。イッちゃんの破天荒でいてとてつもない優しさ、いつもイッちゃんに振り回されながらも、心優しいドベ。不器用でもどこか心を許してしまうナバ。他にも沢山の愛すべき人間達が登場します。
もう一度、いや、何度でもふるさとに帰りたくなる一冊です。
都会に疲れている人たち、ふるさとをうっとおしくおもっている人たち。色んな人に栄養を与えてくれるサプリメントですね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 合併はなんのためにするのか。財政が厳しいから、行政の効率化をはからなければならない、このままでは生き残れない・・・。
 理由はことごとくまっとうに聞こえるし、そうなのかも知れない。しかし、そこには町の歴史や伝統、文化であったり、将来の構想などはあまり聞こえてこない。だから一般の住民にとっては所詮どこか冷めている部分もある。
 ヒナゴンという幻の生き物を求めて類人猿課まで立ち上げた町長さんはどこかヘンではちゃめちゃな感じはするけれど、夢を持ちつづけることで、頭の堅いような難しい理屈だけでまとめようとする連中に、はたしてそれだけなのか、という思いを伝えることができたのではないだろうか。
 ラストのヒナゴンが出てくるシーンなどは思わず涙が出そうになるぐらいジーンとした一冊。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どこにでもある小さな田舎町。その風景はおだやかだ。しかし現代は、そういう小さな町が単独で生き残れる状況ではない。合併か?自分の生まれたところの地名が消える・・・。誰もそんなことは望んでいない。しかし、厳しい現実が目の前にある。ヒナゴンは本当にいるのか?いると信じる心を失わない限り、どんな状況にも立ち向かっていける!そんな気がした。人の心のぬくもりが伝わってくるような、とてもいい作品だった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
重松作品のほとんどは片田舎か田舎。都会が舞台でも登場人物は地方出身だ。
かく言う私も田舎出身。イッちゃんみたいなキャラの人は居ないけど、その舞台はとてもリアルな作品だった。
この作品も、過疎とか村おこしとか田舎ゆえのドロドロした関係とか選挙の裏の泥臭さとかいろいろなものが潜んでいるが、そんなことより型破りすぎてもしかしたら広い日本のどこかにいそうな町長を軸にしたコメディとかんがえていいと思う。
暴走気味の町長とそれに振り回される周囲の人々、そこにヒバゴンが絡んできてもうシッチャカメッチャカ。
けどツボはしっかり押さえていて読後感はとても爽やかだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
重松清という人はにくい作家だ。
なぜ、こんなにも微妙な心の綾を突いてくるのだろう。
主人公達を見つめる冷徹さと暖かさのバランスが素晴らしい。
飯を抜いてでも読め!
永倉万治が好きな人ならば、きっとツボです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー