この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

いつすべきか?119番 単行本 – 2009/12/24

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 9,800

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者について

河崎一生 熊本大学医学部卒業 済生会福岡総合病院 救命救急センター所属


登録情報

  • 単行本: 74ページ
  • 出版社: 株式会社ワイズアップ (2009/12/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490389004X
  • ISBN-13: 978-4903890043
  • 発売日: 2009/12/24
  • 商品パッケージの寸法: 28.6 x 22.2 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 444,529位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 現役の救急救命士です。救急車をタクシー代わりとして利用しているとしか思えないような事案があるという旨の報道をよく見受けますが、その理由の一つとして、どんな時に救急車を呼ぶべきなのかといった基準を一般の方々(時には医療従事者でさえ)が持っていないことがあるのではないかと感じます。
 この本は、症状別に一般の方でも十分に理解できるような分かりやすい説明とイラストがあり、すんなりと頭に入る内容になっています。普段昼間に一人で子どもの面倒を見ている方、遠く離れて暮らす高齢の家族から電話で体の調子が悪いことを言われ心配している方、夜中に症状が出たが朝まで様子を見るかどうか迷っている方などなど、これって救急車を呼ぶべき??という心配を解決してくれます。
 また、付録には家の中で常に目のつくところに貼っておけるようにと、本の内容をまとめた症状別一覧表もついており、筆者の優しい心遣いを感じます。
 是非、この本を読んで、みなさんの中に救急車を呼ぶ基準を持ってほしいと思います。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大学病院で働いている医師です。

救急外来で当直をしていると、病院に来るタイミングが分からない方がとても多いように思えます。
軽症なのに不安だからと言ってタクシー代わりに救急車で来る人がいる一方で、早く来院していれば後遺症も残らずに済んだのに「寝ていれば治る」と言って手遅れになって運ばれて来る人もいます。「病院に来るべきタイミングが少しでも分かってくれたら…」と思います。

この本は文字はやや多いですが、病院に来るべき重要な所見をかわいいイラストで教えてくれています。付録の早見表は医師の自分が見ても便利だと思います。一人暮らしの祖母に送ってみました。

この本で一人でも多くの方の命が救われたら…、と願っています。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
先日、姉から母がトイレで倒れていたと聞きました。
その際救急車で運ばれ、ただの貧血だったとの事で一安心しました。
ただ、今後両親、祖父母も年齢を重ねるごとに、こういった事態が多くなると思うと、
ちょっと怖いなあと思います。

そういう時に、たまたまこの本の事をある人から聞きました。
本の要旨としては「重病の予備症状となる軽微な症状を見逃さず適切に救急車を呼ぶ事で、
早期発見により、命を救えたり、重篤にならずに済んだり、病気の回復が望める可能性が高まる」という感じです。

その為の適切な知識を得れる事がこの本の一番のメリットです。

著者は救急医療の医師として現場で働く中で、救急車で運ばれてきて最善の医療処置を尽くしたが
病気の発見が遅く命を落としたり、後遺症を残すというケースをたくさん目の当たりにしているそうです。
逆に早期発見した為に、症状が著しく改善したり、命が救えるケースもあるとのことです。

どうにかしてあげたいという気持ちで最善を尽くすが、どうにもならない現実。またその虚空感。
日々の悔しい想いから社会の為にと、この本を書かれた著者の志に非常に心を打たれました。

保険ではお金はおりるけど命は救
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
119番をするかどうか、そんなことを迷う方も実際にいらっしゃるらしい。
(ちょっとした事でも躊躇なく便利屋程度に掛ける人もいるというのに。お陰でいざという
時に救急車が呼べないこともあるそうだ)
それじゃいけない。本当に必要としている人が助からないなんて、あってはいけない。
この本はいつ119番をコールすべきか、実際の症例を基にまとめらている。
救急車を必要とする人が119番を掛けやすくなる。そんな効果もあるのではないか?
期待するところは大きい。おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントしたら非常に
喜ばれた。すごくおすすめできる本だと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック