¥ 1,080
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いつか伝えられるなら がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いつか伝えられるなら 単行本 – 2017/1/31

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 650
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いつか伝えられるなら
  • +
  • もしも悩みがなかったら
  • +
  • それでも僕は夢を見る
総額: ¥3,419
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



マンガ読みが選ぶ2016年の一推!
「マンガ大賞2017」ノミネート13作品決定!東村アキコ氏『東京タラレバ娘』など 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

100万人が「泣いた! 」
読んだら、たいせつな人に会いたくなる、父と娘の感動物語

『振り子』『それでも僕は夢を見る』の「鉄拳」×「つたえたい、心の手紙」(くらしの友)


娘から亡き父へ――。
いいたくていえなかった言葉。
どうしても伝えたかったひとこと。
あの日を振り返り書いた「一通の手紙」が、パラパラマンガになりました。

亡くなった大切な人への想いを綴った手紙を募集するプロジェクト「つたえたい、心の手紙」(くらしの友・主催)。
その受賞作品が、鉄拳によってパラパラ漫画化されました。
事前に公開された動画は、メディア・クチコミで話題となり、たちまち100万PVを超えました。
見た人からは、「涙腺崩壊! 」「自分と重なりました」「これはヤバい! 」「泣かずにいられない」との声が殺到。

読んだら、かならず大切な人に会いたくなる。
誰もが、自分の人生を振り返る。

実話をもとにした、親と子の、愛の物語です。


全国から絶賛の声、続々!
全国の読者から、先読みの感想が次々と届いています。
「わんわん泣きながら読みました! 」
「泣かずに読めるはずがない」
「親と一緒にいられる今の時間を大切にしなきゃ! 」
「自分の体験と重なって、涙が止められませんでした」
「何度も読みかえしたくなる本」

出版社からのコメント

亡くなった大切な人への想いを綴った手紙を募集するプロジェクト「つたえたい、心の手紙」(くらしの友・主催)。その受賞作品が、あの鉄拳によってパラパラ漫画化されました。主人公は子供の頃から父親の愛情をたっぷり受けて育った、ひとりの女性。大人になってから、結婚・離婚・出産を経験した彼女の傍には、いつも父親の愛がありました。しかし、時は過ぎて、年老いた父は認知症を発症します。
――誰の心にもある「もしもあのとき言えたら…」という想いを見事に描き切った感動作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 184ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2017/1/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797390794
  • ISBN-13: 978-4797390797
  • 発売日: 2017/1/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.1 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,475位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ありがとうはいつも伝えなければならない、そのことを改めて、本当に改めて(あまりにも陳腐に繰り返される言葉だけに)思い出させ、「行動まで」後押しする力がありました(読後、親に電話しました…)。星一つ引いてあるのは、本の内容ではなく、「帯」の「涙腺崩壊!」という表現があまりにも俗っぽく、これを見ると興ざめしたためです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック