通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品【帯あり】。表面と小口にわずかにスレ・キズがありますが、本文は書き込みも無く良好な状態です。ゆうメールまたは、クロネコメール便にて発送いたします(補償はございません)。土日祝祭日は発送できないことがございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件 単行本 – 2016/11/30

5つ星のうち 4.4 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件
  • +
  • ([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)
  • +
  • 聖の青春 (角川文庫)
総額: ¥3,002
ポイントの合計: 42pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

メディア掲載レビューほか

人間の卑劣さと高潔さを徹底して描き出す

2007年8月24日、名古屋市内に在住の31歳の女性会社員、磯谷利恵さんが帰宅途中に男三人に拉致されて殺害され、岐阜県の山中に捨てられるという事件が起きた。犯人の一人が直後に警察に電話をかけて自首し、女性の遺体が発見されたことで事件が発覚した。

後に「名古屋闇サイト殺人事件」と名付けられたこの事件の犯人たちは、犯罪を行う仲間を募集するインターネットサイト「闇の職業安定所」という掲示板を通じて知り合い犯行に及んだ。事件は仲間を募る書き込みをしてから8日後、顔を合わせてから3日後に起こった。

事件があまりにも残虐で無計画なものだっただけに、マスコミは大きく報道した。「闇サイト」の存在が明るみに出た頃で注目度も大きかった。実際、私もこの事件はよく覚えている。顔も見たことがない、縁もゆかりもない男たちが、金品強奪の目的のため一人で歩いている若い女性をターゲットにした、という恐怖と怒り。屈強の男三人にかかったら、女一人を誘拐するのにわずか1、2分しかかからないのだ。

幼いころに父親を亡くし、母一人子一人で生きてきた31歳の女性の一生を、著者の大崎善生は丁寧に書きとっていく。高校時代、母が教師に「どうやったら、あんな素晴らしい娘さんに育つのですか?」と問われるほどの娘について、母は丹念に語る。大崎は平易な言葉で淡々と綴っていく。事実は事実として、母の思いは思いとして。伯母、恋人、趣味の囲碁の仲間、高校時代の親友たちが見た利恵さんは普通の女性だ。そんな人が殺されたことを受け入れられなかっただろう。その上、一人を殺しただけでは死刑判決が出ないという事実も彼らを驚かせる。司法とはそういうものだと言えるのは、当事者ではないからだ。

40回もハンマーで殴られながら最後まで生きることを望み、犯人を説得しようとした利恵さん。だが最後の最後、命を諦めてもある物を守り抜き、一つの謎を残した。解いたのは5歳年下の恋人だ。彼に託した思いは報われた。

嗚咽をこらえ読むのを止め、何度窓から外を見たことだろう。なぜ何の罪もない女性が嬲り殺しにあったのか、どうしてこの女性は最後まで生きることを諦めなかったのか。人間とはどこまで卑劣で凶悪になれるのか。逆にどこまで気高くプライド高く戦うことができるのか。本書は余すことなく描いていく。私たちは、この事件をきちんと記憶しておかなければならない。それが磯谷利恵という女性が生きた証なのだから。

評者:東 えりか

(週刊文春 2017.01.23掲載)

いつかの夏―名古屋闇サイト殺人事件 [著]大崎善生

2007年夏にインターネット上で見知らぬ男3人が知り合い、31歳の女性を無計画に拉致し、命を奪った「名古屋闇サイト殺人事件」。

事件について加害者の視点から書かれたものはあったが、本書は被害者の視点から問い直す。鉄のハンマーで40回も顔面や頭部を殴られながら、必死に生きようとした彼女は何を思ったのか。刃物を突きつけられながら、キャッシュカードの暗証番号を吐かない強さをなぜ持てたのか。彼女の生い立ちから丹念に追うことで、死の恐怖に晒されながらも、自分を貫き、犯人に必死に抵抗し続けた理由が理解できてくる。

被害者視点に立つことで見えてくるものもある。マスコミは無神経な報道に終始し、裁判では永山基準が重くのしかかる。被害者に事件の終わりがないことを本書は改めて突きつける。

評者:栗下直也

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

小説家、ノンフィクション作家の顔を持つ著者でなければ書けなかった真実

「闇サイト」で集まった凶漢三人の犯行により命を落とした一人の女性がいた。彼女はなぜ殺されなくてはならなかったのか。そして何を残したのか。被害女性の生涯に寄り添いながら、事件に迫る長編ノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 376ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041025222
  • ISBN-13: 978-4041025222
  • 発売日: 2016/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 20 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,891位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
私は、数日前に書店で平積みされている本書を購入していた。
本書のタイトルである、「名古屋闇サイト殺人事件」にも記憶があったからである。
しかし、その後、他の本を読んでいたため、その間、本書は、私の通勤鞄に入れっぱなしになっていた。
それから、昨日、通勤の電車の中で読み始めた。私は、読み始めて、たちまち、魅了され、勤務が終わると、続きを読み始めた。そして、その晩遅くまでかかったが、全部読み終えてしまった。
それだけ、この母娘の物語には引き寄せられたのである。
とにかく、利恵さんの保育園時代、小学校時代の描写は、正に小さい利恵さんがそのまま此処にいるかのような錯覚におそわれたほどである。
読後は、理不尽な事件に巻き込まれた母娘の不憫さも感じられたが、利恵さんが加害者に命乞いをしたとマスコミに報じられた殺害前の言葉が、そうではなく、
母親を一人だけにして死ぬことばできない、という彼女の精一杯の抵抗だったのだろう、という。
何と強い女性だろうと、感嘆した。
最後に、利恵さんの死後、母親の冨美子さんは、加害者3人に極刑を求める署名活動を始める。その署名活動も、33万人の署名を集めることが出来たが、死刑判決が出たのは、1名だけに過ぎなかった。まだ、あの永山基準が生きていたのである。この母娘の物語を共有して
...続きを読む ›
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
犯罪者の生い立ちや半生を中心に展開しているノンフィクションが
普通だと思うが、この書はそれとは正反対に被害者の方の半生を
詳細に丁寧に追ったもので、命がどれ程大事で掛替えのない
一回だけのものか考えさせられます。
それにしてもこの女性を殺めた奴らが許せない。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2007年に名古屋市で発生したこの「闇サイト殺人事件」は、私自身愛知県民である上に、東海地方どころか日本全国に衝撃を与えた凶悪事件であるだけに、事件から10年になる今年になってもよく覚えている。
被害者・磯谷利恵さんの母・富美子さんは事件で娘さんを亡くして以来、犯人3名(神田司元死刑囚〈2015年に死刑執行〉・堀慶末被告〈無期懲役確定後、別事件で一・二審死刑判決、上告中〉・川岸健治受刑者〈無期懲役確定〉)全員への死刑適用を求めるだけでなく、現在もなお各地で公演活動を行うなどして犯罪被害者・遺族の権利確立を求め続ける精力的な活動をしておられる。光市母子殺害事件の遺族本村洋さんらが「あすの会」(全国犯罪被害者の会)を設立されてから20年近くがたつが、現在もなお愛する人を失われた方々が身を粉にしてまでこのような活動をせねばならないような状況であることから、未だに「犯罪被害者の権利確立」という「あすの会」の目標は達成されていないということなのか…そうだとすれば実に嘆かわしいことだ。
命を奪われることとなってもなお犯人たちに嘘の暗証番号を教えてまで、富美子さんの夢であったマイホーム資金を守ろうとした利恵さんの気高さに感銘したし、同時にこの卑劣な犯罪を犯しておきながら真の反省が見られない者たちへの憤りを改めて強く感じた。

さて、本事件の裁判は2009年
...続きを読む ›
1 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2007年の夏、闇サイトで知り合った3人の男が、
当時31歳の女性を「なぶり殺す」という事件が起きた。
一人殺害の場合は無期懲役が一般的だが、あまりのひどさに死刑判決が出た。

本書は、被害者・磯谷利恵さんの31年の人生を丹念に追ったノンフィクションである。
40回もハンマーで殴られながら、それでも生きようとしただけでなく、
最後の力を振り絞って犯人たちに罠を仕掛ける――。

幼いころに父親を亡くし、母一人子一人で生きてきた31歳の女性の一生を
著者は丹念にていねいに拾い上げてゆく。
彼女が最後に取った勇敢な行動は、この「生育歴」にもあっただろう。
母親との関係も丹念に取材されている。

普通の女性の勇気ある行動に、読みながら何度も涙した。
こういうノンフィクションはめったにない。
「泣かせ」のあざとさも全く感じない。
彼女が最期に残した暗号の謎が解かれるあたりは、本書の白眉。
かつ、驚きと彼女に対する尊敬の念さえ抱いた。
もっともこの暗号の意味は、確証ではないのだが……。

悲惨な事件を描いたノンフィクションにもかかわらず、
なぜか「勇気」のようなものをもらえた気がしたのは私だけだろうか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー