Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 823

¥ 205の割引 (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[みすこそ]のいつか、菜の花畑で~東日本大震災を忘れない~ (扶桑社コミックス)
Kindle App Ad

いつか、菜の花畑で~東日本大震災を忘れない~ (扶桑社コミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 823
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,028 ¥ 1

紙の本の長さ: 158ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介



●ツイッターで広まり、日本中が落涙したマンガが一冊に!
●3・11震災報道をもとに描かれた、喪失と再生の物語


震災報道に心を痛めた著者が、被災者一人ひとりに思いをはせて、
彼らの人生の物語をマンガに描きとめました。
ブログで公開するや、ツイッターでまたたくまに評判が広がり、
3万人が涙した作品が、電子書籍になりました。
(英訳版「Field of Cole」は海外のキンドルでも発売中です)


タイトルの「いつか、菜の花畑で」は、著者が被災地へ
ボランティアへ行った際の体験がもとになっています。


震災から2年、今後ますます支援が必要となるなかで、
私たちがせめてできることは、
「被災者のことをわすれない」ことかもしれません。




●著者・みすこそより――
「震災発生後、あまりに悲しいニュースが雪崩のように入ってきましたが、
それらの記事をもとに、何か伝えなければいけないと思うようになりました。
震災で亡くなった人、行方不明の人、2万に届くかという数ですが、
その犠牲者一人ひとりが私たちと同様に人生の物語を持ち、亡くなる瞬間、
引き裂かれんばかりの願いを天に託したのだと思います。
このマンガを通じて、一人でも多くの方が、
震災のことを心に残してくれたらいいなと思います」


※本書の印税は被災地へ寄付されます。

内容(「BOOK」データベースより)

ツイッターで広まるや日本中が落涙。ネットで大反響を呼んだ3・11マンガ。震災報道をもとに描いた、喪失と再生の物語。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 25495 KB
  • 紙の本の長さ: 1 ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2011/9/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BP1YD24
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 絵本が好き☆ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/10/2
形式: 単行本 Amazonで購入
マンガの出来はよくはないですよね。マンガとしては、素人さんが、それもそんなに丁寧に描いてるようには見えなかったです。むしろかなりラフな下書きっぽいマンガです。
だからちょっと何を描いてあるのか、よくわからないコマも結構あります。

でも、読者を引き込む魅力があると思います。

この中に描かれたエピソードは、作者が見聞したことを素にした『フィクション』だと書かれています。だから、私もニュースで見て「あの後どうなったのかな」と思った人のこと(多分)も描かれていたりします。

けれども、これはフィクションなんですよね。作者がご自身のブログで描いていたマンガが本になった訳だから、取材までされてないのは仕方ないとしても、「ノンフィクションじゃないんだ…」とかなり残念に思いました。エピソードのご本人には、今回出版されるに当たって了承は取られたのでしょうか。

身体が自力で動かせない病人のおじいさんが、若い看護婦さんに自分は良いからあなただけ逃げなさいと言ったストーリー、やっぱり普通そうじゃないかな〜と思いました。自分のせいで誰かが死ぬなんて、嫌ですものね。でも、おじいさんから手を放してしまった自分を責めている看護婦さん。彼女の気持ちもわかります。今回の地震では、こんな葛藤に今も苦しんでいる方がたくさんいら
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
一つ一つのエピソードが、短いながらも心に残る話ばかりで、マンガという形態も、読者の年齢を問わない本です。印税が全て寄付されるため、間接的に被災地の支援をしたいと思っている方にもオススメです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ritzbubu 投稿日 2011/10/25
形式: 単行本 Amazonで購入
本当に忘れちゃいけないなって思って、姪っ子にも送りました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 私自身、津波が来た被災地には行ったことがある。跡形も無くなっている家々と残された基礎の部分、大量のゴミを見て、津波のすさまじさを感じた。そこには、それぞれの生活があったはずで、それがなくなったかと思うと、ひどく塞ぎ込んだ気持ちにもなった。 
 
 しかし、それはあくまで私が想像していただけ。今回この本を読ませてもらい、そのすさまじさと普段の日常、そしてそれが無くなる怖さ、つらさを感じた。ぜひ福島などの被災地をみることと併せて本でいただきたい本。

 絵自体がきれいなわけではないが、日常生活の描写は本当に普段のもので、イメージできる内容で、感情移入が出来るもの。欲を言えば、ストーリーをもう少し増やしてもらえると良かった。

 この本を読んで「今自分には何が出来るのか」、そう考えさせられた本でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 この本には、東日本大震災の際、実際にあった事柄をモチーフとした短編マンガが九編とコラムが一編、収められています。

 孫を守ろうと抱きかかえたまま、亡くなったおばあちゃん。
 生前の母に対する態度を悔いる母子家庭の娘。
 飼い主であったおじいさんを喪った犬のタロ。
 職業的使命に従うよりも身の安全を考えてしまったがゆえに、患者を守れなかったことに苦しむナース。
 頼りないと思われていたが、住民の多くを救って殉職した警察官。
 放射能による高濃度汚染地区からの退去命令に従わない老夫婦。
 被災者が家族の死を受容してふたたび立ち上がるまでを見届けた自衛隊員。
 川縁の瓦礫の山を片付け、まわりを菜の花で一杯にしたおじさん。
 その後、コラムとして、作者自身のボランティア体験記が挟まれ、最後に「再生」と題する一編があります。

 柳田邦男さんは、死には「一人称の死」「二人称の死」「三人称の死」があるといわれました。一人称の死は、自らの死。二人称の死は、家族や親しい友人など、自分の生活の一部を形づくっていた人の死。そして、第三者の死。
 しかし、東日本大震災で亡くなられた人の数を思うと、もうひとつ、統計的な死、というようなカテゴリーを付け加えなくてはならない気が
...続きを読む ›
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まさる 投稿日 2013/10/15
形式: 単行本 Amazonで購入
初めて読んだときは、胸が詰まって、二話づつ読むのがやっとでしたが、時々かみしめながら読んでいます。
悲しい話ですが、かわいいタッチの絵で、子どもでも読みやすく、
小学生やその父兄の方たちも
涙ながらに、改めて、被災された人たちのことを思い出してくれたそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover