通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いっとかなあかん店 大阪 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 すみごん書房
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ◆帯付き◆表紙にホンの少しイタミありますが、他は新品同様に非常に状態が良好です。◆店頭販売商品です。売り切れの際は全額返金します。◆◆金、土、日、祝日でのお買い求めいただきました際、発送に4、5日いただく場合がございます。予めご了承いただけますよう,よろしくお願い致します。◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

いっとかなあかん店 大阪 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/7

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/3/7
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,299

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

飲み食い世界一の大阪、ど真ん中の店と街・厳選67話。焼肉、ホルモン、てっちり、串カツ、おでん、肉吸い、きつねうどん。鮨に箱寿司、鰻に鯨、洋食、いか焼き、お好み焼き。昼は喫茶店でコーヒー、ドーナツ、夜は居酒屋、燗酒にアテ、その後バーでカクテルを。飲み食い大阪のライブ感あふれる、街の達人によるエッセイ・ガイドです。

出版社からのコメント

表紙、本文イラストはあの長友啓典。さあ、あなたも大阪の店へ、いっとかなあかん。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 140B (2017/3/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4903993272
  • ISBN-13: 978-4903993270
  • 発売日: 2017/3/7
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,779位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

大手出版社から発刊されるカタログチックなグルメ本や、自称グルメが綴るブログの数々は、
「情報」として多少の役には立つものの、得てして読む味わいに欠ける。

その多くが料理を「コスパで評価」しているからだ。

コスパだけを問うならば、大手外食産業がメニューを絞れば上がるに決まっている。

だが、当然のことながら、コスパが高いイコールうまいではないし、
ましてや店の居心地をコスパで測れるわけもない。

著者の江氏が問い、語っているのは「その店で過ごすことの心地よさ」だ。

内装や食器、店主の薀蓄はもちろん、扉の軋みや扇風機の羽音までをも
ひっくるめて、どう味わうか、がこの本の主題である。

ゆえにタイトルは、「グルメ」でも「食べ歩き」でもなく「店」なのだ。

著者のこの姿勢は一貫している。

雑誌・大阪人に「ちゃんとした大阪うまいもんの店」という増刊があった。

江氏とハナコウエスト編集長だった吉村司氏の共著という、
川藤幸三と藤田平が両打席に並び立っているような風情の冊子なのだが、
私の知る限り、この種のガイドとしては最強の一冊であり、ここでも徹底して「店」
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告