通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 むさし書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは、概ね良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●付属品(付録・初回特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。●商品管理シールを貼らせていただきますが、簡単に剥がせますので商品を傷めることはありません。●中古品になりますので経年劣化・使用感のある場合がございます。読むにあたって支障はございませんが、ご了承の上お買い求め下さい。●その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。●商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。ご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス) ハードカバー – 2010/8/31

5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 549

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)
  • +
  • あなたを選んでくれるもの (新潮クレスト・ブックス)
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

Japanese edition of Miranda July's No One Belongs Here More Than You: Stories. 16 short stories of the emotions and urges sparked by human connects or disconnects, delving into the world of sexual desire, both real and fantasy. In Japanese. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

水が一滴もない土地で、老人たちに洗面器一つで水泳を教えようとする娘(「水泳チーム」)。英国のウィリアム王子をめぐる妄想で頭がはちきれそうな中年女(「マジェスティ」)。会ったこともない友人の妹に、本気で恋焦がれる老人(「妹」)―。孤独な魂たちが束の間放つ生の火花を、切なく鮮やかに写し取る、16の物語。カンヌ映画祭で新人賞を受賞した女性監督による、初めての小説集。フランク・オコナー国際短篇賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 282ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105900854
  • ISBN-13: 978-4105900854
  • 発売日: 2010/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 160,471位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー Amazonで購入
映像作家の作品らしく文面からその情景が立ち上ってくる。人は他人をわかり得ないという孤独感がどの作品にも共通している。深く愛し信頼したいという願いも時間がたつと幻想だったかも知れないと思い始め、消えてゆく。悲しいだけの作品かと思うとそうではない。時々
プッーと吹き出すユーモアがある。そうなのよ、そうなのよ本当に、と納得させられる。面白かった。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
日常的な孤独が深く、奇妙な行動に走ってしまう人々を描いた16の短編集。

泣けるような話しは一つもなかった。むしろ、文体にユーモアがあるため、笑える場面が多くある。

中でも、英国のウィリアム王子を妄想の中で恋人にしてしまう女性の話しや、寝室の外階段に深夜男が侵入している気配を感じ、恐怖して

いる女性を描いた短編は、かなりの傑作だと思う。

一文一文がとても短くテンポが良いので、すらすら読める。

また、人物の行動や思考の描写も的確で、展開が早いため、ミステリーのように物語に引き込まれていく。反面、読み終わった途端、読

んだ短編の具体的な内容やセリフなど、頭から消えてしまう。忘れた部分をもう一度読みたいと、繰り返し読んでみたが、また忘れてまた

読んでみたいと思った。この本は手元に置いて、ふと孤独を感じた時に読みたいと思う。この著者の新作が出たら、絶対に買いたい。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
ベッドで読む本が切れそうになると、新潮クレストブックスを当たってみることにしている。
タイトルに惹かれて、本を取寄せた。ミランダ・ジュライの名も知らなかったし、書評も読まなかった。結果、真夜中過ぎまで、ぶっ通しに読み続けてしまった。何度も吹き出し、何度も同じ行を味わい、一話ごとにため息が出た。

海も川も湖もない土地で、若い女性が3人の老人に、なんと水を張った洗面器で水泳を教える「水泳チーム」
妹を紹介するという言葉にすがりついた挙句、わけがわからないままにホモセクシュアルな関係を持ってしまう「妹」
レーザー治療で消えたはずのアザが戻ってくる「あざ」など、とてつもなく奇妙でありながら、奇妙にありふれている16の短編。ありふれているというのは、リアルを通り越してリアルだから、とでもいえばいいだろうか。

たとえば、レズビアンともいえない、でも、語り手は友人に恋している「何も必要としない何か」の以下の表現ーー二人で初めてお酒を飲んで酔っ払い、九分間ほど何でもありの気分になって、キスをしたーー。うんうん、わかるわかる。九分間なのよね。あと一分あったら、そうはならなかったのよねと、ニヤニヤしてしまう。もっというなら、「九分間ほど」というのがにくい。ほど、なんです。
それから、半分だけ鼻をかんで、外に出てから思い
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 maya 投稿日 2012/11/7
形式: ハードカバー Amazonで購入
いわゆるイタイと呼ばれる人々の物語。都会の片隅で生きる彼らは、純粋で、不器用で、愛を求めながらも、自ら自滅してしまうような人たち。作者はそんな今まで小説に書かれてこなかったような人を、鮮やかに描きだして見せている。ヒーローのような人に飽きた現代人にお勧めの一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
16話よりなる短編集。1番短い作品は2ページしかありません。
ほとんどの作品に孤独な人が出てくるのですが、その孤独さは特殊な
状況のものではなく、日常の孤独について描かれています。
ストーリーがある作品もありますが、スケッチ的な作品も多いです。

誰かと一緒にいたいのにいられない。
誰かと一緒にいるのにすれ違ってしまう。

妄想したり、何かをしてみたり、過去を思ったりして、
寄り添いたいと思うのに、ゲンジツが戻ってきます。

こんな孤独は私も抱えている。そう思えるところが多いです。
他人事ではなくて、読んでいてぎゅっと胸が痛くなったりもします。

それでも、この作品集が魅力的なのは、ユーモアを持って描かれて
いるから。そして、諦めたり無気力になったりするのではなくて、ずっと
「寄り添いたい」という気持ちが感じられるから。

「水泳チーム」「妹」「何も必要としない何か」「モン・プレジール」
「あざ」が特に心に残りました。

次の作品が今からとても楽しみです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー