¥ 761
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
いちご物語 (白泉社文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

いちご物語 (白泉社文庫) 文庫 – 1997/9

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 761
¥ 761 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いちご物語 (白泉社文庫)
  • +
  • ダリアの帯 (白泉社文庫)
  • +
  • バナナブレッドのプディング (白泉社文庫)
総額: ¥2,181
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

★★★大島弓子作品8作品11冊セット!!★★★「綿の国星」全4巻と「いちご白書」「さようなら女達」「サバの夏が来た」「サバの秋の夜長」「バナナブレッドのプディング」「なずなよ なずな」「ロングロングケーキ」の11冊です。一部の本に裏表紙カバーに値札の糊跡があるためコンディションを「可」にしておりますが、それ以外は表紙カバーは綺麗で中身には書き込み・汚れ・折れ跡などはチェックした限りではありません。あくまで一度市場に出た品ということを御理解され、以上の条件で可という方のみ、御購入ください。


登録情報

  • 文庫: 423ページ
  • 出版社: 白泉社 (1997/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592883551
  • ISBN-13: 978-4592883555
  • 発売日: 1997/09
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 121,570位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
超有名な「綿の国星」と並んでかそれ以上に、この作品や「F式蘭丸」には大島弓子さんの世界が濃密にちりばめられているように感じます。
(今となっては主人公に対する気持ちが子供に対する愛情にしか思えず、恋愛感情に変化していく描写には感情移入できなくなってしまいましたが…年を取ったんだね。)
大島さん的な描写は一時期大量に引用され模倣され消費されまくっていた感があります。そのせいか作品を読み返そうと思ったのは十数年ぶりですが、こんなに細かい絵だったんでしょうか。目をこすってしまいました。大きい版があれば是非手元に置いておきたいものです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
生まれ育ったラップランドからかつて一度会っただけの旅人、林太郎のお嫁さんになる為に
はるばる日本までたった一人でやってきた少女、「いちご」の物語。
砂糖菓子のように愛らしい少女、いちごのひたむきで純粋無垢な心に誰もが魅了されるでしょう。

ラストは何度読んでも本泣きしてしまいます。
読み終えた後は林太郎よろしく、「ネイ!」だの「タック」だの、
聞いたはずのない、幼さの残るいちごの声が耳にこだまするような気がします。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
純粋すぎる少女いちごの一生懸命な恋と儚い命の物語。思いきり泣きたい時に読んで下さい。でも悲しみだけじゃない、泣いた後心が清らかになります。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック