通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
いちご同盟 (集英社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 明記されていない場合は帯・付録・付属品などはございません。在庫が無い場合や、不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。ご注文確認後エコ簡易梱包にて迅速に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

いちご同盟 (集英社文庫) 文庫 – 1991/10/18

5つ星のうち 4.6 63件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 78
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いちご同盟 (集英社文庫)
  • +
  • アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
総額: ¥1,350
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

高校受験と自分の将来に悩み、死さえ考えた良一。野球部のエース徹也を通じて、不治の病の少女・直美と出会い、生きる勇気を知った。15歳の少年が見つめる愛と友情と死…。(解説・田中雅美)

※商品のカバーが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

内容(「BOOK」データベースより)

中学三年生の良一は、同級生の野球部のエース・徹也を通じて、重症の腫瘍で入院中の少女・直美を知る。徹也は対抗試合に全力を尽くして直美を力づけ、良一もよい話し相手になって彼女を慰める。ある日、直美が突然良一に言った。「あたしと、心中しない?」ガラス細工のように繊細な少年の日の恋愛と友情、生と死をリリカルに描いた長篇。


登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 集英社 (1991/10/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087497577
  • ISBN-13: 978-4087497571
  • 発売日: 1991/10/18
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,773位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 私はこの本を中3の時、兄の薦めで読んだのですが、この時受けた衝撃を今でも忘れられません。ラストの父の話の所を読んでいると、突然視界がぼやけて文字が読めなくなったのです、何が起こったのか分からないくらい涙が滴り落ちていたのです・・まさか自分が本でここまで泣くとは思いもしなかったのです。 私はそれまで小説をほとんど読んだことなく、本に多少偏見を持っていたのですが、この本を読んで180度考えが変わりました。本は人の心を豊かにし、本を読んでいる間はその本の主人公になり、普段体験できない事も読んでいる間実現可能なのです。 私は本当にこの本が気に入り高校に行っても、友人に薦めたのですが、 『今では共感できない。中学生の時読みたかった・・』と言われたのを今でも覚えています。 私はすごくショックでした。 その時、本は読む時期が凄く大切であると実感しました。 ですから、今中学生の皆様、どうか15歳までにできれば読んでいただけば幸いでございます。 それ以上の歳になっても楽しめますが、特に中3の時読めば、一生大切にしたい本になると思います
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 伽羅 投稿日 2016/5/10
形式: 文庫 Amazonで購入
学生時代のセンチメンタル的、お涙頂戴な小説かな?と甘く見ていました。徹也の中学野球実況中継(⁉)も、高校野球ならなぁと…思いました。良一の進路への迷い、は、首都圏は、厳しいねぇ…と。私立エスカレーター等、私の故郷にはありませんでしたから。高校は県立の進学校ですが、そこでの悩みや、子供なのに、凄まじいプライドと将来の俯瞰には驚きましたけど。(あたくしは、夢は、無かった。)ただ、何故生きる?みたいなのは確かに強く強くありました。
…むりをして生きていても
どうせみんな
死んでしまうんだ
ばかやろう
…と、投身自殺した子供の気持ちは、判ります。病気に就いても… 死にかけて生きてきたのが1歳からなので。今も私自身、身体は弱いです。
直美の様に男子二人に愛されるなんてやっぱり小説だぁなぁ。えぇなぁ~。
でも、その、生きる為に、歯を食い縛るなにかとは、一体何なのか⁉
人間は、生まれた時から死へのカウントダウンが始まるだけぢゃないかと思っています。
でも、やだなぁ死にたくないよ。
なんか良いことあるんぢゃないの⁉
と生きてきました。良いこと…
それは、自分で感じなければ何も意味がない。
中学生達の悶え苦しむ姿を遠い気持ちで、且つ冷めた気持ちで読み進めました。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 古野 耀介 投稿日 2015/5/7
形式: 文庫 Amazonで購入
私はアニメの『四月と君の嘘』の中でこの本が出てきたのがきっかけで購入してみました。
本自体はかなり薄くて休日に読めば自分のように読書慣れしていない人でもすぐに読み終わる事ができます。
中身としても少女マンガや昼ドラのような胸糞悪い展開が無くてとても自分好みの綺麗な印象でした。
もし、自分と同じように『四月と君の嘘』を見てこの本が気になったなら絶対に買って後悔はしません。
読書が苦手の人もそうでない人も楽しめるいい作品だと思いました
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
多感な中学生というシチュエーション。大人の身勝手やエロなど吹き飛んでしまう切なさ。

これをインスピレーションにした「君嘘」とぜひペアで補完して読んでください。

今話題の「君の膵臓をたべたい」は更にこれらからインスピレーションを受けたと言って良いでしょう。
オリンピックのロゴがパクリだコピーだという不愉快さはさておいてw、似たもの同士の話でその違いや秀逸な点を話題する方が楽しい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
かわいらしいタイトルですが内容は重ため。最初から最後まで明るい部分はないのでタイトルのイメージに惹かれて手に取ると面食らうかもしれません。
いわゆる青春小説ですが、淡々としすぎていて起伏に欠ける作品が多いこのジャンルの中で、本作はなかなか読ませてくれる骨太な内容でした。
平凡ながら漠然とした疎外感を感じて日々を鬱々と過ごす主人公、才能に溢れる野球少年、重い病を抱えて入院中の少女、この三人をメインにして話は進行していきますが、脇役の使い方がうまく人物の関係性がすんなり頭に入ってくるのが好印象。
読みながら「ああ、こういうことあったなぁ」と自分が主人公たちと同じ年齢だった時のことを思い出しました。大人でも子供でもない多感な時期を過ごす主人公たちの繊細な心情、その描写が上手い。
導入部分の文章はやや取っつきにくかったもの中盤からは気にならなくなりました。
恋愛描写はちょっと唐突感があったかな…。いっそ恋愛描写が全然なかった方が個人的には好印象だったかも。恋愛の点については最後まで共感できず馴染めなかったのでその分☆は下げてます。
しかし青春小説というカテゴリの中では良質な部類に入ると思ったため差し引きして☆3。
主人公たちと同じ年齢である十五歳の時に読んでいたらまた違った感想を持ったかもしれません。中学生の危うく繊細な心情を楽しみたい方におすすめ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック