通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モー... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC) コミック – 2014/4/23

5つ星のうち 4.3 146件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)
  • +
  • いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(2) (モーニング KC)
  • +
  • いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(3) (モーニング KC)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 139pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

『いちえふ』第1話をためし読み
※PDFでの閲覧となり、ダウンロードにお時間がかかります。

内容紹介

福島第一原発作業員が描く渾身の原発ルポルタージュ漫画!

「いちえふ(=1F)」とは福島第一原子力発電所の通称。「F」は福島。「1」は第一。
現場の作業員や地元住人は「フクイチ」ではなく「いちえふ」と呼ぶ──。

新人賞MANGA OPENの大賞受賞作として「モーニング」に掲載されるやいなや読者、国内外のメディアからのすさまじい反響を呼んだ話題作がついに単行本化!
ここに描かれるのは「フクシマの真実」ではなく、作者がその目で見てきた「福島の現実」だ。

「メディアが報じない福島第一原発とそこで働く作業員の日常」、そして「この先何十年かかるともしれない廃炉作業の現実」を、あくまでも作業員の立場から描写。「この職場を福島の大地から消し去るその日まで」働き続ける作業員たちの日々を記録した、いま日本に暮らすすべての人たちに一度は読んでみてもらいたい「労働記」です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063883183
  • ISBN-13: 978-4063883183
  • 発売日: 2014/4/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 146件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 東京電力福島第一原子力発電所については、様々な「都市伝説」が現在も流布しているが、現場の作業員として「いちえふ」に身を置き、そこで体験し観察した現場のの現実、放射線防護の現実を、マンガと言う手段で描きつづけている竜田一人氏の第一作です。
 政権が交代しようが、大臣が何人変わろうが、東京電力の社内体制がどのように変わろうが、休むことなく続く福島第一原発で行われる現場の様々な作業とそこにある経済構造の現実を、リアルなタッチで描き、人の現実、現場の人の業を描こうとする竜田一人氏の姿勢が、読む者を離しません。
 長年、東京電力の関連会社の現場で働く福島県浜通り地方の親父たちの覚悟とあきらめ、興味本位や経済的理由で「いちえふ」にたどり着く男たち、大きな金額の動く現場に食い込もうと目論みジタバタする中小の経営者、男たちが吸い寄せられた「いちえふ」の現場の物語です。
 今後数十年に及ぶであろう廃炉へは、更に困難な作業の連続とそれを担う現場作業員の汗が積み重ねられるものと思う。
 竜田一人氏が体験した現場を更に描きつづけ、竜田一人氏に続く者が現場から出現し続けることを願う。
コメント 124人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
自分は福島県民です
初めてこの作品を読んだ時、良く言ってくれた!良く描いてくれた!と痛快な気分でした
現場で働く人間、現地民しか分からない事があります
作中でも語られていますが、一部のマスコミや市民団体が騒いでいる事と、現地で起こっている事がかけ離れている事を良く言ってくれた!と拍手したい
この作品は帯にもあるように”福島の真実を暴く”ではなく実際に見てきた”福島の現実”を、原発で働く労働者の目線で細やかな描写とともに話が進んでいく

脱原発派・原発推進派・政治家やら思想家やらの勝手な主張にウンザリさせられた福島民が、私を含めてどれだけいるか…
そんな「思想」に染まらず、ありのままの「現場」を描いてくれた事に感謝している
「現場になんか滅多に来ねぇで勝手な注文ばっかしやがって」そんな不満を漏らしながらも休憩の時は笑いながら和む作業員の方々
原発内の日常の細やかなやりとり
そして何より、時折福島弁で語られるセリフや自分たちが親しんできた町並みが背景に出ると郷愁を誘う

原発の廃炉は不可能だ、無理だ、収束などしていないと騒ぐ人たちがいるが、作中のこの言葉が胸に深く響いた
「”フクシマの事故は収束していません”ああその通りだよ。だから俺たちは今日もこうしてここ
...続きを読む ›
コメント 293人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
こういうのをずっと待ってました。「描ける」ひとがいってくれてよかった。事実を淡々と述べるほうが、心に響きます。
いつ終わるとも知れない戦いですが、今日も地道に頑張ってる人がいることを、少しでも多くの人に知ってほしいなと思います
それはさておき、この漫画全て面相筆で描いていることと、これだけの背景をアシスタントなしで描いてるってことに改めてびっくりしました。すごいなー
コメント 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
福島第一原発の実状が作者自らの体験を元に書かれていて、今最も信頼できる資料の一つだろう。
こういうことは、まさに日本人にしかできない。
捕鯨問題、沖縄基地問題、自衛隊の現実、ブラック企業問題、考えればいくらでも、漫画だからこそ事実を広く伝えられるものが一杯あるはずだ。
戦場カメラマン、戦場ジャーナリストに代わって、
戦場漫画家 というジャンルが生まれるのもかもしれない。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
真面目なルポは他にもあるでしょうが、これについては「画」のあることの良さを感じます。
又聞きでない本人の体験談が、主義主張や余計なフィルターをかけずに淡々と提示しているのに価値があります。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
2014年に私も1Fに入っています。
ほぼここに書かれていることと同じ内容でした。

国外や他の原発も含めてあちこちの管理区域での入退域を行っていますが、普通はこんなに厳重ではありません。
ただ、私は親の仕事の関係であちこちの工場の空調設備の取り付け、撤去などの仕事を長年していましたので、
作業現場や、職人さん達のイメージは良く分かりますし、
数10mSv/h の高線量率の加速器ターゲットを取り扱ったことも何度もあります。
鼻がかゆい、締め付けて頭が痛い、と言うイメージは、剣道やったことある人なら分かるんじゃないでしょうか。
面の間からは、ギリギリ指届きますけどね。

最上級の装備での作業がどれだけきついか、一般の方にはなかなか分かってもらえないでしょうが、
こういった万が形式のドキュメントがあると分かりやすいと思います。
まあ、漫画というより、挿絵付の教材という感じでしょうか。

自分の意見に添わなければ御用扱いしている人も居るようですが、とにかく一個人が体験できる範囲の現実としては、
極めて忠実な物ではないかと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー