Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[田辺由紀子]のいじめ裁判~生きていてくれてありがとう~ (BoBoBooks)
Kindle App Ad

いじめ裁判~生きていてくれてありがとう~ (BoBoBooks) Kindle版

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2013/8/16
"もう一度試してください。"
¥ 432

Kindle雑誌セール 99円~
Kindle雑誌が99円~とお買い得!ビジネス、ファッション、趣味・実用雑誌ほか多数。 今すぐチェック
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

社会問題になっている「いじめ」問題は子供だけの問題では無く周りの大人も大切。
裁判方式でお互いの気持ちや考えた方を語り合うことで、「いじめ」の見えない箇所が
表現される内容の小説です。
子供も大人も「いじめ」に対して深く考えさせられる作品です。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 200 KB
  • 紙の本の長さ: 88 ページ
  • 出版社: ドゥ・カンパニー (2013/8/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00EHDISIC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 212,369位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 著者の田辺由紀子氏は現実に「いじめ問題」に関わった方です。
 「いじめ裁判」とタイトルにありますが、本作品は現実の公判を描いたものではありませんし、公判も法律に基づいたものでもありません。裁判は架空の話です。
 本作品は小説の形式をとりつつ、裁判官が判決を下すまでの公判を描いています。現実の公判さながらに話が進みます。公判では、いじめた生徒、いじめられた生徒、その他いじめに関わった生徒や親や教師など関係者全員が「被告」となり、いじめの根本を追及すべく審理が行われます。なぜいじめが起きたのか。なぜいじめをとめられなかったのか。いじめを防ぐためにはどうすればよいのか。
 いじめは、いじめる側に何らかの問題を抱えていて、そのはけ口がいじめとなって現れる――著者は性善説の立場から、いじめる側の問題を解決できれば、いじめを減らすことができるとの想いがあります。いじめには様々なケースがありますから、必ずしも著者の考えに当てはまらないこともあると思います。しかし、いじめの解決には、いじめる側についても配慮しなければならないということには共感できます。
 本作品は、いじめ問題に関係する方だけでなく、いじめを未然に防止するためにも、すべての学校関係者(生徒、教師、保護者)に読んでいただきたい内容です。いじめは現実に起こってしまいますと、解決が難しい場合があり
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
いじめられる辛さは、いじめられたことがある人間にしか分からない。一方で、いじめる背景にある辛さは、いじめをする人間にしか分からないのかもしれない。

本の良さは、自分では経験しえないことを擬似体験して、それを通して、そこにある問題を考えてみること、想像力を働かせてみることにある。

いじめられる辛さ、いじめる背景にある辛さ、その両方に想像力を働かせる、ひとつのきっかけになる一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
子どもさんがいるからこそ書ける文章だと感じました。

ボタンの掛け違いのような、ちょっとしたことが
ひどく相手を傷つけてしまったり、大きな失敗に繋がってしまったり。
そんなことがあるんだと、大人も子どもも忘れてはいけませんね。

不思議な世界観も感じた作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover