通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【状態】カバーに多少の使用感ありますが、中は書き込みもなく綺麗です。【発送】通常、ご注文から24時間以内に発送を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書) 新書 – 2009/3/19

5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 274

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
  • +
  • いじめとは何か―教室の問題、社会の問題 (中公新書)
  • +
  • いじめの構造 (新潮新書)
総額: ¥2,397
ポイントの合計: 174pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

逃げ出すことのできない恐怖と絶望と悪意の世界=いじめはなぜ蔓延するのか? 画期的理論をうちたて注目される〈いじめ研究〉の第一人者が、学校でのいじめ問題の本質を平易に語る。

内容(「BOOK」データベースより)

学校や社会からこの苦しみが消えない理由とは?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062879840
  • ISBN-13: 978-4062879842
  • 発売日: 2009/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,450位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
ニュース、新聞でいじめ報道を見ると、怒りを感じると共に当事者、家族の悲しみを思ってやりきれなくなる。えげつない、残忍なやり口はとても子どもたちがしていることだとは思えない内容で、一体何が子どもたちにここまでさせるのかと疑問に思うのは、私だけではないはずだ。本書は、多くの人が抱くその疑問にこたえてくれている。

書中にも吐き気をもよおすようないじめ事例が多くあげられている。著者は、冷静にいじめを普遍的な現象と捉え、分析している。

いじめが蔓延しやすい空間として、「学校」をあげて説明しているが、読みすすめているうちに私が女子校時代に教室で息が詰まり、自然とその「空気」から離れ、一人を好むように行動していたことを思い出しハッとした。多かれ少なかれ読んだ人は、学校の中、会社の中、人間関係が密であり、強制的な空間に蔓延する「あの空気」を思い出すのではないだろうか。子どもたちが恐ろしい怪物になるメカニズムを通して、私たちの社会が見えてくる。

ぜひ、著者の分析にふれ、「いじめが蔓延しにくい自由な社会」とは何かを考え、私たちの社会を見まわしてみてほしい。
コメント 124人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
情緒的に捉えてしまいがちな「いじめ」に対して、理論的な分類分析を行っている書。「いじめ」に参加する(参加させられていく)人々の幻想領域で何が起こっていて、どういう類型的な行動をとるのかを体系的に見て、個人の資質や性格などに帰するのではなく、集団の行動システムを捉えている。集団やボスが持つ「全能感」の維持のためにどういう仕組みで何が起こるか。解き明かされていく構造は、学校の問題だけではなく、コミュニティや企業など、人が人々となる場所にも当てはまり、視点を変える刺激になる本です。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
先日のいじめ自殺報道を追っていく中で、報道や人々の反応がしっくりこないことがあまりにも多く、
一度本気で考えてみたくなり、amazonにて購入しました。

著者は膨大なフィールドワークや文献調査から、様々ないじめに通底する構造を見出し、論理化しています。
特に重要と思う、いじめが生じるメカニズムについてだけ、以下に概略を。

 子供たちをクラスという輪に押しこめ、長期間にわたりベタベタとした距離に置くことを強制すること自体が大きなリスクをはらんでいる。その狭い輪の中で子供たちは独特の秩序を作り上げ、その秩序にしたがって行動することに疑いを抱かなくなる。未熟な子供たちには、自らに全能感を覚えたいという欲求があり、その全能感を錯覚したいがために弱者を支配しようとする。その弱者支配のための秩序が出来上がり、その秩序に矛盾しない限りは残酷な言動も正当化されてしまい、加害者も自分の行動に疑問を抱けない。

私達はいじめについての報道をみるたび、加害者の人間性に嫌悪を覚え、学校側の対応に疑問を抱き、強い非難を浴びせます。しかし、そのような姿勢は、「人間性の劣悪な人間がそこにいた」「いじめ対策の未熟な学校があった」と言った形で、そのいじめについて局所的なケースと捉えてしまう過誤を生み出してしまうのではないでしょうか。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
内藤氏の主著『いじめの社会理論』(2001)の普及版である。
内藤氏の主張をある程度学んだことのある人にとっては新しい発見は無いが、
『いじめの社会理論』を読もうとして挫折した人、
2400円の値段に二の足を踏んでしまう人は、まずこちらから読んでみるのもいいだろう。

この新書刊行を機に、少しでも社会が内藤理論にキャッチアップしてくれればと思う。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
深い深い洞察から導き出された”いじめ”発生のメカニズムを目の当たりにし、思わず驚嘆してしまった。これまで一般に語られていた”いじめ”に関する言説が、近視眼的で短絡的であることを思い知らされた。また、頻発する”いじめ”問題の解決を、小手先の処方箋ではなく、学級制度のそのものの廃止に求める骨太の主張にたいへん同意した。内藤氏の永年に渡る”いじめ”研究の成果が、首尾よくわかりやすくまとめられたまさに傑作だ。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者のデビュー作から読み継いでいる読者にとっては、不要な一冊、屋上屋かと思いましたが、そうではありませんでした。内藤氏の著作の難点として、わかりにくさがありましたが、時間とともに思考と語り口が熟成したのでしょう、非常にわかりやすくヴァージョンアップしています。不勉強な教員たちにも理解できるでしょう。いじめの通俗的理解を打ち破る新たな一書として、教育現場に浸透させたい内容です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー