通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯ありません。2010年第4刷発行です。カバーにヨレ、シワ、折れ筋等があり、三方にヨゴレがあります。中身に書き込みはありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書) (日本語) 新書 – 2009/3/19

5つ星のうち4.0 62個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥880
¥864 ¥126
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
  • +
  • いじめとは何か―教室の問題、社会の問題 (中公新書)
  • +
  • いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識 (PHP新書)
総額: ¥2,706
ポイントの合計: 33pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

逃げ出すことのできない恐怖と絶望と悪意の世界=いじめはなぜ蔓延するのか? 画期的理論をうちたて注目される〈いじめ研究〉の第一人者が、学校でのいじめ問題の本質を平易に語る。

内容(「BOOK」データベースより)

学校や社会からこの苦しみが消えない理由とは?

抜粋

逃げることができない出口なしの世界は、恐怖である。そこでは、誰かが誰かの運命を容易に左右し、暗転させることができる。立場の弱い者は、「何をされるか」と過剰に警戒し、硬直し、つねに相手の顔色をうかがっていなければならない。
そして、自分が悪意のターゲットにされたときの絶望。
いじめは、学校の生徒たちだけの問題ではない。昔から今まで、ありとあらゆる社会で、人類は、このはらわたがねじれるような現象に苦しんできた。本書では、人間が人間にとっての怪物になる心理−社会的メカニズムである、普遍的な現象としてのいじめに取り組む。
本書は、学校のいじめについて、分析を行い、「なぜいじめが起こるのか」について、いじめの構造とシステムを見出そうとする試みの書である。(「はじめに」より抜粋)

著者について

1962年、東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程を経て、現在、明治大学文学部准教授。専門は社会学。
初めての著作『いじめの社会理論』(柏書房)でいじめ発生のメカニズムを解明して注目を集め、『<いじめ学>の時代』(柏書房)では、自身の体験、<いじめ学>誕生までの軌跡を含めていじめ問題を論じ、読者の大きな共感を呼んだ。
他の著作に『いじめと現代社会』(双風舎)、『学校が自由になる日』(宮台真司・藤井誠二氏との共著、雲母書房)、『「ニート」って言うな!』(本田由紀・後藤和智氏との共著、光文社新書)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

内藤/朝雄
1962年、東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程を経て、明治大学文学部准教授。専門は社会学。初めての著作『いじめの社会理論』(柏書房)でいじめ発生のメカニズムを解明して注目を集め、『“いじめ学”の時代』(柏書房)では、自身の体験、“いじめ学”誕生までの軌跡を含めていじめ問題を論じ、読者の大きな共感を呼んだ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

About this Title

逃げることができない出口なしの世界は、恐怖である。そこでは、誰かが誰かの運命を容易に左右し、暗転させることができる。立場の弱い者は、「何をされるか」と過剰に警戒し、硬直し、つねに相手の顔色をうかがっていなければならない。
そして、自分が悪意のターゲットにされたときの絶望。
いじめは、学校の生徒たちだけの問題ではない。昔から今まで、ありとあらゆる社会で、人類は、このはらわたがねじれるような現象に苦しんできた。本書では、人間が人間にとっての怪物になる心理−社会的メカニズムである、普遍的な現象としてのいじめに取り組む。
本書は、学校のいじめについて、分析を行い、「なぜいじめが起こるのか」について、いじめの構造とシステムを見出そうとする試みの書である。(「はじめに」より抜粋)


登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062879840
  • ISBN-13: 978-4062879842
  • 発売日: 2009/3/19
  • 梱包サイズ: 17 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,814位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 62

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

62件のカスタマーレビュー

2018年3月7日
形式: 新書
61人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月9日
形式: 新書Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月17日
形式: 新書Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月9日
形式: 新書Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月21日
形式: 新書Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年1月4日
形式: 新書Amazonで購入
2018年3月5日
形式: 新書Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年6月19日
形式: 新書Amazonで購入
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告