通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京Book
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書) 新書 – 2009/3/19

5つ星のうち 4.4 47件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 224

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
  • +
  • いじめとは何か―教室の問題、社会の問題 (中公新書)
  • +
  • いじめの構造 (新潮新書)
総額: ¥2,397
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

逃げ出すことのできない恐怖と絶望と悪意の世界=いじめはなぜ蔓延するのか? 画期的理論をうちたて注目される〈いじめ研究〉の第一人者が、学校でのいじめ問題の本質を平易に語る。

内容(「BOOK」データベースより)

学校や社会からこの苦しみが消えない理由とは?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062879840
  • ISBN-13: 978-4062879842
  • 発売日: 2009/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,121位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
現在のいじめの実態を赤裸々に記載し、かつとの対応についても
考察しているため、子どもの心、子どもとの関わり方も学ぶことができました。

現職の先生方に是非お勧めしたい本です。そして、教育の原点と人間としての成長への
支援をしていただきたいと感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
先日のいじめ自殺報道を追っていく中で、報道や人々の反応がしっくりこないことがあまりにも多く、
一度本気で考えてみたくなり、amazonにて購入しました。

著者は膨大なフィールドワークや文献調査から、様々ないじめに通底する構造を見出し、論理化しています。
特に重要と思う、いじめが生じるメカニズムについてだけ、以下に概略を。

 子供たちをクラスという輪に押しこめ、長期間にわたりベタベタとした距離に置くことを強制すること自体が大きなリスクをはらんでいる。その狭い輪の中で子供たちは独特の秩序を作り上げ、その秩序にしたがって行動することに疑いを抱かなくなる。未熟な子供たちには、自らに全能感を覚えたいという欲求があり、その全能感を錯覚したいがために弱者を支配しようとする。その弱者支配のための秩序が出来上がり、その秩序に矛盾しない限りは残酷な言動も正当化されてしまい、加害者も自分の行動に疑問を抱けない。

私達はいじめについての報道をみるたび、加害者の人間性に嫌悪を覚え、学校側の対応に疑問を抱き、強い非難を浴びせます。しかし、そのような姿勢は、「人間性の劣悪な人間がそこにいた」「いじめ対策の未熟な学校があった」と言った形で、そのいじめについて局所的なケースと捉えてしまう過誤を生み出してしまうのではないでしょうか。
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 なぜ悪質ないじめが起きるのか。

 自殺に追い込むようないじめはなぜ起きるのか。そこには集団の空気が社会のルールを上回ってしまうような特殊な心理状況が関係している。いじめをした経験のある人々の証言がそれを裏づけている。
 だから、いじめをなくすには逃げ場のない集団をなくすことが何よりの対策になる。

 やや複雑なところもあるが、図で説明してくれる部分も多い。
 いじめの原因と対策を社会心理学から的確に指摘している必読書。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ydemayt 投稿日 2011/4/10
形式: 新書 Amazonで購入
「いじめ」の事例はグロテスクです。まずこれが事実だということに恐怖を覚えました。

一方でただセンセーショナルなだけにとどまらず、筆者は「全能感」など心理状態を説明する概念・用語を使用して分析を行っています。さらに社会や学校制度との因果関係の分析を行って、閉鎖的で人間関係の選択の余地がない学校制度・義務教育制度の問題を指摘し、改善の方向性を示しています。

社会において、多様な価値観を持てるということが重要であるということに共感します。また人が作った「制度」はそれが不幸をもたらすものであれば、能動的に人がつくりかえないといけない、ということを読んでいて感じることができました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
教育学系の本は抽象的で、著者の一方的な主張を宣伝するだけ本である場合が多いのですが、この本は理論的で、説得力があります。心理学的、社会学的な視点が興味深いです。とはいえ、後半部分の著者の主張はもう少し議論の必要があるかもしれません。個人的には著者の意見には賛成であり、具体的には学校の法化にも賛成です。しかし、法律は難しいので、法律を教師が誤用すれば、逆に生徒の権利侵害にもつながります。著者の主張はもっともなのですが、具体的にどのように運用するのかは議論があるでしょう。あくまでいじめの防止という点からの意見としては参考になると思います。教育に興味がある人にはオススメの一冊です。

なお、本書の初頭にある、若者論の迷走ぶりの指摘は興味深い。

たしかに言われてみると若者論は意味不明の極みだ。例えば、「他人のことを気にかけず、何をやってもいいと思っている”子供の俺様化”が進んでいる」と主張しながら、「最近の若者他人の目を気にしてばかりで自主性がない」と指摘する。「核家族化による家族関係の希薄化によって家庭の教育力が落ちた」と指摘しながら、「少子化で親子関係が濃密化して親が子供に過干渉し過保護化が進んでいる」という。「最近の若者は幼稚だ」といいながら、受験などに駆り立てられる若者をみて「子供らしさを失う若者」を嘆く。「ゲームなどで若者は暴力を学び凶悪
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー