現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


いしんでんしん。 (日本語) 文庫 – 2006/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

強がりでもいいじゃん。前向きにいこーぜ。
「前向き。」をテーマにした、写真詩集。
短い言葉のひとつひとつに強い思いを
感じることのできる作品です。

著者からのコメント

最初は、中学生の時、学校の授業で詩を書いたのが始まりだった。
英語の歌詞に疑問を抱き、「もっとわかりやすくならないものか?」
そんな気持ちから始まった。
高校生の時にはワープロで冊子を作り、恥ずかしながらも
みんなに見せた。文集にも詩を載せた。
大学生になって、ホームページで発表することを覚えた。
詩を書いていることも、恥ずかしくなくなってきた。
社会人になって、大人の世界にぶち当たった。そこでもまた、
日々に転がる小さな気持ちを、つづることができた。
そして今、書き続けた言葉たちは、ノート3冊にもなった。
日常に思うこと、楽しかったこと、苦しかったこと、泣いたこと、
笑ったこと、悩んだこと、好きな人のこと、友達のこと、家族のこと、
そして何より、自分自身のこと。
そんなことをずっと、日記を書くように詩にしてきた。
いつの間にかそれは、僕の足跡になって、これからもずっと、
続いていくものになった。
今まで僕が、感じてきたことの全て。
それをこの本に詰め込みました。
今まで出会ってきたみんなへ。
育ててくれた家族へ。
この本を贈ります。

抜粋

延ばし延ばし
どこまでいくのか
時間がないわけじゃない
勇気がないだけなんだ

著者について

1980年11月4日、兵庫県豊岡市に生まれる。
小5までを出石町で過ごし、以後高校卒業まで豊岡市に住む。
詩を書き始めたのは中学校の頃。
英語の歌詞と分かりづらい日本語歌詞に疑問を抱き、
「俺でも書ける!」とノートに書き始める。
高校の頃には自作の詩集を友達に配る。
神戸の大学進学で、初めて高くそびえるビルと自動改札を知る。
2003年4月から社会人として仕事をしながら、
休みの日を利用し日常に転がる小さな気持ちを拾い集めて、
言葉にしている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

mush
本名、西村和也。1980年11月4日、兵庫県豊岡市に生まれる。神戸の大学進学。2003年4月から社会人として仕事をしながら、休みの日を利用し日常に転がる小さな気持ちを拾い集めて、言葉にしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫
  • 出版社: 新風舎 (2006/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479744746X
  • ISBN-13: 978-4797447460
  • 発売日: 2006/06
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.8 x 0.6 cm
  • カスタマーレビュー: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,716,098位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう