通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 <爆進堂>
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレ、カバー、本体にヤケがあります。クリスタルパックに梱包し発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/26

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 938
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図
  • +
  • 生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択(しごとのわ)
  • +
  • 移住女子
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 144pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

“地方創生のトップランナー"福岡市長・高島宗一郎氏推薦!
「何の仕事をしてどんな人生を歩むか、だからどこに住みたいか、自分で決める時代がやってきた。その選択肢を示すのが地方創生であり、この本である」

4人のキーパーソンとの特別対談収録
▶イケダハヤト氏(ブロガー)
▶伊藤洋志氏(仕事づくりレーベル「ナリワイ」代表)
▶井上貴至氏(鹿児島県長島町副町長)
▶林篤志氏(「土佐山アカデミー」共同設立者/「Next Commons Lab」発起人)

自分らしい暮らしを求め、私たちはこれからどこに住み、どこで働くのか?

「リタイア後の田舎暮らし」「沖縄やハワイで悠々自適」といったイメージも今は昔。
昨今は官民一体となった地方創生とリモートワークの促進を背景に、ITの進歩や格安航空券の普及などによる移動コストの低下もあり、
とくに震災以降、働き盛り世代を中心に、「移住」への関心が高まっています。

本書では、「東京オリンピック後に自分が移住するとしたら、どこに住むだろう?」という発想から、
国内外に移住した33人への取材をもとに、現代の「移住のリアル」について描きだしていきます。
登場するのは、男性、女性、シングル、子持ち、フリーランス、会社勤め、経営者、アーティストなど、じつに多種多様。
きれいごとばかりではありません。職はあるのか、子を教育する環境はどうかなど、ぶっちゃけた本音にも触れていきます。

「移住万歳」「地方万歳」の本ではありません。
でも、自分の思い描く“理想の暮らし"を実現するために必要な知恵やマインド、現実を伝えていきたいという思いから、本書はできあがりました。

移住というトピックを通じて、リモートワーク、二拠点(多拠点)生活、職住近接、シェアリング・エコノミーといった
21世紀のあたらしい働き方・生き方も見えてくる……そんな一冊です。

[本書に登場する主な移住地]
(国内)
北海道・札幌/岩手・遠野/宮城・気仙沼/新潟・佐渡/茨城・久慈/千葉・南房総/長野・軽井沢/
長野・富士見/京都市/和歌山・熊野/愛媛・松山/高知・嶺北/鹿児島県・長島/福岡市/沖縄・那覇
(国外)
ドイツ・ベルリン/オランダ・デンハーグ/オランダ・ロッテルダム/オランダ・アムステルダム/
スウェーデン・ストックホルム/ポーランド・ワルシャワ/アルゼンチン・ブエノスアイレス/フィジー・ナンディ/
シンガポール/マレーシア・クアラルンプール/ベトナム・ホイアン/カンボジア・プノンペン

出版社からのコメント

本書のテーマは、国内外に移住した三十三人への取材をもとに、移住のリアルについて描きだすことだ。
東京という日本の「中央」(この言葉とそれに対する「地方」という言葉は嫌いだが、利便上使わせていただく)の大都会から離れた(海外含む)土地での働き方、暮らし方のスタイルとストーリー。
きれいごとばかりを並べたガイドブックには書いていない、移住のデメリットやハードル――専門技術がなくても職につけるか、家族で移り住んだ場合の教育環境はどうか、など――
要は「ぶっちゃけた本音」についても触れたいと思っている。
「移住万歳」「地方万歳」の本ではないということをお伝えしておきたい。現実はそんなに単純ではない。
実際のところ、移住を考える人の多くは、そうしたリアルなことこそが知りたいのではないだろうか。
「良い面ばかり書いて本当か? 実際のところは大変なことばかりなんじゃないか?」という疑問符を、当然読者の方も抱いているだろう。
そのリアリティを記さなければ信憑性に欠けると考え、聞きにくいこともかなりつっこんで聞いてみた。
それでも僕は、ちょっと青臭いけれど、これから来る激動の時代、もっとも尊いのは「個人の自由」だと考えている。
自分が思い描く理想の暮らし。それを実現するために、「暮らしたい」と思える場所に住むこと。目的は移住することではない。
自分の人生を自分の手に取り戻すこと、自分の夢を実現する自由だ。
そのためには「自分が本当に望んでいる生き方は何か?」という問いから逃げずに、自分自身と自分の現在と未来を見つめ、考えることを繰り返すことは不可欠だ。
移住とそれに必要なマインド、知恵や方法を、この本では取材対象者それぞれのやり方から探っていこうと思う。
(「プロローグ」より)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 358ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017/1/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799320319
  • ISBN-13: 978-4799320310
  • 発売日: 2017/1/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 53,156位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
当方日本に住んでいないため、あくまで印象としてだけれど、最近ネット上でも「移住」とい文字を目にする機会が増えたように思い、このような本が出版されるということは国内・海外含めて「移住」ということが身近になってきているということなのだろう。その背景にはITメディアの発達がある。家にいながら仕事ができる、オフィスを持たない会社が存在するなどちょっと前には考えられなかったことだろう。以前より自分の住みたい場所(居心地のいい場所)を選びやすくなった、とてもいいことだと思う。
この本ではそういう移住を実現した人たちが登場し読者に希望を与える構成になっているがしかし、やはり現実があることは頭の片隅に止めておいた方がいいだろう。何事でもそうだが移住でそれぞれに成功した人たちの陰に色々な事情でうまく行かなかったケースもあるだろう。
それは本人の準備不足、甘さが原因の時もあるだろうが時に家族の不幸、自分の不幸(離婚や病気など)、住んでいた国の政情悪化等々…
できれば、ここに登場した人たちの10年後などが後々出版されれば面白いと思う。
あと、この本の趣旨だと思うのでこういう事を書くのはお門違いかもしれないが、特に海外移住者にはITを駆使して暮らしている人たちだけでなくもっと土臭い方法で暮らしている日本人も大勢いると思う。そういう人たちの移住体験も聞いてみたいものである。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最近の震災や自然災害を懸念して移住を考えて手に取った本でした。作者はLife hackerの編集長をされており、文章も非常に分かりやすいです。
どんな場所がが移住に向いているのか具体的な事例を出してくれており、移住をしなくても人生の大事なものは何なのか考えさせてくれる良い本だと思います。

移住ができる人はリスクをいとわない、いわゆる普通の日本人とは違う傾向があると思いますが、とりあえず行ってみるという行動を起こす前に何が必要か知ることが出来ます。具体的には移住する上で現地就職ではない収入先を確立するという点がとても重要だと思いました。

私はカナダに2ヶ月ほど滞在したことがあるんですが、旅行ではなく生活してみないとわからないメリットやデメリットが存在すると思います。
特に季節で暮らしやすさもかなり変わるので、試住という提案は非常に理にかなってると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tsubaki 投稿日 2017/2/3
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
20年前の移住とは終の住処的に捉えて、不便な田舎暮らしに物珍しさや郷愁、心の何処かにあるの心象風景に温もりを求めていた人がいたような気がする。
しかしその田舎暮らしにはコンビニエントな面が足りなく不自由がつきまとう。そしてまた都会に戻る人々を見てきた。「いきたい場所で生きる」には暮らすことにむしろ能動的で生き抜く知恵やそれに伴う創意工夫や楽しみが、なにより稼ぐことで定住できる話がデータと取材で描かれている。住みたい場所ではなく生きたい場所と言うのがとても響いた。
時々都内のシェアオフィスで作業をする事がある。都内で活動する事のハードルも以前と比べて下がっている。時代のパラダイムシフトの真っ只中で生き抜くと言う意味からもたくさんのヒントがある本だと思った。自然災害からは何処にいても逃げることが出来ない日本だと思うのでリスクは何処にいてもあると思う。しかしSNSなど色々な地域の人と繋がる事が可能な時代2020年どんな場所の人と繋がり何処で生きているのか…とワクワクさせらた。今、ヒューマンドメインという新しい形に国際社会が向かっていると言われている中、海外で真摯に生きている日本人がその信用を蓄積することで貢献されていくのだとあらためて考えさせられた。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
「いきたい場所で生きる」この本のタイトルを見かけたとき、「うまいなあ」と感心した。「生きたい」と「活きたい」をかけているから「いきたい」がひらがななのだ。私もけっこうそんな生き方をしてきた。

京都で学生をしていた21歳のとき、子どものときから憧れてきたイギリスをようやく訪問し、社会人になってから貯金をためて短期間イギリスで暮らした。そこで出会ったスイス人の男性と結婚するつもりで、1ヶ月ほどスイスで暮らしたこともある。

だが、その夢が崩れ、イギリスから直接東京に「移住」することになった。それまでアメリカに興味を抱いたことがなかったのに、東京で出会って結婚に至ったのはアメリカ人だった。約7年の東京生活の後、夫の仕事で香港に2年住み、家族と自分が「いきたい」場所を考えて、彼の故郷であるアメリカに移住した。

ボストン近郊での暮らしは20年を超え、生まれてから最も長く住んだ場所になった。つまり、生まれ故郷よりも「故郷」になったわけだ。

住んだ長さだけではない。それまで暮らした場所では地域に深く関わることはなかったが、現在住んでいる町では、積極的に学校のボランティアを引き受け、町の運営に関わる数々の委員会に参加し、政治活動にも加わった。親友と呼べる人は、アイルランドとイタリア移民の血をひく生粋のボストンっ子
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告