中古品
¥ 186
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆クリスタルパックに入れて清掃した商品をほぼ毎日、迅速丁寧に発送致します☆外観は、保管による多少の擦れ、汚れ、細かな傷がある場合がございますが、本文(中身)はきれいな状態です☆万が一、明らかな品質不備があった場合はご連絡ください。返金対応致します☆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いかれポンチ 単行本 – 2002/5

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 162

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

覚醒剤で競馬界を去ったかつての天才騎手が、逮捕後初めて書き下ろした衝撃の問題作!地位も名誉も富も失った「おれ」の行き先は暗い水底だった―。狂気と興奮、危険な陶酔感、そして鎧を脱ぎ捨てた孤独な魂の叫びを、奇才が独特の筆致で描き出す。

内容(「MARC」データベースより)

覚醒剤で競馬界を去った、かつての天才騎手が逮捕後初めて書き下ろした衝撃の問題作。地位も名声も富も失った「おれ」の行き先は暗い水底だった-。狂気と興奮、危険な陶酔感、そして鎧を脱ぎ捨てた孤独な魂の叫びを描き出す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 203ページ
  • 出版社: ブックマン社 (2002/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4893084909
  • ISBN-13: 978-4893084903
  • 発売日: 2002/05
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 526,086位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
わからない人にはわからないと思う。それでいいと思う。
覚醒剤を打つまでの経緯や、田原厩舎の亀裂、事の発端は彼(田原成貴)が被害者だったこと、等を書かなかったのは、彼のプライド、生き様、だと思う。
だから、理解の苦しいのだと思う。
フィクションとノンフィクションが入り混じっていて、最初は理解に難しい。だが、形容詞の多い本文の、意味を本当に理解出来れば、本心がたくさん書いてある。
100人が100人良い本なんて、本当にいい本ではないと思う。
だから、田原成貴を良く知らない方や、にわか競馬ファンにはお勧めは出来ない。
ただ、田原成貴がこの本の書く前に影響を受けた「金井美恵子」さんの著書や、著者独特の文章が好きな方には読んで見る価値はあります。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
…やられました…。 読みはじめは、展開を理解するのに一生懸命だったのが、気がつけば、田原成貴さんの世界にのめりこんでしまってました。 思わず、彼にかかれば刑務所も楽しいところと、不謹慎にも思ってしまうぐらい…!! どこにいても、田原さんは田原さん! やはり、天才ですね。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
意味不明。競馬人としての田原成貴に惹かれていた一ファンとして、麻薬所持、刀不法所持で逮捕されたことも、そのときの厩舎スタッフ及び預託馬のことを考えると、田原成貴の競馬人としてのこれまでの行為が無になるほどのことをしてしまった訳で。その辺を関係者に考慮してまったく明らかにしないあたりに「男」を垣間見たが、結局のところもっと本筋の「漢」がまったく見えてこなかった。
ある意味で読まなければよかったと言う、悲しい作品。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
わからない人にはわからないと思う。それでいいと思う。
覚醒剤を打つまでの経緯や、田原厩舎の亀裂、事の発端は彼(田原成貴)が被害者だったこと、等を書かなかったのは、彼のプライド、生き様、だと思う。
だから、理解の苦しいのだと思う。
フィクションとノンフィクションが入り混じっていて、最初は理解に難しい。だが、形容詞の多い本文の、意味を本当に理解出来れば、本心がたくさん書いてある。
100人が100人良い本なんて、本当にいい本ではないと思う。
だから、田原成貴を良く知らない方や、にわか競馬ファンにはお勧めは出来ない。
ただ、田原成貴がこの本の書く前に影響を受けた「金井美恵子」さんの著書や、著者独特の文章が好きな方には読んで見る価値はあります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/24
形式: 単行本
内容がよくわからなかった。
凡人にはついていけないということかな。
一度実物を見て入手されるとよいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック