通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いかにして神と出会うか がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 はっぴい本舗
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好なコンディションです。カバーに少しヤケとヨレと小口に少し汚れありますが、本文はヤケ、汚れ、書込みありません。確認はしていますが、もし私の気がつかなかった事がありましたら連絡ください。丁寧な包装にて、メール便で発送いたします。発送完了後、メールをご連絡いたします。併売につき、売り切れの際はご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いかにして神と出会うか 単行本 – 2007/6/1

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いかにして神と出会うか
  • +
  • 人生をどう生きますか?
  • +
  • クリシュナムルティの瞑想録―自由への飛翔 (mind books)
総額: ¥5,940
ポイントの合計: 176pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

クリシュナムルティは神について多くを語りたがらない。 何百という講話の中で語ったわずかなフレーズから、その概念の巨きさと深さと超越性が伝わってくる。 神は、彼の思想の根幹をなす不変のテーマでもあったのだ。

内容(「BOOK」データベースより)

クリシュナムルティは神について多くを語りたがらない。彼は、神、あるいは「神と呼ばれているもの」について、どのような理解をもっていたのだろうか?何百という講話の中で語ったわずかなフレーズから、その概念の巨きさと深さと超越性が伝わってくる。神は、彼の思想の根幹をなす不変のテーマでもあったのだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: めるくまーる (2007/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 483970130X
  • ISBN-13: 978-4839701307
  • 発売日: 2007/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 446,017位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
クリシュナムルティの講話や本からテーマ別に編集してまとめたシリーズのうちのひとつの翻訳です。
この本は「神」についてをテーマにして、クリシュナムルティの講話などから一冊にまとめています。
クリシュナムルティの書き残したものの中には「別のもの」などと表現されているある存在について、
非常に身近に感じていたことがうかがわれるものがあります。
精神の内面を探究する人にとっては大変意義のある本であると思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
用事があって行った銀行での待ち時間、普段読むようなものではないビジネス雑誌にたまたま目を通していた時のこと。
平時なら、その題名に「何を胡散臭い…、」と思っていたろう。
だが父を亡くして間もない僕には、それは『いかにして父と出会うか』のように見えた。
「ん?」と思い、その雑誌にあった新刊書評を読んでみると、「これはっ!!」ピンときた。
すぐに本屋さんに駆け込み、取り寄せてもらって読んだ。
未知の領域へ足を踏み入れた期待感があった。
「そうなんだよ、正にこれこそ、今、僕が知りたいことなんだよ!」と興奮しつつも、全然意味が解らない。
全く読書家ではない僕には、だいぶ難解だった。
それでも、ところどころで世界をつかんだかのような強烈な共感の瞬間に、鳥肌が立った。
その後、めるくまーるさんのクリシュナムルティの著書は全て取り寄せて、繰り返し読んでいる。だいぶ理解が進んだ。
極めて明晰な頭脳を持った人の書いたものを注意深く読み進めるのは快感だ。
正に「そういうことだったのか!」という発見に溢れた著書。
僕のバイブル。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告