通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あ・い・た・く・て (小さい詩集) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 かさや
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね状態良好。経年による多少のスレ、ヨレ等ありますが、全体的に良い状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あ・い・た・く・て (小さい詩集) 単行本 – 1991/9

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1
楽譜
"もう一度試してください。"
¥ 5,942

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あ・い・た・く・て (小さい詩集)
  • +
  • ともだちは海のにおい (きみとぼくの本)
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あいたくて
いのち
蟻の夏
日記 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

「だれかにあいたくて なにかにあいたくて 生まれてきた- そんな気がするのだけれど…」 自分の中にあるモヤモヤとしたもの。そんな気持ちをやさしい言葉で遊ばせた詩集。


登録情報

  • 単行本: 119ページ
  • 出版社: 大日本図書 (1991/09)
  • ISBN-10: 4477000707
  • ISBN-13: 978-4477000701
  • 発売日: 1991/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 203,947位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
いろいろなものに「あいたくて」、でまとめられた詩集。
短い一行がどきりとさせ、自分では知らなかったものの見え方を伝えてくれます。「痛い」は人を好きになった時どうして心が痛いと思うのかを、「こころ」はなにかで砕けてしまった心はそれでも大切なもの、と。猫の舌を「ちいさな赤いハンカチ」とみたてる「おしゃれ」も、素敵なもののみかたに目を開かせてくれます。最後に掲載されている詩、「また あいたくて」には、別れの悲しさも「また あいたくて」と歩き出す力になるのを感じます。数行の詩の中の、たった一行、数個の文字が心に飛び込んで世界を変えていくみたいです。
日常世界と詩歌の世界の境界について、物理学者の寺田寅彦さんが書いています。「稀に、極めて稀に、天の焔を取って来て此の境界の硝子板をすっかり熔かしてしまう人がある」と。工藤直子さんの場合は、決して強い言葉でもなく難しい言葉でもないのですけれど、この境界の硝子板にぴしり、と小さい穴をあけ、日常世界の私たちに向こう側のあることを驚きと共に教えてくれるといったところではないでしょうか。あいた小さい穴からは、向こう側の世界が少し覘いたり、風が吹き込んできてまた驚かされるのです。
佐野洋子さんの画は、「てつがくのライオン」などに比べてはかなり控えめに添えられているというところ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 寧夢 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/5/17
形式: 単行本
 絶対に良い! 中学生高校生大学生でも読んで欲しい。うん、おばさんの年齢は懐かしさのあまり、胸きゅんの青春を思い出すだろうなあ。

「あいたくて」このどうしようもない気持ち、他者との接点を見出したい、自分の気持ちを受け止めて欲しい、本当のことを言われたら怖いけれど聞きたい、差し出す手と差し出される手の暖かさに涙する、心が千切れるように痛い日々。

 ああ、恋に恋する事も、そんな時間も、悲しみや憤りでさえ、何もかもが自分の聖域だったのに、今は忘れてしまったような大人にも、これから恋をしていくあなたにも、極上の1冊です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 これ、好きです。

 自分の心の海をただようかなしみ、座標の定まらぬよろこびの行き着く場所を、ちいさな手のひとさし指でそっと教えてくれるような詩集です。

 60億の人をがくがくと揺さぶるような豪奢な唱句はないかもしれません。しかし、この詩集の言葉は、はじめてひとりで留守番をするときのような、幼くまっしろな気持ちをそっと抱きしめてくれます。世界とこれに対峙する自分のすべてを知ろうとする意志にさりげなく寄り添ってくれています。愛する人の墓石を静かに見つめる人の薄墨色の思い出をやわらかくなででくれます。

 詩集の最後に、「あなたに」と題された工藤直子さんの文章には、こんなことが書いてあります。

《生まれてきたってことは、迷子になったってことかなあ。…なんて思っています。(中略)迷子の気分は、じつは、すきです。とても、なにかに「あいたく」なるから。そして「あえてうれしい」から。》

 この本は、僕にとってかけがえのない一冊です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 工藤直子さんの詩は,好きです。意外なくらい客観的な観察に,的確に内面を投影されているような感じ。その観察は,驚くほど繊細であったり,あるときは壮大なスケールを感じさせるものであったり。
 「あ・い・た・く・て」は,この詩を使った合唱曲を歌うために,資料として読みました。これまでにも,工藤直子さんの詩を歌ったことはありましたけれど,ここまで共感できて歌えるのは,今回(木下牧子作曲の「光と風を連れて」)がはじめてかも知れません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告