あんにょん由美香 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あんにょん由美香 [DVD]

5つ星のうち 3.1 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ing企画  ★年中無休!自社配送は毎日発送致します★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:2¥ 1,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • あんにょん由美香 [DVD]
  • +
  • 由美香 [DVD]
  • +
  • 監督失格 Blu-ray(特典DVD付2枚組)
総額: ¥13,415
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 林由美香, ユ・ジンソン, キム・ウォンボク, いまおかしんじ
  • 監督: 松江哲明
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2010/02/27
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002ZUSAX2
  • JAN: 4523215038690
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 139,810位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

34歳で急逝した女優が起こした「映画」の奇跡。2009年最高の感動話題作!! ●異色だがダイナミック(読売新聞)/スリルとサスペンス、感動のドラマという映画の王道(朝日新聞)/これほど爽やかなドキュメンタリーは稀だ(毎日新聞)/映画愛に満ちた、感動的な仕掛けだ(日本経済新聞)/もっとも純粋で、最も力強い「ラブストーリー」だ。(佐々木敦・批評家)/日本には松江哲明がいるぞ!(矢田部吉彦:東京国際映画祭ディレクター)■観客&マスコミからの大絶賛を受け、ロングラン・拡大公開となった、話題の大ヒット・ムービー!朝日、毎日、読売、日経の4大新聞が同時に大絶賛、フジTVでは『スパイスTV どーも☆キニナル』で紹介、同局の『めざましTV』では、メジャー作品(「モンスターVSエイリアン」「ノウイング」)と並んで紹介、更にTBSラジオでも紹介されるなど、単館上映から始まったドキュメンタリー映画としては、異例の話題作となった。もちろん興行の方でも、初日から満員立ち見状態が続き2ヶ月間に渡るロングランを果たし、その話題が全国へ波及、拡大公開され大ヒットを記録した。更に、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別招待作品として上映。更に更に、韓国のPINKFILMFESにも招待され、もっと更に、日本プロフェッショナル大賞(今年の重要4作品の1本)に輝き、今も尚、注目度は高まっている。本作で取り上げられているのは、今は亡き伝説の女優“林由美香”、彼女はAVに留まらずピンク映画、テレビ、一般映画を一切問わず出演し、NHKのドラマ作品ではカンヌ映画祭に招待されている。彼女と仕事をしたかったドキュメンタリー監督の俊才:松江哲明は、彼女が亡くなった後に発掘された、彼女主演の韓国産ビデオ「東京の人妻 純子」に出会い、衝撃を受け、憧れの女優の足跡を追って韓国へ旅立った。そこで彼が発見したものとは・・・・。松江監督は、前作「童貞。をプロデュース」で大ヒットを飛ばし、童貞ブームを巻き起こし、そのムーブメントは書籍&漫画にもなった。最新監督作「ライブテープ」は、[東京国際映画祭・ある視点部門]で何と(!)グランプリを受賞した。構成の協力をした向井康介(「松ヶ根乱射事件」)は、今や日本映画には欠かせない大人気の脚本家で、更に主題歌を川本真琴が唄う等、超個性的かつ注目のスタッフが、名を連ねた。2009年邦画界で間違いなく最も注目された作品が、ここにDVD化される!!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

数々のピンク映画に出演し、多くの人々を魅了するも34歳という若さで亡くなった女優・林由美香。彼女が主演した韓国産ビデオ『東京の人妻 純子』に衝撃を受けた『あんにょんキムチ』の松江哲明が、由美香の足跡を追って韓国へ旅立つのだが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.1

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
林由美香さんが亡くなられてから、彼女に関わった方々の傷も癒えていないうちに撮られたであろうこの題材の重みは、少なからず彼女と関わりのあった松江監督自身が自分に問いながらカメラを回しているように感じられました。
この松江監督の作品は他にも拝見させていただきましたが、「あんにょん由美香」だけは強烈にぐっときました。故人である林由美香さんと関わった方々にインタビューしていくのですが、その中に松江監督自身がカメラに写るスペースに入ってくる頻度がとにかく多く、様々なことにトライしていることに強い印象をうけました。ネタバレなのですが、インタビューの中で題材のリスクについて問われる場面があったり、関係者の間でしかわからないような内容も出て来たりがあり、副音声での監督の話では編集で切れるがどこまで切るか悩んだとおっしゃっていましたが、この濃い内容を中盤で聞けた上での、韓国にまで行ってのさらにラストシーンが見られて、とても心を打たれました。
一番考え深かったのは、カメラを通して感じる撮り手側、松江監督の眼差しでした。テレビに映るドキュメンタリーなんかは熱い視線で愛情に溢れていて感動的なラストがお約束って印象ですが、このドキュメンタリー作品はとにかく、一見はバッサバッサとした編集にトントン拍子で進む展開といった感じで、さっぱりとした印象の仕上がりですが、後から考えるととんでもなく濃
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
『若くして亡くなったAV女優の林由美香が、韓国製の謎のAV作品に出演していた』という所から、彼女の幻影を追い求めてドキュメンタリーはスタートするのだが、なんとも不思議な空気感を漂わせている作品だ。

見方によっては、シュールとも受け取れるし、喪失の物語とも受け取れる。冷静になって見ると「ちょっと気持ち悪いな」と思ってしまう部分もある。

彼女と深い親交のあった関係者たちは、未だに彼女を喪失したことに対して傷をおっている。下手すれば、人の心の中に土足で踏み込んでしまいかねない重い題材だが、松江監督が林由美香の軌跡を辿る理由や熱意がいまいち伝わり辛く、この題材のリスクを扱う重みをあまり理解していないように感じた。

そもそも何故、韓国のAV作品に出演したことにそんなに拘るのか、出演している韓国のAV男優が日本語を使っていることに拘るのかがよくわからなかった。

このAV作品の、カットされていたラストシーンにあった「誰も彼女を所有することはできない」というセリフが、奇跡的に林由美香自身のことを指していたという結論で締め括られるが、松江監督自身の「林由美香は何だったのか」という結論をもっと知りたかった。

もし林由美香がこの作品を見たら、「松江君、まだまだね」と言っていただろう。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ここ数年では、私の中では一番の作品です。

各種の映画賞受賞でも分かるとおり、本当に『ラストにはちょっと目頭が熱くなりつつも、爽やかで後味の良いドキュメンタリー映画』でしょう。

明日もがんばろう!という気持ちになりますね。

林由美香やピンク映画を知らない人も、間違いなく楽しめます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
平成17年に34歳で急逝した女優 林由美香が主演した日韓合作のビデオ『東京の人妻 純子』をめぐって、在日コリアンの出自を持つ松江哲明監督がなぜこのような作品が作られたのかを追うドキュメンタリー。

存命中の林由美香のことはほとんど知らなかったが、たまたま3ヶ月ほど前に、平野勝之監督が林由美香と過ごした日々の思い出とその死とを綴ったドキュメンタリー映画『監督失格』を見ていた。それで、この作品もとりわけ感慨深かったのだが、林由美香のことをよく知らない人がこの映画だけを見ても、彼女がどういう人だったのかということはイマイチぴんと来ないのではないかと思う。

松江監督の思いとは裏腹に、『東京の人妻 純子』というビデオに関わった人たちはさほどその作品に思い入れを持ってはいないようで、前半、いまいち焦点が絞り切れていないのでは、という感がなきにしもあらず。監督も劇中で平野監督に「絶対中途半端なものにはするな」などと釘を刺されたりするのだが、後半、当時の韓国側スタッフを訪ねて韓国に行くあたりからだんだん面白くなる。韓国人の元スタッフは、監督、俳優、通訳など、それぞれのキャラクターがなかなか鮮烈でいい味を出しているし、日韓の性に対する考え方の大きな違いが炙り出されたりもして興味深い。最後は、当時のスタッフが再び集まり、シナリオにはあったが撮影されなかった幻の
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告