通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あんな「お客(クソヤロー)」も神様なんすか? 「ク... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

あんな「お客(クソヤロー)」も神様なんすか? 「クレーマーに潰される! 」と思った時に読む本 (光文社新書) 新書 – 2013/8/9

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あんな「お客(クソヤロー)」も神様なんすか? 「クレーマーに潰される! 」と思った時に読む本 (光文社新書)
  • +
  • プロ法律家のクレーマー対応術 (PHP新書 522)
  • +
  • となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術 (中公新書ラクレ)
総額: ¥2,377
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

お客様はなんて勝手な生き物なんだろう(本文より)
もうイヤだ、会社に行きたくない……。
電話で怒鳴られ、会ったら嫌味を言われ、会社に戻れば追い打ちをかけるかのように怒りのメールが届く。
サラリーマンを憂鬱にさせるお客からのクレーム――。
だが、そこには自分では気づくことのできない、ビジネスの真の情報が詰まっていた。
クビ寸前のダメ営業マンだった著者が見つけた、クレームを武器にするテクニックを実例形式で案内する。

出版社からのコメント

「オレがダメと言ったらダメなんだ! 」
「カップ麺とソースを買ってこい! 」
メールで豹変する客(クソヤロー)、
すぐ怒鳴りつける客(クソヤロー)、
関係ない雑用を頼む客(クソヤロー)、
おカネに細かすぎる客(クソヤロー)
――こんな理不尽なクレーマーたちが、ダメダメ営業マンをトップ営業マンに変えてくれました!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 光文社 (2013/8/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334037585
  • ISBN-13: 978-4334037581
  • 発売日: 2013/8/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 388,646位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
たった1本の電話で、その日以降、地獄に陥ったような気分になります。
たった1本のメールを送ったばかりに、その日、嫌な気分になることがあります。
たった1言話しただけで、烈火のごとく怒られる時もあります。

仕事をしている方だったら、以上の経験をされたことがあるのではないでしょうか?

何かのきっかけ⇒クレーム発生 よくわからない原因⇒クレーム発生

日本社会は、超が付くほどのクレーム大国です。営業の最前線で働いていると(そうではない職種もそうですが)、
常軌を逸したクレームを受けることがあります。「クレームネタ」なら、何時間でも話せる!そんな人は多いと思います。
クレームをそのまま受けるようになれば、まず自信がなくなる。そして、仕事にやる気がなくなる。最後に、辞めたいと思う。

私も、しょっちゅう、うまくいかない原因は、「クレームにある」、「あいつにある」、「この環境にある」にあると、
他のせいにします。この本を読むと、この考え方がいかに、自分を傷つけてしまうのか、よくわかります。
他のせいにしても、何も解決しない、これがわかれば、企業社会で十分に生きていけます。

この本の基本的な考え方は、「クレームを活かす」です。その活
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/9/30
形式: 新書
 著者は、以前、住宅メーカーで営業を行っていた人です。クレーマーに悩むダメ社員から、ある気付きと実践により、トップセールスマンになったとのことです。
 本書の「第1章 クレームを知る」(約140ページ)では、著者が体験した8人のクレーマーの実例を紹介しています。
 そして、「第2章 クレームを活かす!」(約25ページ)、「第3章 クレームを伝える!」(約30ページ)では、クレームを積極的に発掘し、自らの仕事に活かす方法について説明しています。

 クレームという気が重いテーマでありながら、特に第2章・第3章は、クレームを否定的にとらえずに前向きに活かしていこうという姿勢で解説されており、共感できる本となっています。
 クレームに悩んでいる人にとっては小手先の対処技術だけでなく、各人の考え方・姿勢そのものが重要であることが理解できる本であり、とても有益な本と思います。やや「なるほどそのとおりだが、そんなにうまくいくのか」とも感じますが、著者自身が実際に行ってきたことなので、説得力があります。
 一方、クレームに悩んでいない人が読んでも、自らの仕事のヒントになる要素がある本と思います。

 この本は、上手に構成されており、文章も平易で、とてもよみやすい本です。一読の価値はある好著と思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2013/8/9
形式: 新書
著者はかつて住宅メーカーの営業マン。
激しいクレームに翻弄されて、いわゆる駄目な部類の営業マンであった。
しかし、あることをきっかけにクレームに対する考え方を変え、入社7年目にしてトップ営業マンへに変身するなど、人生が良い方向に反転する。

この著者が実際に悩まされたクレーマーの実例をあげて、どういった心構えで接し行動したかが記されている。
こうしたクレーマーへの対処法は、例えば職場の困った上司や同僚、近所のやたらとゴミの出し方にうるさいおばさん、極端に自己中心的な友達など、幅広く応用できると感じた。
私自身は営業マンではないが本書から人間関係のヒントをたくさん得たような気がする。

何と言っても著者が実際に体験したクレーマーの実例が面白い。
自己中心的で営業マンを使い走りに使う客やメールでしか本音を出さない若い夫婦など、まるで短編小説を読んでいるような面白さであった。

営業職の方だけでなく、社会人ならきっといくつか大きな気付きを得ることができる新書だと思う。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
好きです。
ビジネス本ではなくてお家を建てる時に相談する営業さんとお客様のやりとりドラマです。

表装を見て、ビジネス本かと思いました。
クレーム対応本は偉そうに教科書のように箇条書きにして解決法は抽象的な指南本が多いのですが、
これは一章ごとに淡々と実例を載せていて、
オムニバスの小説を読んでいるような。
毎週困ったお客さんと出会う、一話完結のドラマを見ているみたいな感じで楽しいです。

「夫に任せてるので…」と秘めた意見を言わない妻のくだりは、ほんとうちの母がそっくりで、母がどこかで営業さんにご不快な思いをさせていないか心配になりました(笑)

ちなみにわたしは主人公の営業さんを伊藤淳史さんで脳内再生していました!
ドラマ化の際はよろしくお願いします!(笑)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告