この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


あるふぁべっとのくに―リトルピンクとブロキガ 単行本 – 2011/5/18

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥76,340 ¥6,906
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いたずらっこ、おこりんぼ、さみしがりやにあまえんぼ。いろんなブロキガがどんどんどんどんふえていく。あなたににているブロキガはいる?ブロキガのせかいへようこそ。

著者について

スティーナ・ヴィルセン: スウェーデンのもっとも著名なアーティスト&イラストレーター。1992年、スウェーデンコンストファック(国立美術工芸デザイン大学)卒業。ストックホルム在住。
スウェーデン最大の日刊紙ダーゲンスニーヘーテルのイラスト課の元課長は、「ヴィルセンは新聞挿絵を生き返らせ、彼女のおかげで、ダーゲンスニーヘーテルは新聞挿絵やデザインの分野でいくつかの名声ある賞をとることができた」と述べている。シンプルで無駄がなく、力強くて表現豊かな、彼女の個性的なスタイルは、テンポ、効果、明瞭さ、辛辣さ等、多くの点において、日刊紙との仕事を通して生まれたものともいえる。子どもの本の挿絵に加え、彼女のファッション画や肖像画も人気がある。2000年、児童文学のイラストレーターの登竜門とされるエルサ・ベスコフ賞(スウェーデン図書館協会)受賞。

カーリン・ヴィルセン: アンナ、スティーナの母。大学では、美術教育、またその後、障害を持つ子どもたちのための教育学を専攻。子どもの本を書き始めたのは90年代に入ってからで、彼女自身に孫ができたことによる。幼い子どもたちのためのテレビ番組の質の低さに呆れかえり、番組の台本を書いたのがきっかけとなった。これがやがて、娘のスティーナを交えた子どもの本のシリーズに発展する。

登録情報

  • 発売日 : 2011/5/18
  • 単行本 : 32ページ
  • ISBN-10 : 4072777994
  • ISBN-13 : 978-4072777992
  • 出版社 : 主婦の友社 (2011/5/18)
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価