通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あられもない祈り がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご検討ありがとうございます。全体的に良好状態です。表面など中品ですので多少のダメージが残っている場合があります。ご理解の上検討お願いします。☆通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

あられもない祈り 単行本 – 2010/5/13

5つ星のうち 2.6 31件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 780 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 518 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

凄まじい緊迫感と密度に圧倒され息をのんだ。
島本さんの地平はどこまで広がるのだろう。――山本文緒

火照った躰の内側から滲み出す愛の不毛と孤独は、私を虜にした。――行定勲(映画監督)

この小説を読むこと自体、胸をえぐられる恋愛をするのと同等だ。――西加奈子

早く読んでほしい。でないと、この物語はそれ自体が持つ熱に溶けてしまいそうだから。――青山七恵

〈あなた〉と〈私〉……名前すら必要としない二人の、密室のような恋――山本文緒・行定勲・西加奈子・青山七恵さん絶賛の至上の恋愛小説。読売新聞、毎日新聞でも話題になった島本理生の新境地!

内容(「BOOK」データベースより)

“あなた”と“私”…名前すら必要としない二人の、密室のような恋。島本理生の新境地。至上の恋愛小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2010/5/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309019811
  • ISBN-13: 978-4309019819
  • 発売日: 2010/5/13
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 794,127位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
僕は、某新聞社のインタビュー記事を読んで、買って読みました。・・・で、感想ですが、ご自身の気持ちも織り交ぜて書いていらっしゃるような気がしました。ご自身も「書きたいことを書いた」と記事の中で、おっしゃていました。が故なんでしょうね、あまり共感が得られなかったのは。でも、「私」の”病んでいる”感は、伝わりましたよ。リストカットの用い方は、(仮に事実だとしても)巷に溢れる安っぽい”不幸の記号化”に思えましたけどね。部分、部分で良い箇所も見受けられたのですが絶賛する程では、ありませんでした。でもアベレージで星が1つなのも低過ぎると思うので、レビューを書かせて頂きました。ただし、僕が書いたレビューは、読了した方に宛てた物であって、これから読もうと思う方は、それなりの読書量を要求されます。初心者の方などは、読んでも「何のコッチャ。」となる可能性は、大です。個人的に興味があるのは、「心の病」を抱えていらっしゃる方、もしくは、近しい人にそういう方がいらっしゃる方に、読んで頂いて、レビュー(賛否どちらでも構わないので)を書いて欲しいな、と思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私とあなたの密度の濃い恋愛に息が詰まりそうになる。私の家族関係、私と同棲している直樹との関係、あなたと共同事業者である妻との関係。濃密な愛の小説に息苦しさを感じる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
初めてこの作者の作品を読んだのですが、文章がキラキラしていて、
この人独自の言葉の使い方に、うまいなあとうならされました。

そこを楽しんで読んだので、他のレビューにあるように退屈では
なかったのですが、登場人物の魅力やストーリーの面白さと言われると・・・う〜ん。

主人公はじめ、登場人物の誰にも共感できないし、読み終えた後も
なんかスッキリしないのは確かです。

不倫相手の男とダラダラ関係を続けるのも、どうしようもない同棲相手の
男とズルズル別れられずにいるのも、だらしない母親から金をせびり
続けられるのも、物語としてアリと言えばアリなのですが、
描き方が通り一遍で、どこかで読んだような感じがして、正直、
文章のうまさがなければ、陳腐だなという印象を受けるような気もします。

こういう題材で書くのなら、もうちょっと心がヒリヒリするような物語を読みたいです。
読んだ後にしばらく頭から離れないような。

でも、この人の文章はいいなと思ったので、評判のいい他の作品を
読んでみようかなという気持ちになりました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ru-ru 投稿日 2010/6/13
形式: 単行本
主人公が繊細なのか勝手なのか最後までよくわからなかったがとことん共感できない内容だった。
主人公の面倒くささが終始イライラさせる感じで最後まで読むのがしんどかった。
疲れてるときにはあまり読まない方がいいです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amiria77 投稿日 2010/7/1
形式: 単行本
絶賛されていたから期待が大きかったのもありますけど裏切られた気分です。
生活力のない母に金銭面で苦労をさせられるヒロインには同情するものの、なにかしら救いが欲しかったです。
家族愛もだめ、恋愛においても一方は心中をせまる男、もう片方は不倫で行き詰っている。ヒロインも意思の強さがなくどっちつかずでぶらぶらしている。それら登場人物達にリアリティがあるかというと無いですし、始終夢の中にいる感じがしました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分とはかけ離れた世界観、恋愛観が語られているような本だから
感情移入はできなかった、かな。

登場人物に「私」を投影して楽しむ恋愛小説としては、イマイチかも。

直接的なことばで、わかりやすい展開をしていくものが多い中で、
緻密にことばや展開を文章に織り込んでいったり、登場人物の感情の変化や揺れ動きに上手く文体を変えていったりするあたり、
なんだか、考えさせられる気がして、個人的には良かったです。

きれいな文を書ける人が不確かな文を入れるあたり、そこに何が込められているのか感情の機微を探ってみたい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 主人公の相手は妻のあるだいぶ年上の男性である。
この男性との出会いの経緯や、好きになった理由は書かれていない。
ただ主人公の心象風景の描写が延々と続いており、
これと言った場面の打開や解決も提示されてなく、読み続けるのが退屈だった。
小説とはこんなにつまらないものか、と失望した。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー