¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あやしい探検隊 北海道物乞い旅 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あやしい探検隊 北海道物乞い旅 単行本 – 2011/9/26

5つ星のうち 2.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 120

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あやしい探検隊 北海道物乞い旅
  • +
  • あやしい探検隊 北海道乱入 (角川文庫)
総額: ¥2,030
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アヤシキことでやり残したことがあったのだ、と気付いたシーナ隊長は隊員とドレイを招集。北海道物乞い(お貰い)旅への出発を宣言した! 相変わらずのバカ旅に大笑いとたまに感動あり。13年ぶりのあやしい探検隊!

内容(「BOOK」データベースより)

あやしきことでやり残したことがあったのだ、と気付いたシーナ隊長は急きょ隊員とドレイを招集。北海道へ極貧・自給自足旅の出発を宣言した!静内、厚岸、野付に斜里、知床、岩見沢、小樽、余市…。うまいコメにでっかい牡蛎、毛ガニが乱舞し、サカナも大漁。もちろん酒も忘れずにな。あっちこっちで恵んでもらい、キメのセリフは「おありがとうござい」だ。順調なお貰い旅の行方はしかし、順調すぎて予想外の結末に!?酔いどれオヤジたちによる行き当たりバッタリなバカ旅ぶりは健在!大笑いたっぷりと(たまに)感動間違いなし。帰ってきた本家「あやしい探検隊」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 203ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048741691
  • ISBN-13: 978-4048741699
  • 発売日: 2011/9/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 260,679位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「わしらは怪しい探検隊」(角川文庫1982年)から椎名ワールドを堪能しているけれど、この本だけはちょっと待った!!!
きっと著者も気づいていると思うけれど、なーんにもおもしろみのない世界。
ワクワクもしないし、ドキドキもしないし、そもそもなんでこれが本になりうるのか!!責任者でてこーい!と言いたくなる内容です。

物乞い旅と言うから、奇想天外の事件もありそれはそれはおもしろくて夜も寝れません、という内容かと期待したけど、車で楽チンチンの旅で、事前に行き先には連絡が入っているものだから、酒あり肴ありと大いに歓待してもらったのだー、という読み手にはなーんにもおもしろくもなんともない。親切にしてもらって大人の友情っていいわねー、というだけの話です。

ちょと苦言になってしまったけれど、椎名ワールドの特に初期の作品「探検隊シリーズ」のみならず「岳物語」や、「銀座のカラス」などは名作中の名作であるので、この本だけが星二つ!!だと理解してください。(ホントは星ひとつにしたかったけど、30年来のファンなので情が出て星ふたつです!)
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
初めて「わしらはあやしい探検隊」が刊行されてからはや30年以上が過ぎ、当時の悪ガキオヤジ一行もすでに還暦を越えた。
その間に出会い、知り合った人々は日本全国数知れず。
そういった人間同士の繋がりもまたあやしい探検隊の副次財産なんだろうけれど、それにしても本書は、、、。
他の人もレビューしているとおり、単に「どーだうらやましいだろ、自分たちはこれだけの信奉者をあっちこっちに持っているんだぞ」みたいな鼻高々感が行間からちらほら見え隠れしてしまうのは何とも残念。
所詮は読者がひがみ根性で受け取るかどうかの問題さと言ってしまえばそれまでなのだが、初期の(良い意味で)破天荒集団だったあやしい探検隊を知る人間としては、もうこれでこのシリーズも終結させたほうが良いと思えてしまう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kln 投稿日 2011/10/24
形式: 単行本 Amazonで購入
往年の怪しい探検隊のメンバーも歳を取る。だからあの時代の無謀さ、自由奔放さ、探検心だってそれなりに落ち着いていく。現在にそれを望むのは年を重ねた者の我が儘なんでしょう。著者があとがきで触れているように、これは殆ど嘗て築いた人間関係による接待旅行。なんだか思いで巡りをしているようで、こうして怪しい探検隊も終わっていくのだなあと感慨深いものがありました。初めて怪しい探検隊を読む方は、最初の方のシリーズから始めて、この作品は最後の方に取っておくのがよいのかなあと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
椎名氏もあとがきで書いていますが、この本は「タイトルに偽りあり」です!?
でもそれを承知で読めば腹も立たないでしょう……
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
知り合いを頼りに、苫小牧から余市のシーナ宅まで向かう「あやしい探検隊」の物乞い旅。
「物乞い」と言えば、路上などで物を恵んでらう、ひもじくて惨めなイメージだが、今回の旅は、高級食材テンコ盛り、飲めや歌えやの飽食三昧の旅なのだ。
「一生で一度でいいから、こんな旅してみたいなぁ〜。」、「厚岸でお腹いっぱい牡蠣たべたいなぁ〜」、「あぁ、旨いもの食べたい〜!」と思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告