通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あやかし恋古書店~僕はきみに何度でもめぐり逢う~ ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

あやかし恋古書店~僕はきみに何度でもめぐり逢う~ (TO文庫) 文庫 – 2016/6/1

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あやかし恋古書店~僕はきみに何度でもめぐり逢う~ (TO文庫)
  • +
  • 黄昏古書店の家政婦さん ~下町純情恋模様~ (マイナビ出版ファン文庫)
総額: ¥1,455
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

胸がきゅんとして泣けた。
(ジュンク堂書店新潟店 本間様)

ドSなツンデレ店主×傷心の元書店員
惹かれあう二人の過去には秘密があって……?

元書店員の紗月が働き始めたのは、妖怪が集まる古書店!? その上、ドSツンデレな店主・影野には、何やら秘密があるようで……? 甘くて不思議な恋愛小説 【文庫書き下ろし】


【あらすじ】

恋破れ、故郷の新潟に帰った紗月。元書店員の彼女は小さな古書店で働き始める。ところが、そこは妖怪が集う「あやかし古書店」だった!? 無愛想でドSな店主・影野と共に絵本や小説で妖怪たちの悩みを解決するうちに、紗月は影野の優しさに惹かれていく。ある日、彼の書斎から、紗月の名前が記された古い絵本が出てきて……? 二人の過去に秘められた運命とは? 一途な想いに涙がこぼれる、甘くて不思議な恋愛小説【文庫書き下ろし】


楽しく読ませていただきました。影野と紗月とあやかしのやりとりにほっこりしつつ、最後はボロボロと泣きました。『約束だよ、忘れないで』の言葉が切なくて温かくてキュンときました。
(ジュンク堂書店新潟店 本間様)

自分の想いが大切な人の運命を変えてしまうとしたら……と、最後の1Pを読み終えるまでドキドキしっぱなしでした!
(アミーゴ書店洛北店 葛西様)

ドSな店主に振りむいてもらう為に奮闘する紗月を応援したくなります!!読んだこと、聞いたことのある「名作絵本」もたくさん出てきて、本好きにはたまらない作品だと思います。
(BOOKEXPRESS Dila大宮店 高久様)

忘れてしまった過去と彼の秘密。全てが繋がるラストこそが物語の見どころでありスタートです。
(MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 高見様)

ラストで明かされる、「約束」という言葉の意味と想いを理解した時、その想いの切なさとあたたかさに最後は泣きながら夢中で読み進めていました(笑)
(くまざわ書店若松店 中村様)

恋ってあやかしみたいだな。論理的に説明できないけど、人を強くするのが恋心。主人公とあやかし達が、何かを誰かを一途に想う恋の大切さを教えてくれるオススメ本です。
(喜久屋書店千葉ニュータウン店 堀様)

内容(「BOOK」データベースより)

恋破れ、故郷の新潟に帰った紗月。元書店員の彼女は小さな古書店で働き始める。ところが、そこは妖怪が集う「あやかし古書店」だった!?無愛想でドSな店主・影野と共に絵本や小説で妖怪たちの悩みを解決するうちに、紗月は影野の優しさに惹かれていく。ある日、彼の書斎から、紗月の名前が記された古い絵本が出てきて…?二人の過去に秘められた運命とは?一途な想いに涙がこぼれる、甘くて不思議な恋愛小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 284ページ
  • 出版社: TOブックス (2016/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864724970
  • ISBN-13: 978-4864724975
  • 発売日: 2016/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 65,107位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
小さな頃は見えていたものが、大人になると見えなくなっていく。
それをよく表している物語だと思いました。

十歳までの記憶がない紗月がある日故郷に戻ろうと決断する。
それは実は妖怪たちが引き合わせた「縁」で――
ちょっとした神隠し的なフシギ要素のある入り口です。
(紗月の「記憶」が物語の鍵になっています)

本好きの紗月は見たことのない古書店を発見する。
働きたいと懇願すると着物姿の美しい(でも無愛想な)店主に
最初は断られるも、なんとか働かせてもらうようになり
2人で過ごすうちに次第に惹かれていきます。
(2人のやりとりがラブコメという感じで面白いです)

店主と一緒に客にお薦めの絵本を「処方」してあげるうちに
紗月は「視える」ようになり、来客の多くが「あやかし」であることに驚きます。
(懐かしい絵本がたくさん出てくるのが良かったです)
妖狐、狛犬、猫又、蛍など、個性的で優しいあやかしに出逢ううちに
「記憶」を取り戻し、大事なことを思いだしていく。
でも一方で、大切な「誰か」との別れが近づきつつあり――

なぜ記憶を失っていたのか
あやかしが視えるようになったのか<
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
サブタイトルの意味はラストをめくり二度読みしてからこそ実感する。
最後まで読んでそう思いました。久々のお気に入り小説です!
古書店で起きるひとつひとつの小話にもジーンとするエピソードがあり
絵本に込められたギミックがきいていて読み進めるのが楽しみでした。
記憶を失うことになった背景を考えると、何度でもめぐりあい恋をすることを
選んでしまう二人は本当に運命の中の運命なんだなと思いました。
生きる時間が違うからこそ、一瞬は永遠であり、永遠は一瞬でもある。
そこに作者のメッセージを感じました。
たとえ記憶がなくても心で繋がり合える約束を、二人は交わしていて
目に見えない愛を大切にしていたかったんですね。
主人公の境遇と彼の純粋な思いを知った時は胸が締めつけられました。
切ない。苦しい。でもすごく温かい。希望がみえるラストも好きです。
久しぶりにジワっと泣きたくなる恋物語に出逢いました。
また私もこんな物語にめぐり逢いたいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
店主のツンデレっぷりがいい!
ツンしたあとのデレが可愛い。これが王道ツンデレって感じです!
話にツンデレ要素は重要じゃないですが、これもこの本の魅力だと思います。
ツンデレにはまります。

本のタイトル「何度でもめぐり逢う」っていうのが読み始めはわかりませんでしたが、最後の結末で納得しました。
うん、この結末で良かった。
恋愛小説の最後はやっぱり幸せになって欲しいので、この終わりで良かったと思います。

主人公の紗月のしゃべり方が本の中で統一されてないように感じました。
また、他の方も書かれていますが終わりが駆け足ぎみになっているよう思いました。
それでも、ストーリーが良く、なんと言っても店主のツンデレに惚れたので★5としました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 にゃおん。 投稿日 2016/10/10
形式: Kindle版
途中、新古今和歌集は違うだろう。と、立ち止まりましたが、読み始めて止まることなく一気読みしました。恋はあやかしなのかもしれない。読みながら思い、「約束だよ、忘れないで」って言葉が切なくて、切なくて…。どうにかならんもんかと、胸がいたくなりました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
新潟の田舎町にひっそりと存在する妖(あやかし)絡みの古書店が舞台の物語。
設定に惹かれて購入しました。

各章ごとに紹介される絵本など、名前は知っていても読んだことのないものが殆どで興味深かったです。
謎の多い寡黙な店主や古書店に勤めだしてから係わりを持つことになった妖達も魅力的。

それなのにストーリー展開とラストが早い段階から読めてしまったのは残念。
なんだろう・・面白いけどどこかで読んだ感が最後までありました。
これは最近よくあるネット小説の書籍化なのか?と思わず確認してしまったほど。

さらにヒロイン紗月に親しみを感じる前に物語が終わってしまった感があります。
ストーリー自体、途中迄まったりと展開していたものが後半一気に進んだせいで勿体ないところが色々。
影野の言動が後半唐突に変わって驚いたけど一巻完結なら仕方ないんでしょうね。
個人的に影野が紗月を恋い焦がれる理由が今一つ理解できなかった。

この作品を読んで大満足の方も居ますし、こればかりは作品との相性なのでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック