¥2,200
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
あめつち分の一 (コスモス叢書 第 1158篇) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

あめつち分の一 (コスモス叢書 第 1158篇) 単行本 – 2019/9/4


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/9/4
¥2,200
¥2,200 ¥1,998

本まとめ買いクーポン
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

青春を駆け抜け、なお今も青春の中にいる島本ちひろさん。〈あめつち分の一〉の小さな自分の命をいとしみ、広い〈あめつち〉の中を自由に往き来して、優しい、悲しい、懐かしい、微笑ましい歌を詠む人である。一首一首の歌が、一つ一つの物語のような味わいがあって楽しい。(高野公彦) ・足先をくすぐりあって駆けだして巨きな夏を君とよこぎる ・春風と呼ばれて風は嬉しくてしだれ桜にさわって笑う  ・蛍にもあらいぐまにも桜にもならずに私の子になった君  ・離れてもりんごはりんごの樹を思う空の向こうのふるさとの樹を ・当然のように黙ってついてくる影よわたしの影でごめんね 

著者について

1990年生まれ。奈良県奈良市出身。東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。2013年、祖母にすすめられて「コスモス」に出詠を開始。2014年O先生賞受賞。2016年より結社内同人誌「COCOON」に参加。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 155ページ
  • 出版社: 六花書林 (2019/9/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4907891881
  • ISBN-13: 978-4907891886
  • 発売日: 2019/9/4
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,283,318位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう