通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品: 良い | 詳細
発売元 T.T.-BOOK
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。丁寧な検品、発送を心がけております。迅速に対応し、アマゾン倉庫より毎日発送します。状態説明に錯誤等ある場合は、ご連絡いただければ対応させていただきます。ラベルは剥がれやすいシールを使用しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あぶない叔父さん 単行本 – 2015/4/22

5つ星のうち 3.2 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 285

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あぶない叔父さん
  • +
  • さよなら神様
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

犯人はまさか、あの人!? 常識破りの結末に絶句する「探偵のいない」本格ミステリ! 四方を山と海に囲まれ、因習が残る霧ヶ町で次々と発生する奇妙な殺人事件。その謎に挑む高校生の俺は、寺の離れで何でも屋を営む人畜無害な叔父さんに相談する。毎度名推理を働かせ、穏やかに真相を解き明かす叔父さんが最後に口にする「ありえない」犯人とは! 本格ミステリ界の奇才が放つ抱腹と脱力の連作集。

内容(「BOOK」データベースより)

鬱々とした霧が今日も町を覆っている―。四方を山と海に囲まれ、古い慣習が残る霧ヶ町で、次々と発生する奇妙な殺人事件。その謎に挑む高校生の俺は、寺の小さな離れに独居してなんでも屋を営む、温厚な叔父さんに相談する。毎回、名推理を働かせ、穏やかに真相を解き明かす叔父さんが、最後に口にする「ありえない」犯人とは!常識破りの結末に絶句する「探偵のいない」本格ミステリ誕生!!年間ミステリ・ベスト10常連の奇才が放つ、抱腹と脱力の問題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 310ページ
  • 出版社: 新潮社 (2015/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103391510
  • ISBN-13: 978-4103391517
  • 発売日: 2015/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,459位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
あまりにも好きすぎる作家さんなので、当初の期待が大きすぎました。某有名探偵を彷彿とさせる容姿のおじさんが、その純粋な優しさ故(?)いろいろな事件を起こしている(回もあればそうでもない回もあったり)作品。短篇なので、一つひとつが独立したお話しだけれど、これはおじさんの仕業なのか、はたまた違うのか、というただそれだけのこと。最後に大きな仕掛けでもあるのか、と期待はしてみたものの…。次回への布石なのか?せめてそうであって欲しいというただそれだけです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一話目のオチに、辻褄も何もかもふっとび、度肝を抜かれました。
ただ、このもって行き方は決してキライではないです。
これならこれで、二話目から先も、どんどん突っ走った、理屈抜きでのトンデモ話を読めるかと期待したぐらいです。

ただ、この先は、どうにもトーンダウン気味で、読後は「なんだかなあ」と、もやもやした感覚に包まれてしまいました。
 
「叔父さん」のキャラや、登場人物の高校生の人間関係も、突拍子もないぐらいの際立った設定だったほうが、むしろ「抱腹」できたかもしれません。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
麻耶氏の新たな探偵キャラによる連作短編集である。表紙のシルエットの伯父さんは又吉だ。
最近いまいち小粒な技巧だけの連作短編作品が続いている麻耶氏だが、本作もその路線の作品だが、かつての人気シリーズの鬼畜探偵のメルカトル鮎の短編集の延長線上にある作品と言える。
全ての事件で悪意のないまま、探偵役が事件の中の殺人に関わっているという麻耶氏らしい推理小説における探偵の意義をおちょくる人を食った作品だ。
これは別にネタばれではなく、最初の作品を読めばこれはこういう趣向に拘るんだなと分かる。
これだけ過失とはいえ、殺人をしておいて、最後は何かイイ話で終わるという一種のブラックコメディみたいな趣向。
最近の麻耶氏の出した作品としては、最もストレートに楽しめるテイストである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
麻耶さんの作品を色々読んで来ましたが。

確かに此方は小品かもしれません。
さほど大きなトリックも無いですし。
舞台設定もなんだかなあですし。

…なんですが、この叔父さん探偵(というか事件創出者というか)のキャラクター、やはり嫌いじゃないです。

貴族探偵も隻眼探偵も良かったですが、そもそもおっとり系天然キャラの破壊力って、最高級と思うんですよ。

おっとり天然女子とシッカリ者突っ込み男子、という関係性に安易に逃げ込まず、叔父と甥という関係性で天然キャラの不条理さを本格推理小説の中で成立させてるから麻耶さん凄いな、と。

なもんで、コレは数ある麻耶作品の中でも、割りとファン必読の書なのではないかと思った次第です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「あぶない叔父さん」が探偵役の短編集で、麻耶さんの本で、
ときたら『さよなら神様』のような「ダークな面白さ」を
期待しますよね。
で、本作。まず、第一話のオチで愕然とします。
ダークと言えばダークなんですが・・・まあとにかく
愕然とします。悪い意味で。
但し、「普通は丸々一冊のラストに来てもおかしく
ないこのバカオチが第一話で来ちゃって、この先どんな展開に
なっていくんだ?」という興味も湧いてきます。
で、ワクワクしながら最後まで読み終えた感想は「何も
終わってない。何も展開しない。もしかしてこれは上巻で、
下巻が後で出るの?」でした。
叔父さんの正体とか、いくつかの伏線とか、全く触れられない
まま普通に終わります。

というわけで、大好きな麻耶さんの本ですが、星二つと
させていただきます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告