あの頃映画 松竹DVDコレクション 「お早よう」 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品で特典等は付属していないのでご了承下さい)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あの頃映画 松竹DVDコレクション 「お早よう」

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,854 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,170 (39%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,854より 中古品の出品:4¥ 1,238より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • あの頃映画 松竹DVDコレクション 「お早よう」
  • +
  • あの頃映画 秋刀魚の味 [DVD]
  • +
  • あの頃映画 松竹DVDコレクション 「彼岸花」
総額: ¥5,672
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 佐田啓二, 久我美子, 笠智衆, 三宅邦子, 杉村春子
  • 監督: 小津安二郎
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2013/07/06
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00C2DX77Q
  • JAN: 4988105066632
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 65,919位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

<あの頃>映画は、映画だった
小津安二郎作品計20タイトル(初単品化含む)が、"あの頃映画 松竹DVDコレクション"(各2,940円)に登場!

◆「あの頃映画 松竹DVDコレクション」第3シリーズ
様々なアプローチで旧作タイトルをリバイバルリリースした好評企画が帰ってくる!
今回も松竹ならではの名作が勢ぞろいしたラインナップ。
2013年5月から12月まで初DVD化、初単品化、既存発売作品ともにお求めやすい価格で発売。

≪あの頃映画 松竹DVDコレクション≫
映画会社松竹ならではの大作映画、こだわりの映画、良質映画の数々を、今だからリバイバル。名監督・名優たちが活躍したあの頃の映画を、ご自宅で気軽に楽しめるDVDコレクションとして、100本を超える充実のシリーズラインナップでお届けします。
2013年5月より、第3シリーズを展開!
◆初DVD化作品がいきなり、セル2,800円(税抜)! !
◆既発売タイトルも、セル2,800円(税抜)に価格改定! !
今月は小津安二郎監督作品を20タイトル一挙発売
◆第3シリーズの発売を記念して「あの頃映画」キャンペーン実施!
3枚買って、1枚もらおうキャンペーン! (2013年12月末応募締切予定)
対象商品を3枚買うと、小津作品ほか対象タイトルからお好きな1枚をプレゼント!

<ストーリー>
新興住宅地に住む林一家。この新興住宅地に住む子供達の間では奇妙なおなら遊びがはやっていた。
子供達の最大の関心事は、まだ出始めたばかりのテレビである。林家の実、勇兄弟もテレビを見る為に、勉強そっちのけで近所に出かける毎日だった。
ある日、両親にテレビをせがんで、叱られたことから、この兄弟は誰とも口をきかないというだんまりストを決行することにする。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

名匠・小津安二郎監督が描く人情コメディ。林一家の住む新興住宅地の子供たちの関心事はまだ出始めたばかりのTV。TVが欲しい兄弟たちは、両親にTVをせがんで叱られたことからだんまりストを決行する。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この1959年に公開された作品は戦後の小津映画の中でも、一番明るくて楽しくてユーモアに溢れているのではないだろうか。
ストーリーはなんとも他愛なく、小さな新興住宅街で起こる大人達の小さな揉め事とその子供達のいたずらをコミカルに描いた作品だ。
しかし、子供の話と大人の話を交互に見せながらも、どちらにも比重を傾けずに絶妙に計算され尽くしたバランス感覚で描いていくところが見事だ。
どちらのシーンも同様に扱いながら、むしろ些細な事からわだかまりを募らせる大人たちの人間関係の方を馬鹿らしく描いているところがミソでもある。
オナラを自由自在に出す事に一生懸命になったりする子供のシーンで笑わせておきながら、その後で大人の馬鹿馬鹿しい行いも同時に笑わせてしまう辺りの物語の運びも上手い。
相変らずの見事な写真の如くの完璧な構図が、この何処にでもある一般庶民の新興住宅街の風景を格調高い特別な映像に作り変えていると思う。
ラスト辺りで、念願のテレビを買ってもらった喜びでいきなりフラフープを回す次男の映像が僕にとっては1番印象に残る。
久我美子、笠智衆、三宅邦子、杉村春子、沢村貞子などの役者が揃っているが、やっぱり子供には勝てないってことかなあ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
多摩川べりだろうか、同じ形の文化住宅が立ち並ぶ、お近所さんたちの物語。奥さん連中が近所のうわさ話をどう作っているのか、近所づきあいの難しさ。
もうひとつのテーマは、題名にもなっている「お早う」。TVが世の中に広まり始める頃で、隣に住む、池袋のキャバレーで働いていた若い二人の家にTVがあり、近所の子どもたちは学校から帰ると英語の勉強に行くと言って、TVの相撲中継を視に行く。これに怒った親に対し、子どもはTVを視たいからだ、TVを買ってくれ、と駄々をこねる。親は子どもたちに無駄口をたたくなとしかるが、子どもは、大人も挨拶や天気話なんか無駄話をしているじゃないかと反論。それで子どもたちが親に対して出た作戦とは...

文化住宅の立つ地点から、上方の土手を見上げる。文化住宅の家並の間に映る土手の一部を、子どもたちが学校の行き帰りに通る姿をとらえたアングルは極め付き。兄弟の子役がいいが、お母さん役の三宅邦子もいい。
モーツァルト風で始まる音楽は黛敏郎。本作にピッタリの音楽で、さすが黛敏郎と感じ入った。素晴らしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ほんと 大人になると 一番大事なことは 言葉に出せなくなってしまう、
劇中で何度も次男に言わせるセリフ 「アイ・ラブ・ユー」
そしてラスト電車を待つ あの二人の天気の会話・・・
オズ、恐るべし
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
小津にしては、軽いユーモアもあり、小津様式が鼻につかない程度に発揮されていて、楽しく見ました。周防監督が勧めて、いたのもわかります。小津ファンはもちろん、皆さんにお勧めです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色々意味はあるのでしょうが、オナラを伏線に据えるとは流石監督。
例の如く脇役も上手い方ばかり。
長屋紳士録に続いて大好きな殿さんも出演。
驚いたのは、あの泉京子さんが出演されていたこと。
この方、東京暮色に一瞬映りますね。仕出だったのでしょうか。
それに弟の I love yo は秀逸。
この子は「名もなく貧しく美しく」でも好演していました。
テレビに対する大宅壮一の名言もありますね。
サイレントの「生まれてはみたけれど…」の焼き直しの感もしますが、
全く別物として観た方がいいかもしれません。
小津映画では当作の三宅さんが一番好きです。
理屈抜きに笑って観ましょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告