あの頃映画 「226」 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あの頃映画 「226」 [DVD]

5つ星のうち 3.4 49件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,040 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 984 (33%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,040より 中古品の出品:4¥ 2,480より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ226¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • あの頃映画 「226」 [DVD]
  • +
  • 日本のいちばん長い日 [DVD]
  • +
  • 日本のいちばん長い日 [東宝DVD名作セレクション]
総額: ¥6,566
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 萩原健一, 三浦友和, 南果歩, 名取裕子, 竹中直人
  • 監督: 五社英雄
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • 発売日 2011/12/21
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 49件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005QIYSEK
  • JAN: 4988105063334
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 32,042位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

1500名の兵士と陸軍将校22名。 日本を変えようとして決起した青年たち。 妻や子と別れたその日、昭和11年2月26日は朝から激しい雪だった・・・・・・
昭和11年帝都東京を震撼させた「二・ニ六事件」の史実を、オールスターキャストにより空前のスケールで映画化!

●「あの頃映画 松竹DVDコレクション」対象 第二弾 今なら判る!硬派、社会派、大作ドラマセレクション
●1936(昭和11)年の「二・二六事件」を壮大なスケールとオールスターキャストで描いた大作!
●情念の世界と迫力ある映像で定評の五社英雄監督による執念の演出が、歴史的証言の枠を超えた人間群像ドラマを生み出た!
●原作・脚本は『肉体の門』(1988)の笠原和夫、撮影は『利休』(1989)『豪姫』(1992)の森田富士郎がそれぞれ担当。
●萩原健一、三浦友和、竹中直人、本木雅弘、渡瀬恒彦・・・・出演者は、男女ともに文字通りのオールスターキャスト!


製作年 1989年


二・二六事件は、1936年(昭和11年)2月26日-29日に、日本において、陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こした未曾有のクーデター未遂事件である。


あの頃映画 松竹DVDコレクションとは?
映画会社松竹ならではの大作映画、こだわりの映画、良質映画の数々を、今だからリバイバル。名監督・名優たちが活躍したあの頃の映画を、ご自宅で気軽に楽しめるDVDコレクションとして、100本を超える充実のシリーズラインナップでお届けします。2011年11月より、5か月連続で展開!


:この商品は、既発商品と同内容になります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

昭和初期に起こった歴史的大事件を豪華キャスト共演で綴ったドラマ。昭和11年2月26日に皇道派の青年将校が決起し、当時の元老や重臣らを襲った二・二六事件の背後に隠された知られざる悲劇を描く。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
本作は1989年、平成元年公開ですが、実際の撮影は昭和63年となります。
つまり昭和天皇が体調を崩され重篤なご病状という状況で撮影・制作されました。

脚本は東映の「仁義なき戦い」、「二百三高地」、「大日本帝国」の脚本で知られる名脚本家、故・笠原和夫氏です。
この作品の評価として、「ストーリーがイマイチ」との意見も有りますが、実は以下のような理由があります。

本作は、「昭和天皇の弟宮である秩父宮殿下が、蹶起(反乱)軍に同情的で、昭和天皇が蹶起軍の願いを聞き入れない場合、
秩父宮殿下が、蹶起軍の青年将校に担がれて、最終的には昭和天皇にとって代わって即位しようとする動きが有った」という仮説を、
笠原氏はかなり緻密な取材を重ねたうえで、「真実である」という判断を下し、まさにそのような脚本を仕上げたのです。

しかし、「昭和天皇のご病状が重篤な時期にその様なストーリーが許されるのか?」という制作会社のトップの判断で却下されました。
(恐らく昭和天皇のご体調が健常であっても、却下されたと思いますが。)

上記の理由から、笠原氏はすっかりやる気を失ってしまい、事実を時系列で並べただけの「味気のない」ストーリーになってしまった、
という背景があります。
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
確かにキャストは豪華だ。戦前の東京の町のセットもすごい。だが、肝心の「思想」がない。

映画の中で、青年将校たちが命をかけて決起し、そして「昭和維新」に失敗していく過程で思い起こすのは自分の妻と家族のことばかりだ。
投降命令が出た時も、またラストで処刑される際に映し出される遺書の内容も、彼らが「国体」以上に思慕するのはみな自分の「家族」だ。

将校たちは、なぜ、あるいは何のための決起したのか。その思想的背景は映画の冒頭で短く語られるだけで、その後、映画のテーマとしては後景に退けられる。

もし、「家族愛」の物語を描きたかったのならば、「2・26」というこの題材はふさわしくない。「思想」なき「2・26」事件は単なる「戦争映画」の変形にすぎない。そして、映画が「思想」を描くことができないならば、映画は決して「歴史」を描くことも出来ないだろう。

製作者たちは、この映画を作るにあたり、きちんと事件の思想的背景を勉強したのだろうか。多分、していないだろう。そのことは、やたらと「形式美」を重視した演出と、そして何のテーマ性も感じられない無味乾燥なタイトルのつけ方に象徴されている。

「美学」ではなく、青年将校たちを突き動かす「思想」の具現化こそが、「2・26」事件を扱った映画には必要だ。

映画としてのフィクションが必要ならば、そのような「思想」を描くうえにおいてこそ必要だと思う。
コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
こういった実在の事件を扱った邦画では、事件そのものを忠実に映画化したのではないかと思う。
私は日本近現代史の専門家ではないが、ある程度この時代を扱った書籍を読んでいる。
その上でこの映画は忠実に作っている事は理解できた。
他のこの事件を扱った映画と比較すると、見終わった感はモヤモヤしたものですが、それは、この映画が
登場人物の内面にフィクション、推察を含めて過度に踏み込んでいないが為に、感情移入が難しいからではないかと思う。
しかし、上記の事も映画においては重要な要素であるとも思うので、何とも言えない。
その為上記の評価とした。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
なぜ、226が起きたのか、どのような経過を得て収拾されたのが
これでは解らない。
アクションだけという感想です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
この映画、とても好きでもう何十回となく見てるんだけど
じゃぁ映画として完成度が高いか? と言われるとそれは話が別。

いろいろ理由はあるけど、一番ヘンなのは
クライマックスの「原隊復帰命令」シーン。

どう考えても主題にそぐわないメロウな音楽が流れる。
それもフルコーラス。んでストーリーに無関係な各兵士の個人的な回想画像が流れる。
これはおかしい。一体何考えてこんな場面にしたんだと思わざるを得ない。

だって、音楽の調子がどう聴いても「何かをうまくなし得た」とか
「恋がうまく成就した」みたいな雰囲気のものなんだもん。ヘンだよこれは。
それに回想内容が革命とな〜〜んも関係ないじゃん!!
いや、曲自体はスゴクいい曲なんですよ。でも、作品の主題と全く合ってないし
何よりもこの骨太な映画のクライマックスでこの曲かよ!というのが一番だな。

あと、ホントに226事件のことを理解してんのか? って思うほど
226事件を美化しすぎてる。実話はこんなカッコいい事件じゃないだろが(笑)!!

いや、僕はどっちかっていうと右派の人間なんだけど、その自分的に見ても
この映画の226事件の描き方はヘン。実話を
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す