あの頃映画 「吸血鬼ゴケミドロ」 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆こちらの商品はレンタルUP品になります~ケース新品交換済です♪(パッケージにレンタルシールが貼付してあります/ブックレット等は付属しておりません)盤面に僅かに薄い小キズが見られますが再生には支障ありません~再生確認済みです♪プチプチ包装にて発送します♪(^-^)v
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あの頃映画 「吸血鬼ゴケミドロ」 [DVD]

5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,964 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,060 (35%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 1,964より 中古品の出品:3¥ 1,229より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • あの頃映画 「吸血鬼ゴケミドロ」 [DVD]
  • +
  • マタンゴ  [東宝DVD名作セレクション]
  • +
  • フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ [東宝DVD名作セレクション]
総額: ¥5,890
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 吉田輝雄, 佐藤友美, キャッシイ・ホーラン, 高橋昌也, 金子信雄
  • 監督: 佐藤肇
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • 発売日 2011/11/23
  • 時間: 84 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005JQHQYI
  • JAN: 4988105063020
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 46,149位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

今までのホラー映画は、ゴケミドロの模倣に過ぎない!
地球外生命体の吸血生物ゴケミドロの想像を絶する恐怖を描いた傑作SFホラー!


●あの「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノが影響を受けた伝説のホラー映画が鮮やかに蘇る!
●あの「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノが影響を受けた伝説のホラー映画が鮮やかに蘇る!

【特典映像】●オリジナル劇場予告編●高 英男インタビュー●鷺巣富夫(うしおそうじ/ヒ゜ーフ゜ロタ゛クション社長)インタヒ゛ュー●カウチ・コメンタリー(樋口真嗣×みうらじゅん)●劇場公開時宣伝スチール集


あの頃映画 松竹DVDコレクションとは?
映画会社松竹ならではの大作映画、こだわりの映画、良質映画の数々を、今だからリバイバル。名監督・名優たちが活躍したあの頃の映画を、ご自宅で気軽に楽しめるDVDコレクションとして、100本を超える充実のシリーズラインナップでお届けします。2011年11月より、5か月連続で展開!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

数々の映画監督に影響を与えた異色SFホラー。羽田を飛び立ったジェット機が空中でまばゆい光を放つ謎の飛行体と遭遇し、山中に不時着。奇跡的に生き残った乗客は岩陰に着陸しているUFOを発見するが…。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 昭和40年代後半TVで何度も放送され高英男の顔立ちで少年達にトラウマと恐怖心を残した作品だと思います。改めてみると高英男よりも生き残った乗客達の行動の方が余程怖い。金子信雄は上手いですね。結構見入ってしまいました。恐らく子供心には乗客達の行動やエンディングまで全てが怖かったのかもしれません。大人向けホラーとでも言うべきでしょうか。今でも、いや今だからこそ十分楽しめる映画だと思いました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まめ蔵 VINE メンバー 投稿日 2015/10/10
Amazonで購入
液体エイリアン、ゴケミドロに寄生された俳優さんの演技とライトの演出は
今見ても十分恐いが、隔離された空間での人間のエゴと狂気の行動が
中々リアルでより怖い。出演者は皆個性派で濃い、
女優陣は妙に色っぽいし。
役者の力量で今では再現出来ない作品だと思う。
一見の価値アリです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
知る人ぞ知るカルト日本映画の決定版!空飛ぶ円盤(UFOという言葉は出なかった)遭遇により不時着した旅客機での醜いサバイバルというストーリーの「宇宙大怪獣ギララ」に続く松竹SF特撮映画。

ホラーとして紹介されることも多いですが、それは宇宙人による侵略SFであるにもかかわらず、話の中心である宇宙生命体のゴケミドロが人間に乗り移って次々に血を吸うという展開が、まさしく怪奇映画そのものであるためです。

この宇宙人に憑依された、額の割れたメイクの高英男の表情が怖い!!
この映画で真っ先に思い出されるのが、額の割れた高英男とゴケミドロが乗り移るシーンです。
見直したら、それは数シーンだけなのに、印象ではその場面のイメージだけが強烈に残っていました。

そして、タランティーノがリスペクトしたという真っ赤な空、円盤のオレンジのまばゆい光、極彩色のライティング、一人ひとり犠牲になる乗客たち、暗いストーリー展開、救いのないラストとともにトラウマ必至!!

個性的な俳優陣もいい味を出しており、演技合戦も見もの。
ヒロインの佐藤友美の端正な顔立ちも美しいですが、唯一の外国人出演者、キャッシー・ホーランのエピソードにはベトナム戦争批判が盛り込まれており、この人は「昆虫大戦争」でもその役目を担って
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
子供の頃、何気なく観たTVでコレをやっていました。
高英夫さんが宇宙人に憑依され、額がバカッと割れ、そこにヌルヌルッと宇宙人が入り込むシーンは本当に気持ち悪かったです。高さんの顔立ちが綺麗でしたので、尚更不気味さが際立っていました。
特撮シーンについては皆様が書かれている通りですが、私は原寸大で再現された旅客機に驚きました。
物語のほとんどがこの中で進行しますので、閉所恐怖症の方はもっと怖かったでしょう。

俳優陣では、何と言っても金子信雄さんが絶品!!
田宮版「白い巨塔」でも、実に嫌らしい役を嬉々として演じられていましたが、本作の演技は凄みがあります。
隠れた名作。
未見の方は是非!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
松竹が撮ったSF映画。東宝のSF映画とは違い、嫌になるほど重苦しく人間の醜さが描かれているのが特徴である。特撮を担当したのはピープロダクション。そもそもピープロが企画したテレビシリーズが元になっているそうだ。ピープロには円谷プロダクションには無い独特のアングラ感があり、本作には合っている。出来はイマイチだけど。

飛行機の乗客たちが個性派揃い。次期首相候補の政治家、その政治家に擦り寄っている軍需産業の社長(金子信雄)、機内に時限爆弾を持ち込んだ男、ベトナム戦争で夫を失ったばかりの白人女性などである。中でも政治家と金子信雄が醜い争いを繰り広げてくれる。金子は政治家に多額の献金をしてきたのだが、政治家は「もっとよこせ」と言い金子の妻まで差し出させる。だがやられてばかりの金子ではない。水が無いジェット機で政治家にウイスキーを飲ませ、後で余計に喉が渇いて苦しむ様子をニタニタ見物している。白人女性は額が割れた吸血鬼ゴケミドロを見て、顔面を傷つけて死んだ夫を思い出し半狂乱になる。まともなのは副操縦士とスチュワーデスの2人なのだが、この面子の中だとこの2人のヒューマニズムが薄っぺらく見えてくる。

額が割れてゴケミドロが入っていくシーンはダミーヘッドを使っているが、これがなかなか出来が良い(ピープロにしては)。空飛ぶ円盤がアダムスキー型だというのが時代を感
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー