あの頃映画 「八つ墓村」 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あの頃映画 「八つ墓村」 [DVD]

5つ星のうち 4.5 104件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,854 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,170 (39%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 1,854より 中古品の出品:7¥ 1,363より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • あの頃映画 「八つ墓村」 [DVD]
  • +
  • 悪魔の手毬唄[東宝DVD名作セレクション]
  • +
  • 獄門島[東宝DVD名作セレクション]
総額: ¥5,780
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 萩原健一, 小川真由美, 田中邦衛, 夏八木勲, 藤岡琢也
  • 監督: 野村芳太郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • 発売日 2012/03/28
  • 時間: 151 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 104件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006O4TPMA
  • JAN: 4988105064348
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,414位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

怨念が生む連続殺人事件!横溝文学の最高峰!!
神秘の鍾乳洞に展開する怪奇とロマンの世界

●「あの頃映画 松竹DVDコレクション」第5弾 まだまだあります、蔵出しムービーセレクション!
●『砂の器』の野村芳太郎が監督、橋本忍が脚本を手掛け、2年3か月、7億円をかけて製作された大作。
●劇中に登場するセリフ『祟りじゃ~!』は当時の流行語に。
●渥美清が金田一耕助役をつとめ、石坂版とは異なる人物像を演じ切った。


製作年 1977年


あの頃映画 松竹DVDコレクションとは?
映画会社松竹ならではの大作映画、こだわりの映画、良質映画の数々を、今だからリバイバル。名監督・名優たちが活躍したあの頃の映画を、ご自宅で気軽に楽しめるDVDコレクションとして、100本を超える充実のシリーズラインナップでお届けします。2011年11月より、5か月連続で展開中!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

横溝正史のミステリー小説を、野村芳太郎監督が渥美清主演で映画化。かつて平家の落武者惨殺事件が起きた因縁めいた村で、30数人の男女が殺されるという事件が起こる。8年後、再び連続殺人事件が発生し…。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
ミステリーではなくほぼホラー映画。探偵は後から理由を説明するだけ。でも好きです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 共同幻想 投稿日 2016/3/24
形式: DVD Amazonで購入
野村芳太郎監督の名作の一本である。野村の映画の世界は、成功すると、この「八つ墓村」や「砂の器」のようなものに仕上がる。ケチを付けようと思えばいくらでも付けられるであろう。しかし、もういいか、これは傑作だと言わせるものがある。映画は、一つの世界を提示してくれるのであるが、その世界は優れた監督が持っている世界である。その意味で「八つ墓村」は野村芳太郎の世界をきたんなく提示してくれる。映画を楽しむとはこのようなものだという見本のような一本である。俳優では、なんといっても小川真由美の美しさと哀しさと妖艶さであろう。それを楽しむだけでもよいか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 『八つ墓村』を初めて観た時は、映画の最後のほうの渥美清が演じる金田一と大滝秀治が演じる弁護士との会話に、“人間の業の深さ”ということをつくづく感じた!ことが、今でも印象として強く残っています。

 『八つ墓村』は、“人間の業の深さ”をテーマにした映画なのだ!ということを意識しながら観ると、より一層楽しめる!と思います。

 ちなみに、ボクの中では、野村監督の映画のなかでは、『砂の器』と『事件』とこの『八つ墓村』が甲乙つけがたいナンバーワンの作品になっています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 スミレ 投稿日 2016/12/22
形式: DVD
横溝作品で最も恐ろしく、素晴らしい名作です。
渥美さんが出演されているこのバージョンが、個人的には一番ストーリーがしっかり描けていると思います。
また、ジャケット写真のシーンは、実話に絡めているらしく、狂気そのものです。
特にこのシーンは演者の方はよく、演技とはいえ、やりきったなと感心さえします。
また、先代から継続している祟りが、衝撃的なラストをむかえます。
その場面のくだりが、狂気のシーンをも超える最も恐怖の瞬間でした。
今生きているこの一瞬も、皆運命や様々な縁に突き動かされているのだと感じました。
ビジュアルとストーリー、両方の怖さがありました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 右半球 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/4/23
形式: DVD Amazonで購入
横溝ミステリーの金字塔「八つ墓村」の1977年松竹映画版です。
2012年、さらに廉価になって再発されたんですね。
(私がこの文章を書いている時点でディスカウント込みで2,000円切っています)

洞窟という閉鎖された空間で炸裂する小川眞由美さん演じる森美也子の妖艶な怖さも素晴らしいですが、
やはり本作は山崎努さん演じる多治見要蔵に尽きると思います。
1996年の市川昆監督版を最近見直しましたが要蔵がわずかながら喋っており「あれ?」と思いました。
表情の演技だけで要蔵の残忍さ、身勝手さを表現する山崎さんのすごさを再認識させられました。

小学生だった頃、リアルタイムで見た時には怖さゆえの後味の悪さしか残りませんでしたが、
今見ると演技、演出等、表面的な怖さ以外の部分に関心させられます。
尚、犯人は同じながら解釈の違い、本作に登場しない重要キャラの登場等で
全く違う印象の原作も読まれることをお勧めします。(こちらも違う良さがあります)
又、渥美清さん演じる金田一耕助は横溝先生がイメージしたものに最も近いそうです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画のCM(しかも超絶怖い場面)が当時は普通に夕方とかゴールデンタイムに流れていたってのが凄い。今の腑抜けた世相ではとても無理か。これほどインパクトのある映像を無遠慮に家庭に送りつけていたTVは当時最強メディアだった。そういえば「震える舌」もモロ出しで怖かったな〜。
皆さんと同じく小学校低学年の頃、親と一緒に映画館で観たけど、怖くて帰りの暗い夜道は親父のベルトを掴んでずっと離さなかった記憶がある。
派生映画・派生本、そして津山殺人事件の調査本までほとんど目を通すほどこの映画の影響は自分にとって大きい。岡山の実際の事件現場にも行ってきた。
今見ると映像としては全く怖くはないが、当時見た時の底知れね恐怖感だけはフツフツと湧き上がってくるのです。
桜をバックにした殺人鬼。素晴らしい設定です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
私も小学生の時TVで見てトラウマを受けてしまった人間の一人です。何しろ2-3か月の間、夜一人で寝ることが出来ずに父親に添い寝してもらっていたくらいでした。 30過ぎになるまで,私はホラー映画が大嫌いで、ほとんど見ることがありませんでした(今はおくれを取り戻さんとばかりに結構見ていますが)。理由をいろいろ考えてみるに、どうもこの映画が原因だったのではないかと思います。恐い話はそれ以前から苦手だったのですが、今振り返ってみると、この映画が最初から最後まで見た初めてのホラー映画(ではないんでしょうが、私の中ではそうなっています)だったような気がします。免疫ほとんど0の状態で、初めて見た怖い映画がこれじゃあ、ホラーをその後見れなくなったのも無理はないでしょう。
ーで、20数年ぶりに友達と一緒にこの作品を見直しました。さすがに今見ると落ち武者惨殺のシーンなんか全部作り物とわかってしまい、それほど怖くはありませんでした。 しかしそれとは別に、映画そのものの完成度に驚かされました。あの狂走する山崎努を横からとらえたスローモーションなんか、ちょっと息をのむような美しさ。犯人がクライマックスで見せるあの“眼”なんか、恨みの固まりと同時にどこか悲しそうで、怖いやら美しいやらー、もう何とも言えません。 物語自体はめでたしめでたしで終わりますが、何とも言えない不気味な感覚は観客の胸に永遠に残りま
...続きを読む ›
コメント 100人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー