あの頃映画 「人生劇場」 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あの頃映画 「人生劇場」 [DVD]

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,884 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,140 (38%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 1,884より 中古品の出品:2¥ 2,120より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • あの頃映画 「人生劇場」 [DVD]
  • +
  • あの頃映画 「花と龍」 [DVD]
総額: ¥3,866
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 竹脇無我, 田宮二郎, 萩本欽一, 坂上二郎, 渡哲也
  • 監督: 加藤泰
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • 発売日 2012/02/22
  • 時間: 167 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006DTV1FK
  • JAN: 4988105063990
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 50,881位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

歩き始めた男の道は止めて止まらぬ任侠の道
広い世間でよく会えた四人男の意気地が揃う!


製作年 1972年


●何度となく映画化されてきた尾崎士郎原作「人生劇場」を竹脇無我、田宮二郎、高橋英樹、渡哲也の豪華キャストで映画化
●男同志がともに歩む任侠の道、そこにからむ義理と人情、ほんとうの男とはいったいどういう男か、時代を超えていきつづける男のロマンを描き尽くす。
●任侠の世界にたくましく生きる人間群像を中心に瓢吉、おとよ、お袖などの数奇な運命をたどる人物をからめた大河ドラマ


あの頃映画 松竹DVDコレクションとは?
映画会社松竹ならではの大作映画、こだわりの映画、良質映画の数々を、今だからリバイバル。名監督・名優たちが活躍したあの頃の映画を、ご自宅で気軽に楽しめるDVDコレクションとして、100本を超える充実のシリーズラインナップでお届けします。

*この商品は、既発の商品と同内容・同仕様になります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

加藤泰監督が尾崎士郎原作による名作「人生劇場」を竹脇無我、田宮二郎、渡哲也ら豪華キャストで映画化。男同士が共に歩む任侠道、そこに絡む義理と人情、ロマンなど、時代を超えて生き続ける男たちの姿を描く。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

まるで異国のアジアン映画を観ているようだ。渡世人という世界から観れば、しきたり、居住まい、着付け、目つき、眉間のしわ、そして何が何でも筋を通す義理と人情は拍手喝采ものなのだろう。

大正時代に廃れゆく侠客を描いている。原作は読んでいないが、おそらく原作者、尾崎士郎は弱々しい立場の若旦那(竹脇無我)。大旦那(森繁久彌)は自分の墓を作るなと達筆で遺言したが、後に吉良常(田宮二郎)は大旦那の墓を作るためにしのいで貯めてきたお金だと若旦那と押し問答。若旦那が、女の赤いガマ口を取り上げて母親に渡し、渡された母親が赤いガマ口を後生大事にしていたというエピソードは事実なんだろう。
話が入り乱れ過ぎて、なんとか収拾をつけようとした無理やり感がある。飛車角(高橋英樹)、宮川(渡瀬恒彦)はサイドストーリーのようでもありメインにも食い込む。飛車角とオトヨ(倍賞美津子)は最後に巌流島のようにバックで向き合うが、二人はその場で追っ手に殺されることはない、幕切れでの若旦那の意味不明な一言も尻切れトンボ。
三味線、端唄が映像に雰囲気を醸すが、BGMのない現実世界で実際に渡世人をまねても寒々しい。
褌(ふんどし)を久しぶりに見た。褌は、昭和一けた生まれの世代までだったなあ。田宮二郎は本当にいい役者だったんだ。

昭和の歌姫と称される、美空ひばり
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/8/30
何度も映画化された作品ですが、この『人生劇場』が自分にとっての人生劇場です。
青成瓢吉が母と吉良常を伴って、生家を後にするシーンが忘れられませんでした。
オブセッションのように、何かの際にふと頭をよぎります。
何度も見たような憶えがありますが、改めて今回見て、益々忘れられなくなりそうです。
田宮二郎さんの吉良常が良いですね。
高橋英樹さんの飛車角も負けていないです。高橋さんは類稀な存在感のある役者だと思います。
竹脇無我さんの青成瓢吉もはまり役です。渡哲也さんが若いです。
香山美子さん、倍賞美津子さんの美しさも圧倒的で、しかも艶っぽいです。
「やくざ」は暴力団とは違う、と吉良常のセリフが際立ちます。
侠客という存在は、戦後なくなったもののひとつかもしれません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
時代の遺物という表現がぴったりだなあ。原作が書かれた当時はウケたことだろうよ。任侠物なんかそんなに無かっただろうから。
原作がどんなに秀れた文体で書かれようと、この内容ではなあ。この作品を下敷きにしたと思われる「青春の門」のほうが作品としても
映画としてもはるかに上である。侠気の世界を描くにしても今では任侠映画など腐るほどあるし、出来のいいものも一杯ある。高倉健や
鶴田浩二主演あたりのね。そういった専門の物を観た方がよっぽど面白い。相も変わらず女絡みの惚れたハレただの、男を磨くだの、
結局何かい、対立組織の親分ぶった切れば男を上げる事になるんかい。ただの殺人じゃねえか。映画の中の話だからいいけどよ。大長編小説を
一本の映画に押し込めようとすると、こういう主旨の曖昧な映画になりやすい。男の世界に浸りたければ専門の作品に限る。余計な要素が
多すぎる。アホらしくて入っていけない。田宮二郎や高橋英樹が男前だから2つ星にする。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す