この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あの頃ペニー・レインと [DVD]

5つ星のうち 4.5 96件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 500より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオあの頃ペニー・レインと (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: パトリック・フュジット, ケイト・ハドソン, ビリー・クラダップ, フランシス・マクドーマンド, フィリップ・シーモア・ホフマン
  • 監督: キャメロン・クロウ
  • 製作者: キャメロン・クロウ
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 発売日 2006/03/29
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 96件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009J8C20
  • JAN: 4547462018991
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 23,557位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1973年、弱冠15歳にして「ローリング・ストーン」誌の記者に抜擢され、あるロックバンドのツアーの同行記事を書くことになった少年ウィリアム。旅の中で知るミュージシャンたちとの友情、ジャーナリストとしての葛藤、そしてせつない初恋が当時のロックとともにつづられる佳作映画である。

   監督・脚本は、トム・クルーズ主演『ザ・エージェント』のヒットで一躍表舞台に踊り出たキャメロン・クロウ。「波乱万丈な人生への穏やかなる賛歌」といった趣の作風は前作から継承しつつ、脚本家時代(ティーン・ムービーの先駆けである『初体験 リッジモンド・ハイ』などを手がけている)で得意とした青春もののみずみずしさも感じさせる、これまでの集大成といえる力の入った作品に仕上がった。それもそのはず、これは映画人であると同時にジャーナリストとしての顔ももつ彼の自伝的な作品なのだ。

   基本設定はもちろん、ペニー・レインという少女の存在や、母親が彼の年齢を彼自身に偽っていたなどの細部に至るまで、ほとんどが事実に基づくものだという。それ故だろうか、主役から脇役に至るまで登場人物ひとりひとりが人間臭く、そして誰にも必ずひとつは見せ場があるのがなんとも心憎い。(安川正吾)

内容(「Oricon」データベースより)

製作・監督・脚本を務めるキャメロン・クロウの自叙伝的な青春ドラマ。15歳でローリングストーン誌の記者となった少年の恋を描く。出演はパトリック・フュジット、ケイト・ハドソンほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
思ってたほどロック重視な映画ではなかったので楽器がなにも引けない私でも楽しめました。ストーリーのメインではないですけど主人公の家族がみんな家族想いで見ててほっとしましたた。音楽やロックがどうというよりも主人公の純粋さが見ていてとても安心できる映画でした。見てると共感できるし応援したくなります。ただDVD の裏に〜優等生の彼を変えたのは、ロックと切ない初恋だった〜とかいてありましたが、個人的には主人公のウィリアムは最初から最後まで純粋で何も変わってはいないと思います。むしろ変わったのはラッセルやペニー・レインのほうだと思いました。たぶん二人とも純粋なウィリアムと接することで純粋だった時の自分に映画の最後らへんで戻るんだと思います。〜思いつきで書いたんでまとまりのない感想文ですが、総合すると音楽やロックに詳しくなくても楽しめるロックな青春映画でした。〜
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
70年台初頭のアメリカを舞台に、文才煌く15歳の少年ウィリアムが、初めてヒット曲を出したばかりの駆け出しのロックバンドのツアーに同行取材する話。華やかにみえるロックンロールミュージシャンのツアーの舞台裏とそこに渦巻く人間模様をわかりやすくそして明るく描いています。登場人物一人一人にその人の背景にある物語を感じさせる奥行きがあり、物語としての厚味を保ちつつも、ユーモラスで気軽に見れるライトさを兼ね備えています。ハラハラドキドキはないものの、見知らぬ世界に足を踏み入れる時のちょっとした高揚感があり、ウィリアムが記事を書き上げるのかどうかが気になり、またその過程でのゴタゴタについ引き込まれます。後味はほんのり甘酸っぱく、一般人が体験することのない世界を観たことへの満足感が広がります。

序盤のペニーとウィリアムのやり取りで、ぎこちなさが目立つシーンが幾つかあり、それが演出なのかそれとも演技が下手なのか微妙なところです。シナリオはよくできていて、不自然なご都合主義も特に感じませんでした。

商業主義を批判する描写がいくつか出てくるのですが、ロックコンサートやハリウッド映画などは娯楽の部類でしょうから、商業主義ではない娯楽とはどういうことなのか、何を言っているんだろうと疑問でしたが、おそらく売れる売れないは後回しで、自分の感覚から出てきた表現を最優先さ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
待つこと数ヶ月、「あの頃ペニー・レインと」という邦題になって上映されているのを知ったときには急いで映画館に向かいました.
 ストーリーを知ってさらに夢中になりました.私は以前大好きなバンドの楽屋に行ったことがあり、その時の信じられない気持ちと大声で叫びたいほどのうれしい気持ちがそのまま主人公ウィリアムと同じだったのです.
グルーピーではなく音楽を愛するバンドエイドというものもよくわかるし、出てくるみんなにどこか共通するところがあるのです.
 この映画は、大人になる前のせつなさや、大人になりかけの恋する気持ち、そして音楽を愛する人達の言葉がたくさん詰まっています.家族のうまく伝えられないけど愛情も出てきます.
どこか懐かしくて見た後にはさわやかな映画です.
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
楽しいんだけど切ないときっていうのがある。みんなでわいわい騒いでて、いい感じで酔ってて、たまに誰かと目と目があって、でも、なんかさみしい。
この映画を観ているときの私は、ずっとそんな気分だった。映画の舞台である「古き良き時代」にいられない自分に対してなのか、物語が始まる前から決まっているペニーレインの未来に対してか(だって、幸せになるグルーピーっていないですよね)、持ち上げられるだけ持ち上げられて消えていくバンドのことを思ってか。
よくわからない。けど、ずーと切ない気持ちだった。気持ち悪いかもしれないけど、胸がキュンとしていた。もっとわかりやすくいえば、この映画に恋をしていた。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 数年前、私がまだ高校生で、何の変哲もない日々の中で

この映画を見たとき、衝撃が走った。

私は、70年代の”ロック”も、グルーピーもバンドエイドも

知らない。もちろん当時の音楽を聴いても懐かしいとは

ならないけれど、そんなの関係なくただ、

「アメリカの70年代、ロックに関わった人々がそこに間違いなく

息づいていた。狂っていようが間違っていようが、それがその当時、

その場所の現実だ」と感じさせてくれるだけで、"素晴らしい”と

思った。

 母のもとを飛び出し、主人公が"現実”じゃない世界でひと夏を

過ごし、その中で見つけた青春と、ロックの中の”現実”が、彼が

戻るべき、現実の人生の中に刻み込まれる。

 この映画で訴えるものがあるのはきっと、観ていた私本人も、

現実じゃ決して味わえない”アメリカロックの現実”を、

主人公と一緒に体験したからなんだと思う。

 そして、映画を観終わった後もお、その感動にも似た感情が、

また始まる日々の現実の中に、
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す