あの頃、君を追いかけた[Blu-ray] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: 春風商店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あの頃、君を追いかけた[Blu-ray]

5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 3,950 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,314 (37%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 3,950より 中古品の出品:3¥ 2,650より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • あの頃、君を追いかけた[Blu-ray]
  • +
  • 台北の朝、僕は恋をする [DVD]
総額: ¥7,125
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クー・チェンドン, ミシェル・チェン, スティーブン・ハオ, イエン・ションユー, ジュアン・ハオチュエン
  • 監督: ギデンズ・コー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 中国語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: マクザム
  • 発売日 2014/04/04
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00HE6QHHI
  • EAN: 4932545987309
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,857位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

誰の心にも眠る“あの頃"の記憶を呼び覚まし、台湾・香港で超メガヒット! 多感な十代を送ったすべての大人に捧げる、可笑しくて切ない青春エンタテインメント・ムービー! !

●発売・販売元
マクザム

●規格
カラー/各片面1層/本編 110分(セル特典 分数未定)/字幕:1.日本語字幕
【BD本編】16:9/1080p(シネマスコープ)/音声:1.オリジナル中国語 DTS-HD MA5.1ch
セル特典映像:メイキング、日本版劇場予告編 ほか(予定)

●製作年・国
2011年・台湾

●原題
那些年, 我們一起追的女孩(英題:You Are the Apple of My Eye)

●権利元
(C)Sony Music Entertainment Taiwan Ltd.

●解説
「SLAM DUNK」に夢中になっていた高校生たちは、日本のAVを回し見する大学生に、そしてそれぞれの道を歩み始める社会人へ。学生寮の公衆電話に並ぶ列は消えて誰もが携帯で話すようになり、幾つかの大きな事件に世の中は揺れ、ヒット曲も入れ替わっていく―。
4年から2005年、主人公のコートンたちが高校・大学を経て社会人になるまでが描かれている。本作『あの頃、君を追いかけた』は、そんな時代の空気を丁寧にすくい取ることで、あらゆる世代の人に“あの頃"を思い起こさせる映画となっている。台湾の人気作家ギデンズ・コーが監督に初挑戦し、自伝的小説を映画化。ほぼ無名のキャストながら、台湾では社会現象を巻き起こす大ヒットを遂げ、香港では『カンフー・ハッスル』の持つ中国語映画歴代興行収入記録を更新した。
コートン役のクー・チェンドンは金馬奨 最優秀新人俳優賞を受賞。ヒロインのチアイーを演じたミシェル・チェンも『花様~たゆたう想い~』や、ジェット・リー主演の『不二探神(原題)』など、出演作が相次ぐ人気スターとなった。 幾年もの時を隔て、“だいじなひとこと"が言えなかったコートンとチアイーが再会する―予測不能の結末を、誰もが笑いと涙で迎えることだろう。『サニー 永遠の仲間たち』『建築学概論』に続く、青春映画の新たなる傑作!

●物語
台湾中西部の町・彰化(しょうか)に住むコートンは、同級生の仲間たちとつるんでは馬鹿なことばかりして、お気楽な高校生活を過ごしていた。ある日、コートンたちの度が過ぎた悪ふざけがもとで授業が中断。激怒した担任は、クラス一の優等生・チアイーをコートンのお目付け役に任命する。チアイーを疎ましく思う反面、胸がざわつき始めるコートン―彼と4人の仲間たちにとって、彼女は中学時代からの憧れの女の子だったのだ。やがて、教科書を忘れたチアイーのピンチをコートンが救ったことで、2人の距離は一気に縮まって…。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

台湾と香港で大ヒットを記録した青春ラブストーリー。台湾に住む高校生・コートンは、同級生の仲間たちと馬鹿なことばかりして過ごしていた。ある日、彼らの悪ふざけに激怒した担任がクラス一の優等生・チアイーをコートンのお目付け役に任命し…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この作品は1994年から2005年の10年間の中で高校生たちが
社会人になるまでの青春物語であると同時に
主人公(男子)の初恋物語です。

この作品は監督の実体験を盛ることなく小説化し、
映画化に際しては一部変更をしています。
当初は2011年に日本公開の予定でしたが、
作中に地震の表現があったために
公開が遅れました。

監督は元々インターネット小説家で
様々なジャンルの本を書き、60作近くの作品を残しています。
また、「東京ラブストーリー」を初め、多くの日本のドラマやアニメから
影響を受けています。この作品でも「北斗の拳」のセリフをはじめ
「SLAMDUNK」等の日本のアニメの要素が詰まっています。
監督としては過去にドラマの1話分だけ経験がある人です。

小説原作者が監督の場合、観る方としては弱冠の不安がありますが、
冒頭に始まる主人公と級友の紹介シーンを見れば、
不安は一掃され、期待感が増します。

国旗掲揚をシモネタにするほど前半はシモネタのオンパレード。
いかにも男子高校生らしい、バカさと元気をもてあましつつ、
主人公と4人の級友がその時期でし
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
30代男性です。機内映画で「我的少女時代」に出会い、面白すぎて、男一人涙を流し、機内で2度も見てしまった輩です。
台湾映画に興味を持ち、この映画を見ました。他の方のレビューも見ていました。
結果としては、映画の世界観は素敵ですが、残念ながら、全然理解できなかった。男としても主人公の行動が全く理解できない。
なかなかいい映画には出会えないことはよく理解できた。
我的少女時代が女性目線で描かれているというけれど、キスシーンがなくても愛を語ってしまう映画に、残念だけど、敵わない。
批判をするわけではなく、でも、我的少女時代の対比として、一度この映画を見ても良いと思う。見ずして語るのは反則だから。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Retro-Future トップ500レビュアー 投稿日 2014/11/30
私はこの映画何気に大好きなんです。とりあえず、友人や知り合いには必ず勧めています。
ほんとにバカで、幼稚で、どうしようもないダメ男子。彼の教育係を任された、誰もが恋してしまうような優等生女子。
ふたりと仲間たちの青春と、せつない恋愛。
まとめるとこんな映画なんですが、何も言わず、騙されたと思って観てください。
コートン役の(クー・チェンドン)とチアイー役の(ミシェル・チェン)。この二人の演技と存在感が素晴らしいのです。
必見です、是非。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 韓ドラ大好き トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/3/23
懐かしくて、キュンとして、チョット泣ける、そんな青春讃歌です。
ミシェル・チェンも可愛いし、クー・チェンドンは中々素敵な俳優さんですね。
誰かの為に勉強したり、思い当たる人もいるのでは?。こんな青春が羨ましい。
何処の国にかかわらず、青春って良いな~と改めて思わせる映画。
チアイー&コートン、ハッピーエンドではないけど清々しいラストです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大阪・京都など、いくつもの映画館を渡り歩いて、計8回鑑賞。

何回見ても、同じシーンで嗚咽でした…。

関西での上映が終了し、その後DVDの販売がナカナカ始まらないので、ガマンできずヤフオクで香港の方から、中国語版DVDを購入し鑑賞し続けていました…。(言語が不明でも感動していました…)

そしてそして、やっとやっとDVDが販売となり、即座に初日にアマゾンで予約しました!

あと何回見ることになるやら、4月が楽しみです。

(「猟奇的な彼女」みたいに、中毒になる映画ですね!)

皆さんもぜひご覧ください。 食わず嫌いはソンですよ!

以下は、映画館で鑑賞したとき、ヤフー映画などに投稿した感想レビューです。

『想いが伝わる“あのシーン“ で 一気にもっていかれて号泣』

ラスト、結婚式のまさか!?のあのシーンで、心が鷲づかみにされ、一気に持っていかれました。

まわりの女性客たちには声をあげてのニガ笑い?のシーンのようでしたが、その傍で嗚咽・号泣……。

劇場内が 笑い ⇔ 涙 半々交錯 のリアクションで、昔観た『隠し剣鬼の爪』ラストシーン時の劇場風景を思い出しまし
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック