中古品
¥ 74
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あの道この道 (文春文庫) 文庫 – 2005/1

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 74

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

金持ちの一人娘しのぶと貧しい漁師の娘千鶴子をめぐる数奇な運命…かつて一世を風靡した少女小説の珠玉の名篇。なつかしの少女小説。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

金持ちの一人娘しのぶと貧しい漁師の娘千鶴子をめぐる数奇な運命…。かつて一世を風靡した少女小説の珠玉の名篇。昭和59年刊の復刻版をもとにした新装版。
--このテキストは、単行本版に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 319ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2005/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167679361
  • ISBN-13: 978-4167679361
  • 発売日: 2005/01
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 446,133位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
その昔、小学校の図書館で、当時ですら古びた活字の本だったのですが、クラスの女の子が夢中で回し読みしたものです。30年後に読んでみると、言い回しも狂言ぽくって、笑える部分も多いのですが、子供時代は、しのぶに自分を重ね合わせて、逆境にめげず清く美しく生きる彼女を応援しながら読んでいたのでしょうね。赤ちゃんの取り替えがテーマの本って多いですが、これほどメデタシメデタシというのも、いいんじゃない!と思ってしまう作品です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
大正〜昭和の小説をよく読むようになったきっかけは

吉屋信子さんの影響が大きいです。

この小説は「冬の輪舞」の原作だったのですね・・・。

ドラマはいいとして、

すっかりこの話しにのめりこんでしまって

仕事中も気になって気になって・・・・。

早く続きが読みたくてたまらなくて・・・と、ゆうくらいに

引き込まれてしまいました。

現代の言葉の表現よりも

とっても美しく、想像力がかき立てられるような言葉遣いが

読んでいてとても気持ちがよかったです。

欲も裏もなく

純粋な気持ちを現代に生きてる

自分にも当てはめてみたくなりました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は連続ドラマの影響でこの本を手に取りました。
初期設定こそドラマと一緒でしたが、こちらの方が
清々しく、吉屋信子氏独特の乙女達が生き生きと描かれております。
昭和初期という時代背景の為、
貧困が差別的に表現されておりますが、
それさえも清く美しく主人公を魅せるていて嫌な感じは全くしません。
生い立ちが逆転した乙女二人とその周囲で見守る人々、
ドラマとは全く違うラストですが
(ドラマは現時点で終了していないのですが)
素敵な大団円です。
もしもドラマを見て、原作も読んでみよう…と思われたら
物足りない感じがすると思います。
こちらはこちらと、割り切って読まれる良いと思います♪
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
よくある貧しくて素直な少女、金持ちの傲慢な少女、のパターンですが、
昔ながらの挿絵がすばらしく、幼い頃のあの時代を思い出しながら、
興味深く読みました。今ならDNA鑑定って所でしょうね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック