通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あの日 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。コンディションガイドライン「良い」の状態です。発行年により装丁や定価が異なる場合がございます。ご不明な点は注文前にお問い合わせ下さい。売り切れの場合はキャンセル手続きを致します。通常2営業日以内の発送となります。ゆうメール(配送番号なし)または商品により宅配便等での発送となります。発送日より3日から5日程度での到着となります。日・祝は定休です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

あの日 単行本 – 2016/1/29

5つ星のうち 3.9 841件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,511 ¥ 22

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あの日
  • +
  • STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~
  • +
  • 捏造の科学者 STAP細胞事件
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 144pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。1研究者への夢 2ボストンのポプラ並木 3スフェア細胞 4アニマル カルス 5思いとかけ離れていく研究 6論文著者間の衝突 7想像をはるかに超える反響8ハシゴは外された 9私の心は正しくなかったのか 10メディアスクラム 11論文撤回 12仕組まれたES細胞混入ストーリー 13業火etc.

内容(「BOOK」データベースより)

真実を歪めたのは誰だ?STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 258ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062200120
  • ISBN-13: 978-4062200127
  • 発売日: 2016/1/29
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 841件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,659位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
日本のマスコミは「水に落ちた犬を打つ」と言われます。
事例をあげれば枚挙にいとまがないのですが、小保方晴子さんの事件等も、これに該当すると思います。
小保方晴子さんが本著において述べておられるように、研究などというものは、何人かの人が叡智を結集して行い、実験などというものも、小中学校の科学実験ではないのですから、複数人が行い、一人の人間が密かに検体を入替えたなどということが起こりうるはずが無いのだと思います。
しかし、マスコミのコメディアン・キャスターの皆さんにかかると、そして、突然登場する専門家という方々にかかると、一人の人間の個人犯罪として糾弾され、最も弱い人間に矛先が向く過程を、本著はとてもリアルに描いていると思います。
望むことは、小保方晴子さんという日本の叡智が、こんなバカげたことで希望を失わず、サッサと日本を見捨てて、海外で研究者として再起されることです。
4 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
文章が非常に読みやすい。
論文などのテクニカルライティングは上手なのはわかるのですが、
小説のような言い回しなどどこで覚えたのでしょうか。
小保方さんを応援したくなります。
しかし、真実はわかりません。
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
真相を知りたくて読み始めたが、前半ダラダラして読み飽きた。ネットの記事とかで適当にレビューでも読んでおけば、いいのでは
36 コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
問題が提起された当時から、若山教授の言質について疑問を持っていたが、本書でよく理解できた。
59 コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 T.S 投稿日 2017/5/6
形式: 単行本
最初の部分が、研究者になるまでの経緯。自伝風。

つぎが、STAP細胞発見の経緯。肝心の部分ということで専門的に詳しく書かれているのだと思いますが、名称もまだSTAP細胞ではではないし、私の生物学理解のレベルでは分かりにくかった。発見の瞬間も見落とした。読み直さないとわからない。ちょっと飽きてきた。

最後が、STAP細胞の名称をつけて論文提出、発表と、その後の経緯。
推理小説のようでした。いったい誰が、、、。世間的には小保方氏が犯人になっているが、それに反論して、数名の容疑者の実名
をあげている。容疑者の一人は経緯を本に書いている人です。そちらは読んでいませんが、真逆の内容なのでしょう。
ニュースでは、若いのに「小保方研究室」で研究チームのリーダー、という印象を持ちましたが、事実はずいぶん違っていたようです。
地位は非正規研究員、指導教官のもとで研究する見習い研究員といったところだったようです。
ただ、STAP論文提出後に、「小保方研究室」が新設され、新装の研究室で研究を始めるところだったので、若くして研究チームのリーダーになったというのは確かですが、それはSTAP細胞とは無関係で、写真やテレビで報道された研究室ではSTAP細胞の研究はされていなかった。STAP細胞研究のリーダーではなく、論
...続きを読む ›
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
世紀の大発見ねつ造か、不幸で気まぐれな偶然か…その答えを求めるのはそもそも不可能なのかもしれない。いや、科学そのものがそのような過程を経て既知のものになって行く以上、この事件についての正しい判断など現時点では望むべくこともないのだろうなという読後感を覚えた。ただし、流れに巻き込まれて自信を失っていくという、小保方さんが書き連ねた感覚はしっかりと伝わってきた。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
結局、この本を読んでも、この事件の真相はよく分かりません。事件の評価が完全に定まらない中で、本人が書いているので当然といえば当然かもしれません。

しかし、本来の実力や経験がないままに研究責任者になってしまったということだけは言えるのではないでしょうか。本人は一生懸命に研究に取り組んでいたといっていますし、確かに、若い女性の研究者というイメージでもって、周りが利用した面もあるかもしれませんが、サンプルや実験結果の管理など、言い訳とは言えないマネージメント不足の部分があったということは確実に言えるのではないでしょうか。周りに流される部分もあったかもしれませんが、ここだけは譲れないというか、守らなければならないという芯のようなものが欠けていたのではないかと思います。
5 コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
真実は何処にあるのか?
が明確にならないが故に、想像力の質で印象が異なるでしょう。
少なくとも、シャブやって「手記」出すクズとは天と地程に次元が違うので読んでて面白い。
クスリやったクズは、「で?」って言いたくなる「手記」しか書けないんだから出すなよ!
3 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー