あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【全巻セット・大人買い】【付属品完備】◆保証付・アマゾンから毎日迅速発送◆梱包、検品には最新の注意を払っておりますが、外箱に若干の傷、破れ、スレ等がある場合がございますのでご了承ください。管理用のラベルシールははがしやすいものを使用しております。お届けする商品は十分な検品を実施しておりますが、万が一不備・不具合などございましたら大変お手数ではございますが、返品・返金対応させていただきますのでAmazonカスタマーサービスへご連絡お願いいたします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 26,990
通常配送無料 詳細
発売元: maronta2
カートに入れる
¥ 27,280
300pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: はるよしストア(prime送料無料、24時間配送対応)
カートに入れる
¥ 27,980
通常配送無料 詳細
発売元: エル・クラシコ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(完全生産限定版)

5つ星のうち 4.1 36件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 29,160
価格: ¥ 25,714 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,446 (12%)
残り7点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、TORANOKO STYLEが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 25,714より 中古品の出品:25¥ 14,500より コレクター商品の出品:3¥ 18,300より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

2017年 冬アニメ予約開始
2017年冬から放送のアニメDVD・ブルーレイを 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【ANIPLEXストア】 TVアニメ「物語シリーズ」、『内村さまぁ~ず』ほか、新着タイトルや人気ランキング、ANIPLEXのアニメやバラエティなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(完全生産限定版)
  • +
  • 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(完全生産限定版) [Blu-ray]
  • +
  • 心が叫びたがってるんだ。 [Blu-ray]
総額: ¥38,029
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 入野自由, 茅野愛衣
  • 監督: 長井龍雪
  • 形式: Color, Limited Edition
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: アニプレックス
  • 発売日 2013/08/21
  • 時間: 450 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 36件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00D381J0G
  • EAN: 4534530068118
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,297位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【ストーリー】
昔は仲良しだった幼馴染たち。
でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。
ヒキコモリぎみの主人公"じんたん"。
ギャル友達に流され気味の"あなる"。
進学校に通う"ゆきあつ"と"つるこ"。
高校に進学せず旅を重ねる"ぽっぽ"。
そして、仲良しだった小学生の頃から、
それぞれが変わっていく中で変わらない少女"めんま"。
ある日、"お願いを叶えて欲しい"とじんたんにお願いをするめんま。
困りながらも"めんまのお願い"を探るじんたん。
そのめんまの願い事がきっかけとなり、
それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染達は
再びかつてのように集まり始める。

■収録内容(5枚組)
本編ディスク2枚+特典ディスク3枚
○本編ディスク:本編全11話収録+特典映像
第1話『超平和バスターズ』
第2話『ゆうしゃめんま』
第3話『めんまを探そうの会』
第4話『白の、リボンのワンピース』
第5話『トンネル』
第6話『わすれてわすれないで』
第7話『ほんとのお願い』
第8話『I wonder』
第9話『みんなとめんま』
第10話『花火』
第11話『あの夏に咲く花』
○特典ディスク:ANOHANA FES.(イベント映像+メイキング+ピクチャードラマ)

【完全生産限定版特典】
●キャラクターデザイン・田中将賀描き下ろしスペシャルBOX&デジパック
●新規特典映像:「あの花夏祭“超平和バスターズのお楽しみ会“(2012年8月5日開催イベント/出演:茅野愛衣、入野自由、戸松遥、櫻井孝宏、早見沙織、近藤孝行)」、ノンクレジットOPムービー(スペシャルO.A ver.)、劇場版トレーラーほか
●特製ブックレット 68P(ビジュアルコレクション&キャスト座談会ほか)
●特典映像:ノンクレジットOPED・SPOT・トレーラー集 ※1
●音声特典:全話オーディオコメンタリー ※1

※1はBD・DVDシリーズに収録した特典物と同様の内容です。

※仕様や特典は告知なく変更になる場合がございます。
※完全生産限定版は数に限りがございます。

≪Copy Right≫
(C)ANOHANA PROJECT


<STAFF>
原作:超平和バスターズ
監督:長井龍雪
脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀
プロップデザイン:冷水由紀絵
アートアドバイザー:石垣努
美術監督:福島孝喜
色彩設計:中島和子
CG・撮影監督:那須信司
編集:西山 茂
音楽:REMEDIOS
音響監督:明田川仁
チーフプロデューサー:清水博之、山本幸治
プロデューサー:斎藤俊輔、尾崎紀子
アニメーション制作:A-1 Pictures
制作:「あの花」製作委員会(アニプレックス/フジテレビジョン/電通)

<CAST>
じんたん(宿海 仁太):入野自由
めんま(本間 芽衣子):茅野愛衣
あなる(安城 鳴子):戸松 遥
ゆきあつ(松雪 集):櫻井孝宏
つるこ(鶴見 知利子):早見沙織
ぽっぽ(久川 鉄道):近藤孝行
宿海 篤:小形 満
じんたん(幼少):田村睦心
ゆきあつ(幼少):瀬戸麻沙美
ぽっぽ(幼少):豊崎愛生
春菜:水原 薫
亜紀:牧野由依

◆劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
8月31日全国ロードショー
監督:長井龍雪 脚本:岡田麿里 キャラクターデザイン:田中将賀
アニメーション製作:A-1 Pictures 配給:アニプレックス

◆主題歌
OP『青い栞』Galileo Galilei
ED『secret base~君がくれたもの~(10 years after Ver.)』
本間芽衣子(茅野愛衣)/安城鳴子(戸松遥)/鶴見知利子(早見沙織)

◆公式HP → http://www.anohana.jp/tv/
◆劇場版公式HP → http://www.anohana.jp/

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『とらドラ!』の長井龍雪×岡田麿里×田中将賀の3人が手掛けたTVアニメのBOX。主人公・じんたんをはじめ、あなる、ゆきあつ、つるこ、ぽっぽ、めんまの青春を描く。全11話を収録。特典ディスク2枚と豪華ブックレットを封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「お姉ちゃん。Blu-ray全巻買ったのにもうBOXがでるみたいよ・・・ふざけてるわね」
2 コメント 284人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
とても感動すると聞いて買ってしまいました。
結論から言うと本当です。
ちょっとキャラが萌え過ぎな気もしますが
そこさえ受け入れられればもうエンディングは
神の所業としか言いようがありません。
とても感動して久々に大泣きしました。
絵的には一般受けするものでもないと思うんですけど
何とか受け入れる努力をして最後まで観られれば
とてつもない感動が待ち受けていると申し上げます!
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 長いタイトルを短く縮めて「あの花」と呼ばれるこの作品。
 見終えた人は恐らく、哀愁の味わい濃い感傷的な気分になるのではないでしょうか?(わたしは実際そうなりました。)
 わけてもポケモンの金銀を発売当時に遊び、再放送のフランダースの犬とキッズ・ウォーを見、その主題歌”Secret Base”を聞いていた人は、まるでこの作品の作者及び登場人物が同時代の者であるかのような、そんな不思議な共感を抱いたのではないかと思います。

 エピソードは総計して十一話と非常にコンパクトですが、スタッフの手により過不足なくまとめられているため、視聴中制作陣への不満や疑惑に悩まされることはほとんどありません。我々は安心して、少年少女の思春期らしい学校生活への憂慮や、恋愛の甘く苦い悩み、友情と敵意の葛藤などを含んだ青春ドラマを見ることが出来ます。

 この作品中、最も強くわたしの胸を打ったのは、ヒロインであるめんまです。
 彼女はすでに亡くなっている彼岸の人ですが、叶えて欲しい願いがあるため、ある夏此岸へと、幽霊のようなかりそめの生を受けて蘇ってきます。
 引きこもり生活中の主人公仁太のもとに現れた彼女は、心は亡くなった当時の、幼い子供の頃のままでしたが、姿は彼と同じく長い時間を過ごして成長していました。
 めんま
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
感動的なジュブナイルものです。
ストーリーや演出等はとてもよくできています。
残念なのはコメンタリーです。
あくまでもおまけ要素ではあるもののコメンタリーの内容は、本作に絡んだもの20%、キャストの雑談80%です。
ひどい回になると映像や演技にはまったく触れずエンディングまで雑談だったりします。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lunar 投稿日 2013/7/16
Amazonで購入
あなる「ねえ、じんたんってさ、BOXも買うんでしょ」
じんた「なっなにいってんだよ」
ゆきあつ「正直に言えよ。超平和バスターズに隠し事はなしだぞ」
ぽっぽ「買ーえ、買ーえ、買ーえ」
つるこ「もう、買いなよ」
じんた「だっだーれが、こんな詐欺」
めんま「……えへへー……」

めんま「待って、じんたん、じんたーん」
ゆきあつ「待ってよめんま!行かせれば良いよ、あんな単買房。……これ、めんまに……その、お布施」
めんま「ごめんっ、じんたんに売り込まなきゃいけないから。またあとで」
コメント 161人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sry 投稿日 2013/8/20
Amazonで購入
Disc1じんたん
Disc2めんま
Disc3つるこ&ぽっぽ!
Disc4あなる
Disc5ゆきあつ

なんでやねん!
やるならゆきあつるこでしょ!

5人の絵柄にしてディスクの下にめんまが隠れてたらにんまりだったのに・・・。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アニメとしての出来は大変良く、絵柄、声、演出など、とても良いです。
「めんまの幽霊」という存在はファンタジーですが、世界自体はリアルな現実を舞台にしているので、人間のリアルな心理描写や若者の青春ドラマに重点を置いたストーリーのはず。
・・・ですが、他のレビューにもあるように、展開や心理変化がご都合主義すぎる部分が目立ちます。
メンマの存在がそこまで全員共通のトラウマになるのか?
少年期の好き、という気持ちがそこまで残り続けるものなのか?
長年の自責の念がそんなに安易に昇華できてしまうものなのか?
母親の「生き残った子供たちへの恨み」は、本当にこれで消える程度だったのか?
生きている主人公たちに共感しづらく困ります。

また、メンマのキャラクターの深堀りがないので、彼女にも共感できません。
何を考え、何を思い、何を願っているのか?が最後まではっきりしない感じです。
一応ストーリー上は「これ」という願いを叶えるわけですが、その願いが単純すぎて、人間の複雑なドロドロした感情に乏しく・・・
あまりにメンマのキャラクターが聖人然としていて、リアリティがない。
生きている主人公たちの思いを昇華させるためのアイテムにしかなっていません。
むしろ、彼女は彼らの
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック