あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,120
34pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: スターライトメディア
カートに入れる
¥ 3,133
通常配送無料 詳細
発売元: Put Maya【商品の品質には自信があります!!】詳しくはコメント欄を御覧ください
カートに入れる
¥ 3,999
通常配送無料 詳細
発売元: ttrフク
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.3 147件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,320
価格: ¥ 2,600 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,720 (40%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、四八堂 ☆年中無休・丁寧迅速に対応致します☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ANIPLEXストア】 TVアニメ「物語シリーズ」、『内村さまぁ~ず』ほか、新着タイトルや人気ランキング、ANIPLEXのアニメやバラエティなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
  • +
  • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
総額: ¥5,580
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 入野自由, 茅野愛衣
  • 監督: 長井龍雪
  • 形式: Color, Limited Edition, Import
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アニプレックス
  • 発売日 2011/06/29
  • 時間: 24 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 147件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004WC0L24
  • EAN: 4534530046789
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,363位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品の説明

高校生の主人公の前に、死んだはずの友達「めんま」が、突然、主人公にだけ見える形で現れる。子どもの頃に不慮の事故で亡くなってしまった彼女に対して、やりきれない想いを抱いていた当時の仲良しグループ「超平和バスターズ」の一人ひとりが、もう一度出会い、交流し、めんまの願いを叶えようとする…という物語

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『とらドラ!』の長井龍雪×岡田麿里×田中将賀の3人によるオリジナルアニメ第1巻。主人公・じんたんをはじめ、あなる、ゆきあつ、つるこ、ぽっぽ、めんまの青春を描く。第1話を収録。サウンドトラックCDほかを封入した2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
誰もが誰かに共感できる
そんな王道の「あの花」完全生産限定版第1巻ですが
TV放映ではあったのもが未収録となっている箇所があり
ざっと他の方のレビューを見る限りその点指摘が無いので書かせていただきます。

・良い点
 絵コンテが素晴らしい。ただ興味が無い人には要らない物かも。
 サントラCDがついてくる。
 パッケージ絵が良い。

・悪い点
 TV放映版クレジット入りEDが未収録。新EDはクレジットにPV曲が流れているのみ。
 TV放映ではED後のテロップでめんまが「どこに帰ればいいんだろう」と喋るのですがそれが未収録。

特にめんまのお喋りカットは今後収録予定が無いであろう事から
パッケージ商品としては納得がいきませんでした。
TV放映を録画されている方はそちらも大切に保存された方が良いです。
TVと合わせて完全版です。
1 コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
高校生の主人公の前に、死んだはずの友達「めんま」が、突然、主人公にだけ見える形で現れる。子どもの頃に不慮の事故で亡くなってしまった彼女に対して、やりきれない想いを抱いていた当時の仲良しグループ「超平和バスターズ」の一人ひとりが、もう一度出会い、交流し、めんまの願いを叶えようとする…

…という物語は、すでに指摘されているように、映画「いま、会いにいきます」にも似た良質のファンタジー作品であり、高校生の友情や恋愛関係の痛みを描いた青春群像劇でもあるが、それ以上に、「愛する人との突然の別離の悲しみと、そこからの再生を描いた普遍的なドラマ」であると言わなければならないだろう。また、雰囲気はいわゆる深夜アニメというよりもテレビドラマに近い。この作品は、だから、幅広い年齢層の人に薦められるものになっている。

見事だなと思ったのは、天真爛漫なめんまの可愛さ…というのもあるが、やはり演出にあった。夜の街灯に群がる虫がはらりと落ちることで「終わりが近づいている」ことを表現したり、牛乳瓶に挿された6輪の花が、「超平和バスターズ」6人の絆を表現する、というような数々のシークエンスには唸らされた。また、仲良く遊んでいた子どもの頃のシーンが随所に挿入されるが、突然友達を失った過去に捉われてしまうキャラクター達の心情を巧みに説明していて、単なるノスタルジーではないリ
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
アニメは好きで色々と見ていたけど、BDを買おうとまで思う作品は今までなかったです。が、この作品で初めてアニメのBDを購入しました。

深夜アニメ=オタクの文化という風に捉える人が未だに多いと思いますが、こういう素晴らしい作品は老若男女幅広く観てもらいたいと思います。最近の流行りの芸能人が出るだけで内容の薄いドラマやバラエティ番組よりよっぽど感動でき、得られる物が多いと思います。

より多くの方にこの作品の素晴らしさが伝わることを祈っています!!!
コメント 143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
『あの花』という物語は、どこか時代とリンクしているような気がする。この物語を、自分の物語として体験し、主人公を、自分の分身として共感出来る人は、幸いな人である。彼と同じように、常に現実に対し不服で、無意識の内に、他人を軽侮したり、ジャンクフードで腹を満たしていたり、ストレス解消と暇潰しを兼ねて、ゲームに没頭したりしている人は、この物語の世界に、すんなりと入り込めると思う。

ある夏の日を起点に、物語は始まる。引きこもりの高校生は、自宅の自分の部屋に居座って、空々しい、不毛な青春を過ごしている。トラウマだのストレスだの言って、気取ったような愚痴をこぼし、悶々としている彼は、疑惑と共に、一人の少女と出会う。彼女は、かつて不慮の事故で亡くなった、親友の幽霊だった。
こんな幻覚を作り出してしまうなんて――と、彼は、おのれの悩みの深さを自覚し、自嘲する。「みっともない」――家を訪れた、かいがいしい旧友の侮蔑が、自認された引きこもりである、彼の胸を深くえぐる。激しい痛みと自己嫌悪が、彼を襲う。他の旧友も同じく、彼に対し、さげすみと、あわれみの態度を取る。

あの頃は、こんなんじゃなかったのに――と、主人公は、過去を振り返り、当時の自分が立っていた、輝かしく誇らしい地位と、その頃の生活の、すこぶる自由で、愉快で、活力と自信に満ち溢れた雰囲気を、慨
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック