¥ 2,484
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あの午後の椅子 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あの午後の椅子 単行本 – 2016/6/25

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/6/25
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 1,600
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あの午後の椅子
  • +
  • あなた 河野裕子歌集
  • +
  • 家族の歌 河野裕子の死を見つめて (文春文庫)
総額: ¥5,065
ポイントの合計: 103pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

《歌人が繰り広げる心躍り胸を打つ言葉の宇宙》

短歌の第一人者による『もうすぐ夏至だ』に続く第2エッセイ集。最新の連載を中心に、心躍る、胸を打つ言葉の宇宙が繰り広げられる。

好評を博した『もうすぐ夏至だ』に続く、待望の第二随筆集。最新の連載「風通しのいい窓」(「PHPくらしラクーる」)や「あすへの話題」(日本経済新聞)を中心に、各紙誌に発表した随筆の数々がまとめられている。
まず巻頭に収録された、表題ともなった書き下ろしの随筆が読者の心を打つ。これは「あの午後の椅子は静かに泣いてゐた あなたであつたかわたしであつたか」(『夏・二〇一〇』)から採られている。
珍しく陽のあるうちに帰宅した夫が、庭の椅子に座っている妻の河野裕子に声をかけたとき、夫ははっきりと「さっきまで泣いていた」様子を見てとった。それは妻が乳癌の再発を告げられてからひと月ほどたったある日の午後。夫は「彼女の横に腰かけ、同じほうを向きながら、何も話さなかった。慰めもせず、冗談で元気づけようともせず、泣いていたわけも訊かず、ただただ横に座って居ただけだった」……。
この秀逸な一編から巻末まで、ポエジーな文体が奏でる、常に歌人であることの意味を問い続ける著者の真摯な姿勢を、読者は心ゆくまで堪能できるだろう。

[目次]
あの午後の椅子

I 風通しのいい窓
おまへのままがいいから
いつも誰かが居てくれる場所
二度と会うことのない友人たち
相槌のありがたさ
言葉のすき間と形容詞
「ともだち親」として
「自分らしく」なく生きる
家族の呼び名
日常の中の歌、日常に添う歌
「親父の背中」とは?
家族の歌

II 「あすへの話題」より
ご飯はフォークの背に載せて
Your hair!
車に杉の木が生える!
異議なし!
書くということ
歌仙を巻く
根の世界に魅せられる
首長の挨拶廃止論
立食パーティでの挨拶は
言葉で開く生き方
一升瓶と回虫
河野裕子の呪い
あなた、スペインに行ってるの!
一首の歌に人生が見える
賀茂曲水宴のこと
地球十五周分の細胞を
エーゲ海の風
勘定が合わない
マウスの尾静脈から
臨死体験
教授室の窓
理系の教員

III 歌人で〈ある〉ということ
歌人であり続けるとは……
歌で伝えられるもの
本歌取り 歌を共有する意志
歌の理由 ねむいねむいと
百年後に遺す歌
歌壇を相対化する目を
自分に届くことば あなたはどうか
〈あいだ〉を漂う歌
父と句と私の歌
伝えたきこと
歌枕に思う

IV いつも〈いま〉がおもしろい
饗庭
母の驚愕、悲しき記憶
小さな塾の話
躓きの書
嵯峨野
楽友会館の思い出
下駄と月見草
物理のおちこぼれ
きのこ黙示録
キャンパスのきのこ
男の〈遊び〉
熊に嚙まれた話
短歌とサイエンスのあいだで
海賊屋
こだわりつづけること
誰もが右を見たら、一度は左を…
知らないことは羞しいと
「知りたい」という欲求
『免疫の意味論』の意味
生活のなかで思い出される歌
気の鬩ぎ合い
漆を食べる
この必然が男には…
植物音痴

あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

歌人で“ある”ということはどういうことか。個人の日常と、歌という表現を持つこととの関係を、しなやかな視線で描く、珠玉のエッセイ集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: 白水社 (2016/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560092427
  • ISBN-13: 978-4560092422
  • 発売日: 2016/6/25
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 387,948位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアーVINEメンバー2016年7月15日
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ファイナルファンタジー xv