通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
あの会社はこうして潰れた 日経プレミアシリーズ がカートに入りました
+ ¥256 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


あの会社はこうして潰れた 日経プレミアシリーズ (日本語) 新書 – 2017/4/11

5つ星のうち3.5 62個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥935
¥935 ¥1
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • あの会社はこうして潰れた 日経プレミアシリーズ
  • +
  • なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則
  • +
  • 倒産の前兆 30社の悲劇に学ぶ失敗の法則 (SB新書)
総額: ¥3,070
ポイントの合計: 65pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

倒産にはパターンがあった。金融業者も注目するレポートの中身とは

企業倒産の数は7年連続で減少し続けている。そんな「無倒産時代」だからこその「転ばぬ先の杖」としての需要だろうか。どこにでもあるような中小企業の倒産事例を豊富に集め、レポート風に端的にまとめた本が快調に売れている。

「信用調査会社の方が書いた本なので、取材対象にインタビューを試みて、倒産の背景を深掘りするようなアプローチはしていません。淡々と客観的に、会社が潰れていく過程をまとめ、類型化している。一般の方にも興味深く読んでいただける内容に仕上がっていますが、実際に倒産を見聞きすることの多い、金融業など玄人筋の方からも高い評価を受けています」(担当編集者の野崎剛さん)

倒産に至る要因はさまざまだ。ネット通販の普及や価格帯の二極化に対応できなかった京都の呉服屋のように、産業構造の変化についていけなかったケース。本業は順調なのに、多角的経営や業務外の金融取引にのめり込んで損失を出したケース。不正会計や闇経済の人脈による悪辣な手口といった犯罪行為の絡むケース。ひとつひとつ読み解くと、今の日本経済が抱える問題が浮かび上がってくる。

「企業の経営悪化は、なんとなく外部に伝わるときもあれば、隠されていた都合の悪い情報がいきなり噴出するときもある。本書にはさまざまな情報から倒産を見抜くヒントが詰まっていると思います」(野崎さん)

評者:前田 久

(週刊文春 2017.09.21号掲載)

共通点は信用喪失

ぼくも含めて、人は倒産話が好きだ。他人の不幸は蜜の味。いや、明日は我が身。滅びの歌が好きなのは『平家物語』の昔から。倒産話のBGMは、祇園精舎の鐘の声。

藤森徹『あの会社はこうして潰れた』が売れている背景には、そんな気持ちもあるだろう。

信用調査会社のベテラン情報部長が、最近の倒産事例とその原因について書いた本である。経済紙電子版連載コラムをもとにした小さな本だが、たくさんの倒産事例が載っている。

「ジュエリーマキ」の三貴やジーンズのエドウイン、防虫剤・消臭剤の白元など、誰もが知っている会社もあれば、有望視されていたベンチャー企業もある。出版社や取次、書店の倒産もあるし、病院や老人ホームまでも。業種や業態、規模、歴史の長短にかかわらず、どんな企業も潰れるときは潰れるのだ。

倒産に至る理由はさまざま。「売家と唐様で書く三代目」そのままの放漫経営もあれば、時代の変化についていけなかった企業もある。無理な拡大が裏目に出た会社もあれば、マネーゲームの餌食になった会社もある。為替相場の激変など外的な要因で潰れた会社は気の毒だが、それも先を見る目がなかったということ。運不運も大きい。

倒産の理由は多様だが、ひとつだけ共通したことがある。信用だ。会社は信用を失ったとたん、お金が回らなくなり、事業が止まる。長年かけて培った信用も、失うのは一瞬。

本書を閉じたあとで思う。信用をとっくに失ったはずの東京電力や東芝が(いまのところまだ)潰れないのは、どうにも納得できない。

評者:永江朗

(週刊朝日 掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

77億円を集めた人気ファンド、創業400年の老舗菓子店、名医が経営する病院―。あの企業はなぜ破綻したのか?トップの判断ミス、無謀な投資、同族企業の事業承継失敗、不正、詐欺など、ウラで起きていたことをつぶさに見てきた信用調査マンが明かす。倒産の裏側にはドラマがある!日経電子版好評連載!

登録情報

  • 発売日 : 2017/4/11
  • ISBN-10 : 4532263379
  • 新書 : 236ページ
  • ISBN-13 : 978-4532263379
  • 出版社 : 日本経済新聞出版 (2017/4/11)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.5 62個の評価