通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あなたは子どもの心と命を守れますか!―いじめ白書「... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品になりますので、多少の日焼け・傷み・シミ・折れ等はございます。カバー・表紙の装丁、出版年月日等が掲載されている画像・詳細と異なる場合がございます。帯・特典等の付属品につきまして、記載が無い場合は付属しておりません。また、店舗でも販売しておりますので売切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金致します。何卒ご了承下さいます様、お願い申し上げます。 66739
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あなたは子どもの心と命を守れますか!―いじめ白書「自殺・殺人・傷害121人の心の叫び!」 単行本 – 2004/2/1

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あなたは子どもの心と命を守れますか!―いじめ白書「自殺・殺人・傷害121人の心の叫び!」
  • +
  • いじめは犯罪!絶対にゆるさない!いじめに悩むこどもたち、お母さんたちへ (SEIRINDO BOOKS)
  • +
  • いじめない力、いじめられない力 60の“脱いじめ"トレーニング付
総額: ¥4,145
ポイントの合計: 54pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

「いじめ事件」を知っていますか?/いじめは、どんな子にもおきる/なぜ、「いじめ事件」は防げなかったのか?/「いじめ事件」を繰り返さないために

内容(「BOOK」データベースより)

「たかが、いじめ」では、ない!学校、教師、親は、その時どう動いたか?何を、どうすればよいのか?子どもを被害者にも加害者にもしないための必読書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 431ページ
  • 出版社: WAVE出版 (2004/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872901797
  • ISBN-13: 978-4872901795
  • 発売日: 2004/2/1
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 703,879位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
いじめと戦うのは子供本人はもちろんなのだけど、親・家族・先生も対処に戸惑う。実際に止んでは繰り返されるいじめにうんざりし「またか」「相手にするな」と言葉で片付けるのは簡単だ。親も、先生も精一杯の手を尽くしたつもりで居ても子供の世界では何一つ改善されていないのがいじめだと思った。そしていじめと戦う親子は孤立してしまう。ネットでも拠り所を探したし、公的に相談できるところには相談した。だけど、これ!といった解決方法を示してくれるものはなかった。
そんなときに、この本を見つけた。親にしてやれることが見えてきた。絶対にあきらめたりしないという気持ちになった。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/21
形式: 単行本
86年の中野富士見中学のいじめ自殺事件(葬式ごっこ事件)から、03年までのいじめ・暴行死などの事例が細かく書かれています。
さらに学校の対応、裁判なども網羅されており、現代の子どもを語る上でぜひ読んでおきたい一冊でしょう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 絵本が好き☆ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/2/8
形式: 単行本
前半、どのような事件が起きたかが淡々と綴られていきます。

子どもが受けたいじめ内容や、学校や警察等の対応、訴訟があった場合はその判決等、かなり踏み込んでいることが伺えます。

親が子供を励まし、教師もその教師なりに考えた対応をしたのかもしれない、とも思わせられます。

私がこの本を読んで一番思うことは、『決して無駄死にしてはいけない!』ということです。

いじめ自殺が大きなニュースとなる時、多くの人は、いじめた加害者が罰を受けたと感じると思います。

例えば自殺したA君が、B君とC君に苛められたとそのいじめ内容を詳細に遺書に書いたとすれば、A君は誰かがその二人を処罰してくれることを期待して自殺したと思われます。

実際その二人は例えば週刊誌にプライバシーを暴露されたり少年院に送致されたり、A君の両親に慰謝料を支払うことになるかもしれません。

そして、これらの報道を見聞きしたいじめの被害者が、自分も又そういう形で報復しようと考え自殺を図る。こういうことが結構多いように感じます。

けれども、この本を読むと、事実は決してそうA君の期待するようには動いて行かないことがよくわかります。

A君がいくら家族を愛
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告