Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


あなたはちっともわるくない (だいじょうぶの絵本) 大型本 – 2001/3

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥ 4,868
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   児童虐待をテーマにした絵本。両親に虐待を受けているちびくまが、友だちのたろくまと医者のやぎ先生に支えられて、心の傷を乗り越えていく物語だ。著者は、子どもにわかりやすく人権を伝え、暴力から身を守る方法を教える「CAP(Child Assault Prevention)」と呼ばれる教育プログラムを提唱してきた画家。絵物語に託しながら児童虐待の定義や、子どもの権利、虐待を受けた子どもの気持ち、虐待を受けそうになったときの具体的な対処法などを伝えている。

 「ぼくは わるいこなんだ」と自分を責めるちびくま。そんな彼に、たろくま、やぎ先生、すべり台やブランコやのっぽの木が「あなたはちっともわるくない」と呼びかける。この物語が訴えているのは、子どもが「人として尊重される権利」を持っているというメッセージを子ども自身に確実に伝えることの大切さだ。

   本書は「だいじょうぶの絵本」と題されたシリーズの中の1冊。ほかに子どもへの性的虐待を主題とした『いいタッチわるいタッチ』と、自己肯定感を持つことの大切さを説く『わたしがすき』がある。いずれも身近な問題であるにもかかわらず、家庭では取りあげにくい話題を真正面から見つめた、親と子どもが共に考えるための絵本だ。(中島正敏)

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくが悪い子だからぶたれるんだ、と思っていたちびくまは、やぎ先生とたろくまにはげまされて…虐待を知り、虐待をのりこえる絵本。巻末に解説と「児童虐待防止法」を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 32ページ
  • 出版社: 岩崎書店 (2001/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4265038115
  • ISBN-13: 978-4265038114
  • 発売日: 2001/03
  • 梱包サイズ: 22.8 x 20.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 825,629位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2014年4月5日
形式: 大型本Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告