通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あなたの子どもを加害者にしないために―思いやりと共... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版本。カバーにスレ、小じわ、小さな染み跡があります。書き込み等なく、その他は問題ありません。発送は日本郵便ゆうメールでの発送となります。クリアパックにて丁寧に包装し、遅滞なく発送致します。どうぞ宜しくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あなたの子どもを加害者にしないために―思いやりと共感力を育てる17の法則 単行本 – 2008/10/1

5つ星のうち 4.7 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 514

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あなたの子どもを加害者にしないために―思いやりと共感力を育てる17の法則
  • +
  • 文庫 お母さんはしつけをしないで (草思社文庫)
  • +
  • 子どもを信じること
総額: ¥5,789
ポイントの合計: 85pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

無意識の内にこんなにも子どもたちの人生を奪ってしまっていたのか!
衝撃と共に、自分とわが子の関係、そして自分と自分の親の関係を振り返ってしまいます。
この本からは、“子は親の鏡”という言葉の意味が真にわかります。
言って聞かせることではなく“親の振り見て子は育つ”ことがよく理解できるでしょう。

不安な社会の象徴となった「少年A」。
“異常”のレッテルを貼られようとしていますが、殺人に至る特異な世界観も家族との関係の中から紡ぎだされたことを知るとき、人は居住まいを正さざるを得なくなります。

では、どのように親は自分の姿に気づけばいいのか?
それは「思いやりと共感力を育てる17の法則」にわかりやすく提示されています。
子どもの姿を通して親が自らの姿勢に気づくとき、親自身が救われ、子どもも救われるのです。

また会社に引きこもるお父さんたちに向け、「家庭が大事」と言えるためのしっかりした考え方が示されています。
かつて組織改革を成し遂げた著者が身をもって紡ぎだしたその哲学は、最近ようやく言われ始めたワーク・ライフバランスの動きを促進させるでしょう。

著者は、完璧な人間はいないという立場に立っています。
子どもは家族だけでは育てられない。
今やブラックボックスとなりDVや虐待など犯罪の温床となっている核家族を救うためにも、地域を再生することも大切です。その地域づくりの具体事例も説かれています。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者からのコメント

要求する生き方から解放されましょう。

この本で言いたいことを一言で表現するとすれば、こうなるかもしれません。
人がありのままの自分でいることができず、いろんな要求を突きつけられる現代社会の中で、親もまた子どもに良かれと思いつつ、つい要求してしまいます。

「A」と名づけられた赤ちゃんもまた、白紙でこの世に生まれて以降ずっと両親から要求を突きつけられ続け、必死になってそれに対応しようとする運命の中に置かれました。
本書で取り上げたいくつかの不幸な事件の家族の背景には、いずれも疲れ果ててくたくたになった子どもたちの姿が見えます。

空回りする親の愛情が残念でなりません。
“普通”を目指して生き急がされる子どもたちがかわいそうでなりません。

子どものためにレールを敷くのが親の役目と思い込む「お膳立て症候群」の呪縛が、子どもから「生きる力」を奪っています。
この本を読まれる方が、先ず自分自身を縛っているものに気づき、それから解放されることを願っています。
そして、親が子どもにとっての“環境”であることがわかる時、自然や地域社会という環境がいかに大切な価値を持っているのかも改めてわかると思います。

家庭の窓を大きく開け放ち、明るい日差しとさわやかな風の中で、ひとつ大きな伸びをしてください。
この本が、皆様が走るのをやめて、歩き始めるきっかけになることを願っています。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: ブッキング; 復刊版 (2008/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4835443942
  • ISBN-13: 978-4835443942
  • 発売日: 2008/10/1
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 95,015位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
交流分析の観点から少年Aとその親との関係を紐解きつつ、子育てに必要なことは何なのかを解説した本。
見る限り、両親、特に母親の態度が自己愛性人格障害の人間のあり方そのもの。
少年Aは生まれてからずっと親の自己愛の照射を浴び続け、モラルハラスメントで心を傷つけられることが日常茶飯事の中に育つうち、解離性同一性障害(旧:多重人格障害)を発病してしまったのだと思った。
防衛機制”解離”が生み落としたのが酒鬼薔薇なのだ。

こんな育てられ方したら誰でもおかしくなるし、ならなければそれこそおかしいでしょう。
少年A、彼は当然、犯した罪を背負い償うべきではあるが、かつて同じ子供であった一人の人間としては同情を禁じ得ない

神戸の事件に限らず、悲惨な凶悪事件の犯人、その生い立ちを分析したものを見ると、その親の大多数が極めて自己愛的な性格をした人間であることが窺える。
他者に共感する能力が欠落して持ち合わせていない自己愛性人格障害者は子供を持つべきでない、そう強く思ったしだいである。

本書は間違いなく、神戸の連続児童殺傷事件の真の闇に最も迫っている本ではあるが、精神医学などに興味をこれまで持ったことがなく事件にだけ興味があって読んでみたい人が読んでもわかりずらい部分があると思う。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
報道では、彼個人の異常な性衝動で、全てを片付けられていたと記憶しています。

心理的虐待の問題は最近になって認定され始め、「毒親」ブームに収束していると感じます。
しかしこの少年Aの事例のような心理的ネグレクトが及ぼす影響は、今も昔もほぼ認識されていないと感じていました。
少なくともアダルトチルドレンやスーザン・フォワード関連の毒親本には、心理的ネグレクトについての記載はほとんどなかった、あったとしても少なかったと記憶しています。
心理的ネグレクトの恐ろしさ、家族の恐ろしさを垣間見ることができました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
事件は不遇な家庭環境や少年Aの個性や感じ方ではなく、家族の関係、気持ちの交流の問題だと著者は訴えているのだと私は理解しました。

どんな性格のどんな親でも、子供の問題行動に何か意味があるのでは、と気付けるチャンスはあるのだと思います。

事件が起こった原因がこの環境だからあんな親だからということを言っているわけではなく、子供を育てるということ、自分が親として自分の性格、考え方などが子供がどんなふうに感じているのか、親としての自分を見直すきっかけになりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
身につまされ、一気に読んだ。
しかし、再度読み返したいとは思わない。あまりにも恐ろし過ぎるためだ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
子持ちの方は、読むといいです。犯罪者になる、ならない、は別として、子供への接し方に参考になると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
とても理解しやすい内容で参考になりました。

子育てに悩んでいる方はぜひ読まれてみるとよいと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kod 投稿日 2008/8/11
形式: 単行本 Amazonで購入
絶版の本書であるが、復刊ドットコムというサイトにて復刊が決定した。2008年6月8日に秋葉原通り魔事件が起きて以来、私もその一人だが多くの方が事件を読み解くカギを本書に求め、要望が高まったことを受けたようだ。結果的に本書の復刊を後押ししたのが、再び起きた痛ましい事件だったというのが何ともやりきれないが…。

少年Aの家庭に潜んでいた病理。全てのヒントは「少年A」この子を生んで……という両親の手記の中に隠されていた。著者はカ
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー