Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 999
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[有馬珠子]のあなたの周りに潜む東電OL予備軍: 本書は現代女性に捧げる蜘蛛の糸である
Kindle App Ad

あなたの周りに潜む東電OL予備軍: 本書は現代女性に捧げる蜘蛛の糸である Kindle版

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2016/10/4
"もう一度試してください。"
¥ 999

商品の説明

内容紹介

彼女からは闇の匂いがした。孤独な女性キャリア「東電OL」によく似た人。

「私」は十数年前、資格予備校でTさんと知り合う。彼女は自らの顔に薄暗い「自罰メイク」を施し、拒食症の身体にムチ打ち、司法試験の勉強に専念していた。親の愛を得るために。

拒食症、強迫性障害、親子関係、承認欲求、女性活躍の壁、反原発、そして自助力の気づき。
東電OLとTさん。鏡を隔てた一対のようなふたりの女性を通じ、さまざまな視点から事件の闇をシンクロする。
自己と対話することができず、他者やラベルに「絶対神」を求め、あてどなくさまよう瀕死の迷い人たちへ。

そしてあの事件の「核」は………。
親子が二代で唱えた、「反原発」にあったのかもしれない。


 目次
はじめに
東電OL
東電OL予備軍・Tさん
拒食症
美しい母と姉
自罰メイク
ノルマ
強迫性障害
無性の恋愛
バイト
自虐
私がいい子でいるために
高潔な理想
元総理大臣大平正芳と三男
反原発とガラスの天井
こころ
司法試験合格
女嫌いの日本大企業
試食品コーナーめぐり
第三者
邂逅
再生
パターン2
被爆
さいごに
 取材写真~東電OL、渋谷での足跡を辿る~
◆スタートは、平成二十六年十二月、セミナーのための取材だった
◆平成二十八年九月、電子書籍出版に際し、献花のため再訪


(文字数10.8万字、読了時間目安3.6時間)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7623 KB
  • 紙の本の長さ: 166 ページ
  • 出版社: ムエザプレス; 1版 (2016/10/4)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LYQN0XN
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 36,701位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
素晴らしい表現力と文章力で、グイグイと引き付けられました。自分自身の中にも、東電OLやTさんと同じコンプレックスがあり、自らを縛り付けている事に気がつきました。自分はコンプレックスから抜け出したと思っていますが、ふとした瞬間に出てくる呪縛。ここから抜け出すのが、生涯の課題となっています。著作は、その呪縛から抜け出すヒントを与えてくれました。ぜひ多くの人に読んでもらいたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みんみん 投稿日 2016/10/15
日本社会の古い体質を鋭く説いてるなあと思った。著者の想像するストーリーは 半ば当たってるようにも思える。しかし Tさんは 精神病におかされてるようで 最後のパターンはやはり後者であり フィクションおよび 素人が手に負えない感あり。でもとても 興味深く読んで良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
思っていたより興味深く、おもしろかったです。特に最後の写真は、リアリティーをたかめて、哀愁も感じさせました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover