中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あたらしい朝(1) (アフタヌーンKC) コミックス – 2008/8/22

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ヒットラーの台頭、ドイツの暴走、連合国の勝利。無垢なチンピラを叩きつぶさんと時代の荒波がこれでもかと押し寄せる。マックスは無事、「朝」を迎えることができるのか!? これは、1930年代のドイツでチンピラ的青春を謳歌していた若者が、ふとしたきっかけで軍隊に入り、戦火をかいくぐり、戦時をな ぜか箱根で過ごすという、数奇かつありふれた運命を描いた物語。チンピラドイツ兵青春記、幾度もの中断を経て、ここに完結!


ヒトラーが牛耳り世界中を敵に回しつつある1930~40年代のドイツ。チンピラとして 安い自由を満喫していたドイツの若者マックスは、大金をネコババしたことがきっかけでドイツ海軍へ志願。銃弾飛び交う命の危険より、差し迫った小さな危険を重視したチンピラの考えはどこまでも浅かった! 今なお史上最も有名な独裁者、総統アドルフ・ヒトラーの誤った野心は、彼らの2人のチンピラの想像をはるかに超えていたのだ!


登録情報

  • コミック: 220ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/8/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063145239
  • ISBN-13: 978-4063145236
  • 発売日: 2008/8/22
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
黒田氏の軍オタ(特に海軍)趣味が炸裂。
また、氏は本当に食べ物を美味そうに描く。
そんなところも宮崎駿に通じるものがあるかも。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
一目では理解できない構図や雑にも見える絵。
ヘタウマっぽくも見えるが、実は上手い。

登場する物のディティールにもこだわりがみえて
物語りも浅そうでいて深みが有る。
何度か読んで理解できる部分も多い漫画です。

やっぱり黒田硫黄は面白いや。
文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を取ったのはまぐれじゃない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
実のところ、黒田硫黄という漫画家の事をぜんぜん知らない。
ちょっと前にドラマか何かになった『セクシーボイスアンドロボ』という話の作者らしいが、そんな事も知らなかった。
で、この漫画。ササッと目を通せる感じの話ではない。ひょんな事から大金を手にしたマックスが、一目惚れしたベルタという娘に金を預け、身を隠す積もりで軍隊に入るが・・・という筋書き。
退廃から一転、窮屈でしかも死がすぐ傍にある緊張感の中に放り込まれた主人公。
戦友や上官は実に個性派ぞろい。
いつも死と隣り合わせなだけに、それぞれ独特の哲学を持って生きている。
生きると言う事の本当の意味に気づきかけている主人公の葛藤が、時に深刻に、時に明るく描かれていて、読む者の人生にも重なってくる。
人間がすがって生きるもの、必死に探し出す希望とは何か。それはどれほど確かなものだろうか。
そんな事をさりげなく問いかけてくる。
ただ、どうしても引っかかる点が一つ。なぜマックスはベルタにあれほど惹かれたのだろう。
特徴のあるキャラクターでもなく、マックスの求愛にさして乗り気でもない。偶然再会しただけの、幼馴染のパン屋の娘。
単なる刹那主義なのか、それとも何かの理由が後に明らかになるのであろうか。
いずれにしても、自分の命運を
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告