通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s4630a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あそびの時間 暗黒遊戯昇天編 (ガガガ文庫) 文庫 – 2012/9/19

5つ星のうち 2.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2012/9/19
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

高校生活3年目。小鳥遊優征の夏休みはゲーセンバイトで始まった。この店は、店員も客も変わり者ばかり。店を裏で仕切るキミマロは、イケメンなのにディープなオタク。男嫌いで、黙々とノートに妄想を綴る見雪夜子は隠れBL女子。英語のできない金髪女性「傭兵」のドロシーに、懐ゲー好きの美人店長・春夏冬七海…。そしてその嵐の夜。優征は全一プレイヤーの少女・ノラクロに出会った。初心者の優征はもちろん、常連たちをも手玉に取る彼女の目的は―?虚実入り交じった、この空間こそが心地いい。これが俺たちの日常。


登録情報

  • 文庫: 263ページ
  • 出版社: 小学館 (2012/9/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094513671
  • ISBN-13: 978-4094513677
  • 発売日: 2012/9/19
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,310,244位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ゲームセンターを軸にしたほのぼのライトノベル。何事に対しても決めかねている主人公が、ゲームセンターでのバイト経験を通して成長していく話、なのだと思う。さて内容だが、出てくる登場人物が好ましい存在ばかりなので、まず好感がもてた。とくにノラクロの可愛さはとても素晴らしいので「中学生」「黒髪」「女帝」というワードに一目を置かれる諸氏には一読の価値がありますよ。
(残念なのはアクの強そうなバイト女子の登場シーンが少なかったこと。あれは2巻以降だろうか)
構成としてはなにも章句切りにしなくとも良かったのではないか、と思うがここは個人の趣味によるだろう。(個人的には1章全カット。ノラクロとの出会いから3章までを一気に展開して熱い感じにしても良かった)
とは言え、さらりと読めるしノラクロは可愛い。概ね満足。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
作者が元ゲームセンター店員とのことなので作中のお店の雰囲気はこんなゲーセンあったな〜と
私のように青春時代入り浸った人達にはとても懐かしい気持ちで読めると思う。
キャラもこんな感じの常連いたわ〜と懐かしくもあり物語向けでもある濃い面子が多く好印象
また、今流行りの大型のゲームセンターしか知らない人にはこれらが逆に新鮮に写るのでは?

内容に目を向けると前半と後半で少し雰囲気が違っている印象。
前半は濃いキャラの織り成すドタバタコメディ、後半はちょっとシリアスな雰囲気
前半のドタバタ劇は濃いキャラと馴染みのあるゲームやネタのおかげで大いに楽しめた。
ただ後半は少しパンチ力に欠ける印象、個人的にはもっとシリアスな展開でも良かったかなと思う。
もしくは某宇宙戦艦のように異世界でゲームの腕を生かして活躍するぐらいの飛躍をしてもキャラの濃さが生きたかもしれない。

しかし小さなゲームセンターが舞台の作品はあまり見かけないので是非とも続巻を希望したい。
何度も挙げるように登場人物達はとても濃い連中が揃っているので(むしろ主人公が薄すぎるぐらい)
今回あまり活躍の無かったキャラが次巻以降で活躍する所を見てみたい。
そして平成生まれを置いて突っ走るような更なる小ネタにも期待してます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
作者の前シリーズ「黄昏世界の絶対逃走 (ガガガ文庫)」は世界観の描写ばかりが前面に出てストーリーの
起伏が弱いという部分に物足りなさを感じたので、ゲームセンターという読者にも親しみのある
世界観の描写に尺を割かなくても良い場所を舞台にしたら少しは起伏のあるストーリーを書けるのでは?
そう期待したのですが…どうも作者にはストーリーテリングというのがよく分かってないだけの様でした

何事にも挑戦する気力を持てず、ブラブラしていた高校生が自信喪失のきっかけになったゲームセンターの
アルバイトに美人店長目当てで応募する事から物語が始まるのですが…店長や個性的なバイト仲間や常連客が
出てきた時には「ああ、主人公がゲーセンに自分の居場所を見つける物語な
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ゲームセンターと、格闘ゲームの話がメイン。
構成やら文章やら設定やらで悪い部分は沢山あったのだが、何よりも主人公がダメだった。
感情移入も応援も全くできない主人公で、読むのが辛かった。
エンターテイメント的に最後とのギャップを表すためにあえて最初は最悪の性格にしているのかと思ったが、
最後まで主人公は嫌な奴だった。
周りから優しくされて、気遣われているのに悪態をついて相手を責めたり、
自分の欠点を指摘されたら「こういう性格だから仕方ない」などと全く反省も改善する気もなかったり(むしろ開き直ってたちが悪い)、
会って数日しか経っていない表紙絵の少女が他の男の子と親しくしていたら、嫉妬して苛立ってストーカー性や自己中心的な独占欲を見せたり、
挙げ句の果てに最後はヒロインが頑張って手に入れたメダル(お金)を何のリスクも努力もしていない主人公が半分よこせと言った時は呆れかえった。
どう見ても主人公と言うよりは悪者にピッタリで嫌な高校生だった。
気持ち悪くて、うざい主人公で、物語として良い部分も特になかった。
唯一良かったのはゲームやゲームセンターをきちんと描こうとしていた作者の姿勢だけ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告