あずみ スタンダード・エディション [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,780
9pt
通常配送無料 詳細
発売元: RKオンラインストア
カートに入れる
¥ 4,780
9pt
通常配送無料 詳細
発売元: リズムファクトリー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あずみ スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.4 141件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,780 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 404 (8%)
ポイント: 9pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、メディア専門店ロクフィ-が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 4,780より 中古品の出品:30¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • あずみ スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • あずみ 2 [DVD]
  • +
  • ICHI -市- [DVD]
総額: ¥9,250
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 上戸彩, 原田芳雄, 小栗旬, 成宮寛貴, 小橋賢児
  • 監督: 北村龍平
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2003/11/21
  • 時間: 142 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 141件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000C0SXM
  • JAN: 4527427623828
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 49,463位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

上戸彩主演のハイパーアクション時代劇『あずみ』(原作:小山ゆう、監督:北村龍平)がDVD化。
※特典ディスク付き2枚組のデラックス・エディションも同時発売。

【商品仕様】
●ピクチャーディスク仕様
●DTS5.1ch音声
●日本語&英語字幕

【特典映像】
●キャスト・スタッフプロフィール
●劇場予告編
●TVスポット

Amazonレビュー

   小山ゆうの人気コミックを原作に、『太陽を盗んだ男』のプロデューサー山本又一朗が『VERSUS』の新鋭・北村龍平監督を大抜擢してお届けするアクション時代劇大作。徳川家康が幕府が開いた1600年代初頭、刺客として育てられた10人の若者たちは、爺(原田芳雄)の命令でまず仲間同士で殺し合いを強いられ、勝ち残ったあずみ(上戸彩)ら5人は、徳川に反旗をひるがそうと企む浅野長政(伊武雅刀)や加藤清正(竹中直人)の暗殺の任を受けるが…。
   いわゆるアイドル映画になることを拒否し、若手俳優たちに本格的な殺陣を徹底させ、そのダイナミックな肉体の躍動から青春の息吹や殺し合う悲しみなどをかもし出させる手法が見事に功を奏し、新世代ならではの青春群像時代劇の秀作に仕上がっている。2時間22分という長尺を感じさせず、見せ場の連続で突っ走るエネルギッシュな演出の勢いは、まさに若手監督&キャストならではの輝しい賜物であった。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
最初は何気なくDVDをレンタルして興味を持ち、
その後一気に原作もオトナ買いしました。

原作を知ると、この映画はやっぱりアクションシーンに時間をかけすぎて、
(北村監督作品なので当然といえば当然なのでしょうが)
個人の内面を描く部分までは時間が足りなかった、という感じでしょうか。
あずみが茶髪であること(父親が異人)ですら説明されていませんから、
初めて見た時は「アイドルだから!?」と思ってしまいました。(笑)

なので、なぜ大切な友を殺してまで使命を果たそうとするのか、という大命題も
このDVDを見ただけでは納得できませんが、
でもやっぱり好きです!
上戸さんの演技や殺陣には厳しいご意見が多いですが、
ラストの戦闘シーンはやっぱり、ゾクゾクするような表情を見せていたと私は思います。

特典があるほうのDVDでは、プロデューサー、北村監督、小山先生ともに、
「現在進行形である、しかもかなり長い原作のどの部分を映画化するのか」
という”脚本作り”にかなり悩まれたようですが、確かにそうですよね。

とりあえず、原作とはまた別物と考えたほうがいいと思いますが、
これはこれで面白いし好きな作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ(大宮) 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2015/12/26
形式: DVD
超人気コミック(小山ゆう)の映画化だが、原作と違う設定ということでファンにはいまひとつだった作品。
だか映画としては魅せる部分もけっこうありなにより若手俳優陣がじつにいい味出していた。
とくに話題を呼んだ二百人斬りシーンは、刀が炎を放ったりとケレン味たっぷりだし、とりわけ彼女の
親玉が死ぬ間際に発した言葉「おまえのなすべき使命はもう何ひとつない」ってなんかへんじゃあり
ませんか?竹中直人氏がまだ残っていたような・・・。まあギャグにしてもスゴイ。
画質もいかにも戦国絵巻風で緻密であるが、構図としては現代風かも。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
あずみがどうしてハーフでないといけなかったのが謎のまま、原作がいきなり幕末にぶっ飛んじゃったから、上戸彩の「あずみ」も有りかな、と思い始めたんですけど。でもやっぱり、実写版の『あずみ』は強そうには見えないですね。

幕末の「あずみ」もいずれ映画化されると思えるから、それを前提にして今作を批評しておきます。

史実どころか、原作にもほとんど忠実でない映画化をするなら、あずみたちが初めて切る相手が仲間から、というところだけが原作通り、というのはいただけない。同志討ちをやってしまうと、残った仲間の団結力が固まるどころか、自分も仲間の足手まといになったら仲間に切り殺されるかもしれない、という疑心暗鬼が心の隅に生じ、それはやがて士気の低下につながるから。
ひとりひとり別行動で日本全国に散ってしまうならともかく、チームプレイを前提に下山するなら、同志討ちをしてわざわざ同行の人数を減らすのは、下策も下策。本当なら、二チームに分かれて、東・西に「出陣」するか、二段構えにするのが戦略のセオリーじゃないでしょうか。

それから、相手が武器を持って襲ってくるからと言って、やたらめったら人数を切り殺せば強い、というものではないでしょう。あずみの凄みは、剣術・身のこなしが素早いことにあるのではなく、しっかり仕留めないとならない相手と、手傷
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2016/6/14
形式: DVD
原作を読んでいないのでなんとも言えないが、本来、このストーリーには、あずみたちの育ち方や使命、月斎との関係などが、もっと密に描かれていたのではないだろうか。
映画ではそういったものがそぎ落とされ、結果としてアクション・シーンだけが目立つようになってしまっのだと思う。
それゆえに、描写は戦いや殺人の連続で、特に前半は見ていて嫌気がさしてしまう。また、せっかく原田芳雄や竹中直人を起用していたのに、あの脚本では彼らの演技や個性が生かされていない。また、竹中直人も、どう見ても加藤清正に見えなかった(大河ドラマで秀吉のイメージが強いこともあるが)。北村一輝との絡みは、秀吉と猫侍が会話しているような感じがしたのは私だけかも知れないが。上戸彩は存在感はあったが、殺陣はどう見ても強そうには見えなかった…
ただし、今から見ると、配役は興味深い。前述の原田芳雄や竹中直人、まだ若い北村一輝。そして初々しい小栗旬や成宮寛貴。オダギリジョーの美女丸は、今にして思えばいろんな意味で貴重かもしれない。他にもアレっと思うような役者が出ている。
アクションシーンはとても見ごたえがあった。確かに若い俳優の殺陣は今一つ、ではあるが、大掛かりなセットや撮影の技法と相まって、ラストの方では画面に引き込まれていった。
この映画は、人間を描いたドラマを期待すると厳しい。アクションをメインに押し出した娯楽大作として楽しむべきだと思った。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す