通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あしながおじさん (福音館文庫 古典童話) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★品質保障。概ね良好なコンディションです。カバーに傷みがあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。ゆうメールにて発送。簡易クリーニング済。迅速に対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

あしながおじさん (福音館文庫 古典童話) 文庫 – 2004/6/15

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 180

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あしながおじさん (福音館文庫 古典童話)
  • +
  • 続 あしながおじさん (偕成社文庫4061)
総額: ¥1,620
ポイントの合計: 49pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

長い間、多くの読者に愛されてきた作品の決定版。逆境にめげず、常に前向きに生きていく主人公ジュディーの快活なユーモア、純真な心は、永遠に読者の心のなかに生き続けるでしょう。

内容(「BOOK」データベースより)

長い間、多くの読者に愛されてきた名作の決定版。名も知らぬお金持ちの援助で大学に入った孤児の主人公ジュディーは、その人物をあしながおじさんと名づけて、日々の様子を手紙に書いて知らせていきます。常に前向きなジュディーの快活なユーモア、純真な心は、永遠に読者の心の中で生き続けるでしょう。小学校中級以上。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 256ページ
  • 出版社: 福音館書店 (2004/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 483401987X
  • ISBN-13: 978-4834019872
  • 発売日: 2004/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 12.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 51,116位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
あしながおじさんのストーリーが素晴しいのは言うまでもなく・・・・
どの本であしながおじさんを買おうかと迷っていたらぜひこの本がおすすめです。
忠実な訳と原作のままの挿絵です。この挿絵がユーモアたっぷりなのでおすすめします。
子どもに読ませようと、他の本を買ったところ挿絵が原作と違う事を知りとても残念で買いなおしました。挿絵も大切なので、ぜひチェックして下さい。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
子どもの頃は、ジュディの手紙を楽しく読み、あれ~あしながおじさんってこの人だったね!的な
びっくり&お伽噺的なエンディングとして理解し、気に入っていました。大好きなお話でした。
でも、大人になって読むと、ジュディの手紙をあしながおじさんの気分で読み
おじさんも~メロメロになっちゃうよ~的にキュンキュンさせてくれます。
あ~なんてかわいいジュディ!あなたの若さがまぶしくて、少女マンガ的に胸時めくお話です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
何気なく書いた作文が面白かったことから、大学へ進学させてもらえることになった孤児のジュディ。彼女が書く大学生活や出会った人達が実に生き生きと描かれていて、とても楽しい書簡集です。それまでの孤児院から、一気に華やかな女子大に来てしまったジュディ。初めて自分のお小遣いでショッピングをしたり、おしゃれをしたり、時にはお金持ちのルームメイトに憧れと嫉妬を感じたり。女の子らしいジュディの感情がズバズバと書かれていて、読んでいて爽快感を感じました。
また、謎の後継人、「あしながおじさん」の正体をつきとめたいあまりに、「あなたははげていますか?」と尋ねたりと、いたるところにユーモアが散りばめられていて、思わず笑ってしまうところがたくさんありました。また、自分が孤児だということをはじめ、友達にも話せない寂しさや苦しみも綴られていて、読んでいる「おじさん」はどんな気持ちで読んだんだろう、と想像してみるのも面白いです。この本を買ってもらった小学生の頃は、ジュディの書く大学生活の描写ばかりに心を奪われていましたが、読み手の「おじさん」の気持ちを考えながら読むと一層面白いことに気づきました。続編も面白いので(こちらはジュディの親友サリーが主役です)、いつかこの福音館の古典シリーズから出してくれないかな、なんて思っています。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
児童文学の古典ともいえる名作「あしながおじさん」。
日本でも数多くの翻訳が出ていますが、中には下品な日本語の糞訳本もあるので注意してください。その極みがフェア文庫の谷川俊太郎翻訳版。

その点、この坪井さんの翻訳は上品で爽やか、何度も繰り返し読みたくなる美しい日本語に仕上がっています。
谷川俊太郎の糞訳を読んだ直後だったので、外国文学は訳文で印象が全く変わってしまうことを実感させられました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kaizen #1殿堂 投稿日 2008/2/4
形式: 文庫
孤児が幸運をつかみながら、それだけではなく、努力によって得ていく人間性。
最後はハッピーエンド。
学園で起こすどたばた喜劇。

挿絵のかわいさも作品の一部だと思う。

ps.
原作のDady Long Legは、足長お父さんという意味ではないだろうか。
あしながおじさん(dady long leg)が好きなら、
続(dear enemy:拝啓 敵さん)も気に入ると思う。

作者は、マークトウェインの姪の娘とのことである。
作者が自分の子供を産んで、すぐに亡くなったのは、あまりにも悲しい物語。
作者の自伝があれば読みたい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー