あしたの私のつくり方 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,300
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: TOY・TOYオンライン
カートに入れる
¥ 2,548
通常配送無料 詳細
発売元: Maimin SHOP
カートに入れる
¥ 3,626
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あしたの私のつくり方 [DVD]

5つ星のうち 4.2 23件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 1,300 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,776 (74%)
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ワールド ムービー●商品詳細状態をご確認してからご購入願い致します(売り尽くし)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 1,300より 中古品の出品:9¥ 451より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)であしたの私のつくり方を今すぐ観る ¥ 432 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • あしたの私のつくり方 [DVD]
  • +
  • きみにしか聞こえない [DVD]
  • +
  • 神童 [DVD]
総額: ¥8,401
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 成海璃子, 前田敦子, 石原真理子, 石原良純, 高岡蒼甫
  • 監督: 市川準
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日活
  • 発売日 2007/11/09
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 23件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000UTDR3I
  • EAN: 4988103601644
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 59,678位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

2007年4月に公開された、成海璃子主演、前田敦子(AKB48)共演の友情ムービー。原作は、真戸香による同名の小説。現代の少女たちの“ライフライン”ともいうべき携帯電話を介してふたりの女子高生が自分らしさの再生をめざす物語で、ともに不器用な彼女たちの姿がたまらなくいとおしい。ついつい“いい子”を演じてしまう寿梨(成海)と、クラスで無視されている日南子(前田)。立場は違っても、“あるべき自分”に戻りたい気持ちは同じで、現実と虚構の距離感に悩む辛さは、大人にも大いに共感できるところ。ヒロインたちと同年代ならば等身大のストーリーとして、また、もう少し大人ならば、今一度“自分のあり方”を見つめ返してみたくなるさわやかな作品。市川準監督ならではの、やわらかさの中に凛とした冴えのあるタッチが際立っている。(みきーる)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『瑠璃の島』の成海璃子とAKB48の前田敦子共演で贈る青春ドラマ。両親を気遣ってよい娘を演じる女子高生・寿梨は、疎遠になっていたイジメられっ子・日南子に携帯メールで物語を送る。それは“みんなに愛される私”になれる物語だった。監督は市川準。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
私はこの映画を見た時
悩んでいる真っ只中でした。

中3で、ずっと、自分が嫌いで、人にも嫌われて、もうどうしようもなくて。

何かに元気づけてほしい。

そう思って
この映画を借りてきたんです。

主人公が、自分とすごく似ていて、弱くて。強がりで。

最後まで見た時
涙が止まらなかった。

エンディングが始まっても、ずっと余韻が消えず、泣きまくった。

自分のしてきたことが、恥ずかしくなって。

なんだ、こんな簡単なことに気づいてなかった、って驚いて。

私の人生も、ハッピーエンドで終わりたい。って、前向きにさせてくれた。

今、私は高2。
たぶん、もうこの映画に
救いは求めなくて大丈夫

私は、すごく
変われました

とにかく、毎日が嫌になってたり、元気になりたかったり、新しい自分をみつけたい方

手にとってほしい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 タイトルに書いた通り、きっと多くの人が共感する映画だと思います。

 「嘘の私と本当の私、どっちが私なんだろう」

このフレーズは誰もが考えたことの在るものだと思います。

職場などで演じることに疲れた人にオススメしたいです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
「どこの家庭でも似たようなものだろう」「あのころ私は明日がくるのが恐かった」「しょうもないウソついたことないか?」「でも、つまらなかった毎日が…」「嘘の物語を書くことで、文芸部の課題が片付いた。完璧!」

そんなテンポのいい言葉がすっと体に入ってくる映画です。まるっきり文章なのに、セリフになって出て来てもイヤな感じがしないのは、次の言葉までの間(ま)が絶妙だからだと思います。 言い掛けて言えない言葉を飲む感覚、が全編にあります。

詩的なのに、その間のために飽きない安心のテンポが続く…。それが音楽のようです。

原作者の本当の人生かも知れません。友だちから言われた一言を憶えていたり、夫婦仲が悪い両親の会話を、二階で耳をふさいで聞いている所などは体験そうに思えます。そこから共感が湧いてくる。

原作と脚本、監督が指示する間合いが、いい映画を紡いだようです。どんなに沢山の中でも、決して聞き間違うことのない成海璃子さんの声が、その紡ぎをしっかり束ねているのだと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
軽くないけど、暗くない。みずみずしい今を生きる。『花とアリス』よりリアルで、『ラブ&ポップ』より現代的な少女たちの物語。
お前は嘘がうまいから、行いだけでもよくなさい――太宰治『晩秋』からの引用が印象的。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
市川準監督の作品の中で、一、二を争う好きな作品です。
市川監督の同系統の映画に「BU・SU」(1987年の作品)がありますが、
(これもやはり女子の高校生である富田靖子が生き方を模索する話)
そのテーマを、携帯電話のある現代の女子高生にブラッシュアップした感じでしょうか。

一見、ただの青春アイドル映画にしか見えないかも知れませんが、監督の作風を軸にした観点から見ると、
非常に奥の深い映画だと思います。
女子同士のめんどくさい人間関係、社交辞令や嘘を交えた会話は、
同監督の「会社物語」での定年間近のサラリーマンたちの社交辞令と嘘だらけの会話に
そのまま当てはまります。
(特に、定年後の出向先について話すシーンなど)

つまり、
「あしたの」…社会に飛び込んでいくにあたって人間関係に悩む十代が「社会って面倒」と悩む話
「会社物語」…社会の中で数十年過ごした定年間近のおじさんが「やっぱり社会って面倒だった」と思う話
という風に考えられます。
そういう意味ではこの二作品は対になっている、とさえ思っています。
社会的な幻想や美徳の中で無視されたり否定されて埋もれてしまう個人の本当の思いやメンタリティをきちんと描く、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック