中古品の出品:1¥ 3,384より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あしたのパスタはアルデンテ [DVD]

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:1¥ 3,384より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: リッカルド・スカルマチョ, ニコール・グリマウド, アレッサンドロ・プレツィオージ
  • 監督: フェルザン・オズペテク
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: オンリー・ハーツ
  • 発売日 2012/03/02
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006QO65RQ
  • JAN: 4511749802269
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 91,184位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【トライベッカ映画祭審査員特別表彰】【イタリア・アカデミー賞助演女優賞・助演男優賞受賞】【イタリア・シルバーリボン賞最優秀コメディ賞他5部門受賞】【イタリア・ゴールデングローブ賞最優秀作品賞他4部門受賞】2011年劇場公開ミニシアター系屈指の大ヒット作!シネスイッチ銀座を皮切りに、全国50館50000人動員! マドンナ、トラボルタらが大絶賛。本国では140万人が笑って泣いた、2010年世界で一番愛されたイタリア映画。愛、セクシュアリティ、死、家族の絆を、ストレートにカラフルに繊細に描き出す名匠フェルザン・オズペテク監督作。 <あらすじ>ローマに住む作家志望の青年トンマーゾは、南イタリアで老舗パスタ会社を営むカントーネ家の次男。兄アントニオの新社長就任で、共同経営者と一族の晩餐会が開かれる。トンマーゾはディナーの席で、家族に黙っていた3つの秘密を告白しようと決心するが…。

内容(「Oricon」データベースより)

愛、セクシュアリティ、死、家族の絆をストレートにカラフルに繊細に描く、名匠フェルザン・オズペテク監督作。ローマに住む作家志望の青年トンマーゾは南イタリアで老舗パスタ会社を営むカントーネ家の次男。兄アントニオの新社長就任で共同経営者と一族の晩餐会が開かれる。トンマーゾはディナーの席で、家族に黙っていた3つの秘密を告白しようと決心するが―。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

LGBTを題材にしている作品です
ゲイである息子を猛烈に拒否する父と母を観ているとこんなに悲しいことはないと思いました。自分の大切な人がLGBTだとカミングアウトしても、かならず受け止めようと思わせてくれる作品。
医大生に対して「ゲイは病気だから、急に治ることもあるわよね?」と必死に聞く母が見苦しくて仕方なかった。ゲイを受け入れられないあなた達が一番滑稽で愚かだと誰もが思っているのに…。

テーマがテーマだけに重たそうな話ですが、映画の雰囲気はとても明るいです!
話が暗くなりそうになると笑う箇所を放り込んでくれる。ゲイを否定する父親と母親もどこか憎めないキャラだったりする。

イタリアの風景もすごくよかった。世界遺産のような場所で普通にケンカするシーンとか、贅沢だなぁと思いました。
そしてラストのおばあちゃんのセリフも素敵。観て良かったと思える映画でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
Amazonで購入
私にとっては初めて見たイタリア映画です。
作品全体の雰囲気は明るめだと思います。何度でも見たくなる映画でした。同性愛者の苦悩も描きながらも過度に重苦しい場面はなく、とても見やすかったです。
見たあとはどこか清々しく、優しい気持ちになりました。自由に生きることの難しさと同時に、素晴らしさを教えてくれる映画でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/1/11
この映画は、イタリア本国でも大ヒット、日本でも評判がよかったとのこと。
映画の舞台は、南イタリアのレッチェ。
パスタ製造会社社長の二男・トンマーゾ(リッカルド・スカルマチョ『昼下がりローマの恋』)が主役。トンマーゾには兄がいて、次期後継者と期待されていましたが、兄は「自分に正直に生きること」を選択して、家族にある衝撃的な告白をしたことがきっかけで、二男のトンマーゾが次期後継者候補に・・。
「言ったもん勝ち」という言葉を、思わず思い浮かべた作品。
自分自身に正直になって生き方を変えた兄に対し、周囲の気持ちをあまりにも慮るばかりに、自らの生き方を正直に貫くことが難しくなったトンマーゾの苦悩を、明るく描いたコメディー映画です。
人生の大きな節目の時に、自分に正直に生きられなかった、トンマーゾの祖母の台詞の数々は、非常に含蓄のあるものでした。また、トンマーゾの友人(恋人)と、トンマーゾの母の会話の中で、「広く一般の人から受け入れられないものは、病気ではなく個性」という意味合いの台詞があり、ここも心の琴線に触れた部分。
主役・トンマーゾの、個性的な4人の男友達が、トンマーゾの実家に訪ねてくるあたりから、面白い台詞やシーンが続き、笑いを誘います。
ラストシーンも、希望を持たせる終わり方で、後味がすごく爽やか。
南イ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。たまごボーロペットフード 犬

関連商品を探す