Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[こざき亜衣]のあさひなぐ(20) (ビッグコミックス)
Kindle App Ad

あさひなぐ(20) (ビッグコミックス) Kindle版

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] あさひなぐ(ビッグコミックス)の23の第20巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1,295

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

インターハイ東京都予選会、団体戦決勝。
二ツ坂高校VS.國陵高校。

先鋒、大倉文乃VS.三須英子。
次鋒、八十村将子VS.的林つぐみ。
中堅、野上えりVS.寒河江純。
副将、愛知薙VS.安藤真琴。

大将、東島旭VS.一堂寧々。


勝者だけが立つことの許される そのフィールドで、10人の少女たちが雌雄を決する時がきた。

絶対的エース・真春を欠く中、想いをつなげていく二ツ坂。
孤独なエース・寧々を擁する國陵に打ち勝つことができるのか――


全話号泣必至。
少女たちの“全力”が瞬く 第20集!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 58864 KB
  • 出版社: 小学館 (2016/8/30)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01L1CS7G4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ひろ 投稿日 2016/9/24
形式: コミック Amazonで購入
毎回、新刊が出るのを首を長くして待ってます。旭のムラっけに冷や冷やし、ここぞって所で決める技の格好良さ!にゾクッと来てます。人間模様や、さり気ない小ネタも魅力で、願わくば、もっともっと続いて欲しいマンガです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
結局熱すぎて泣くのな。最後は意外だったな、次どうなるんだよ

映画や舞台で実写化するみたいですね。映画は撮り直しきくけど舞台は大丈夫なのか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
怪我で真春=絶対的エースを欠くなか、前巻に引き続き二ツ坂VS國陵の団体決勝戦。絶対的エースを欠く戦いという状況設定から、「仲間の分まで頑張る」とか「逆境で奇跡を起こす」とかいった王道展開になるのかと思っていましたが、予想は見事に裏切られました。

主人公と寧々との決勝戦は、個と個、弧と弧のぶつかり合いの中に対話があるということを教えてくれます。主人公も、國陵チームも、寧々の選んだ険しい絶対的な孤立の道に反発しながらもその理を受け入れるに至ったのは、自分の求める先にあるものを、寧々が徹底して追求していることを理解したからではないかと思います。その意味で、本巻の主人公は、たとえ歪んだかたちであったとしても他者との共感を果たした寧々だといっても過言ではありません。

寧々の道は正しいのか。次集が最終巻とは思いませんが、そこで示される答えが気になります。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 1009 投稿日 2016/9/16
形式: コミック
孤高と孤独は違う。
一堂寧々が、これまで抱えてきたものは、一体なんだったのか?

自らを追い込むようにして生きてきた少女の心の中に、
好敵手という他者が侵入し、やがて正常な葛藤が生まれる。
自らを追い込む事と、他者を排斥する事は、似ているようで違う。
旭と向き合う事で解き放たれる孤独の意味。
マンガという表現は、ここまで清々しく心の風景を描けるんですね。

寧々も旭も、その他の少女たちも、みんな普通の高校生。
挑戦する事の価値を。
自分と向き合う事の意味を。
他者と相容れぬ意思の力を。
孤独の中から掴み取る。
それが、成長の素晴らしさなんじゃないかと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover